就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どもと花を育てるメリットを知る。栽培キットやおすすめの花を紹介

子どもと花を育てるメリットを知る。栽培キットやおすすめの花を紹介

植物や作物と触れ合うことで、子どもの五感を刺激し、生命の大切さを学ばせることができます。しかし建築物が増え、都市化が進む現代では、植物や作物に触れ成長を見る機会が減ってしまっています。広いスペースがなくても、狭いスペースで育てられる花を紹介します。ぜひ、お子さんと一緒にチャレンジしてください!

子どもが花を育てるメリットを知ろう!

子どもの優しい心や強い心を育てる

情操教育という言葉を聞いたことはありませんか?動物や植物、文化などに触れさせて、心を豊かにして育てていく教育のことです。この教育を身近で行えるのが、花を育てることです。

植物も生きているということを、分からせるのは難しいですよね。しかし花を育てることで、水をあげなくては枯れてしまう、ちぎると戻らないということを経験していきます。「お水をあげたから元気だね」「花が痛がっているから、優しくしてあげようね」とママが話してあげることで、子どもの心の中に花に対しての愛おしさや優しさが生まれます。

また、大事にしていた花が枯れたとき、子どもはショックを受けますよね。このとき、枯れてしまった=死んでしまったものは戻ってこないと、命の大切さを教えてあげましょう。

子どもの探究心を育てる

花には水のあげ方や日当たりなど、その花に合った育て方があります。子どもが小さいうちは、一緒にお水をあげるだけですが、一緒に花を観察して花の変化に気づかせてあげましょうね。子どもが成長して自分でお世話ができるようになると、どうしたら花が元気になるのか綺麗に咲くのかを考えるようになります。

お水をあげているのに元気がないなと思えば、もっとたくさんお水をあげるのか肥料をあげるのかを考えます。さらに、お水も肥料もあげているのに元気がないと、日当たりのよい所に動かしてみようと対応策を考えるかもしれません。

花をお世話する中で色々なことを考え、実践していきます。失敗や成功を繰り返すことで、失敗してもへこたれない力や物ごとへの探究心を身につけていくでしょう。

親子のコミュニケーションが増える

子どもが1人遊びをしたり友達と遊ぶようになったりすると、ママとの時間が減りますよね。最近では、小さい頃からスマホで動画を見たりゲームをしたりする子が増えてきているようです。同じ場所に居ながらも、親子のコミュニケーションが減っているように思います。

しかし、一緒に花を育てることで、自然と子どもとの時間ができます。日々、花の成長を観察することで、子どもと共通の話題ができます。まだ子どもが小さく会話が成り立たない時期でも、花のお世話を一緒にすることで子どもとの時間ができますよね。

一緒にお世話をしている、という環境がコミュニケーションを取るには適しているでしょう。花のお世話を子どもに任せてしまったり、親がやってしまったりせずに親子で楽しんでくださいね。

まずは手軽に始められる花栽培キットを紹介!

ヒアシンス水栽培用ポット

水栽培用ポットは、土が不要でお水だけで育てられるので手や家が汚れる心配がありません。

水栽培用ポットと球根がセットで売られていますが球根だけを買う場合は、1本の茎が伸びて花が咲くダッチ系と言われる球根が適しています。茎が複数に伸びるローマン系という球根は、球根の上の部分が広がりやすく、バランスが悪くなりやすいです。ローマン系を水栽培で育てることもできますが、安定していて倒れにくい容器を選んでくださいね。

植える時期は、秋から冬です。ヒアシンスは、寒さにあたらないと発芽しないので、しっかりと寒さにあててください。ベランダなどに置いておくとよいですね。お水は、汚れてきたらこまめに変えましょう。春頃には、可愛い花が咲きますよ。

チューリップ水栽培用キット

チューリップは、童謡に出てくる花なので、子どもにもとても馴染みがあるでしょう。名前は聞いたことがあるけれど、花を見たことがないという子もいますよね。童謡を歌いながら、どんな花が咲くのかな、何色かなとお世話をするのも楽しみの1つです。

植物を育てていると小さな虫がつくことがあります。チューリップは、虫の心配が少ないお花なので、虫が嫌いな人にもおすすめです。花が枯れてきたら、種をつける前に花を取ってしまえば、球根に栄養が残ります。うまくいけば、来年も綺麗な花を咲かせてくれるでしょう。

植える時期は、秋から冬です。春頃には、花が咲きます。春に咲くお花は、根が生えるまでは冷暗所で保管するのがよいです。冷蔵庫で保管するというやり方もありますよ。

ペチュニア栽培キット

ペチュニアは丈夫で長持ちするうえに、株いっぱいに花を咲かせます。花の色や大きさが多様なので、何種類かのペチュニアを一緒に植えると、花が咲いたときにより綺麗です。

春先に苗が店先に出てくるので、プランターなどに植えて育てます。日当たりを好み暑さには強いですが、寒さや雨には弱いです。水をあげすぎると根腐れするので、土が乾いたら水をあげるのがよいでしょう。

春先に植え、秋頃まで長く花を楽しめます。花は絶えず咲き続けるので、1週間に1度ほど液体肥料を与えると元気よく咲き続けます。寒さには弱いので、冬は花が枯れてしまうことが多いですが、茎の根元のあたりから切り落とし、土が凍らないところで管理することで、翌年も綺麗に花を咲かせてくれます。

季節別、育てやすおすすめの花を紹介

春に育てやすい花は?

季節ごとの育てやすい花をご紹介しますので、参考にしてみてくださいね。

アリッサム...2~6月に咲く花です。小さな可愛い花を、溢れんばかりに咲かせます。上に伸びずに横に茎が広がって花を咲かせるので、ボリューム感があります。

ゼラニウム...真夏や真冬以外には、花を咲かせます。乾燥には強いですが、湿気には弱いので雨の当たらないところで育てましょう。虫除けの効果があるので、玄関先やベランダで育てるのに向いています。

マーガレット...恋占いでよく使用される花として有名です。湿気に弱く、春先から梅雨頃が花の見頃です。暖かい地域では、冬から咲くことがあります。水はけのよい土で育て、土が乾燥してから水やりを行うのがよいです。

夏に育てやすい花は?

インパチェンス...暑さに強く、夏から秋頃まで花を楽しめます。真夏の直射日光は、葉が焼けてしまう場合があるので、半日陰で育てるのがよいでしょう。インパチェンスよりも直射日光に強い、インパチェンス属のサンパチェンスという花もあります。

サルビア...日当たりと水はけがよい環境を好みますが、乾燥に弱いので土が乾燥しきる前に水やりをします。

ニチニチソウ...開花は、5~10月と半年近くも咲き続けます。夏の暑い日差しにも強く、あまり手入れをしなくてよいことから夏の定番花です。熱帯に咲いている花なので、湿気を嫌います。花が咲き終わると自然に花が落ちますが、雨などの湿気でカビが発生することもあるので、落ちた花は取り除くとよいですよ。

秋、冬に育てやすい花は?

コスモス...丈夫でどんな土でも育ち、水をあまり必要としません。雨があたる日向に置き、極度に乾燥したときに水やりを行うのがよいです。開花は、7~8月の夏咲きと9月の早咲き、10~11月の秋咲きの3つの時期があります。主に秋に咲くこと、また桜に似ていることから秋桜と書き、日本の秋の風物詩となっていますね。

パンジーとビオラ...同じスミレ科の花です。大きさで区別することが多く、5センチ以上の大きいのがパンジー、4センチ以下の小さいのがビオラとされています。冬の咲く花が少ない時期に、長く咲いてくれて、日当たりと水分があれば枯れません。管理がしやすく、害虫にも強いです。しかし暑さに弱く、5月頃には枯れてしまいます。

まとめ

四季折々の花を育て、花に触れる機会を子どもと作っていけたらよいですね。育てやすい花から始めて、花を育てる楽しさや花への愛情を子どもと分かち合ってください。

枯れてしまうこともあるかもしれませんが、それも経験です。子どもに花が枯れるというのは、どういうことなのか説明してあげましょう。草花が生きているということを学び、花への優しさや枯れてしまったという悔しさを乗り越え、強い心を育てて行きましょう。

花を育てる時間を、親子の大事なコミュニケーションの時間として、楽しんで過ごしてくださいね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • 【名古屋】月あかりの映画祭2018
  • 【宮城】月あかりの映画祭2018