就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

無添加のケーキを子どもに食べさせたい!選び方や注意するポイント

無添加のケーキを子どもに食べさせたい!選び方や注意するポイント

子どもが大好きなケーキ。糖分やカロリーは気にしても、添加物を気にしているママは少ないかもしれません。しかし、市販のケーキには添加物が多く含まれていることがあるのです。今回は、安心して食べられるケーキの選び方や、注意するポイントなどを紹介します。お誕生日やクリスマスを無添加のケーキでお祝いしませんか?

添加物入りの市販のケーキにご注意!

ケーキ作りで使用されている添加物

市販のケーキには、日持ち、コスト、おいしさの演出など様々な理由から添加物が使用されているものが多くあります。

ケーキによく使われる添加物としては、
・リン酸塩
・ガゼインナトリウム
・膨張剤
・カロテン色素
・加工デンプン
・乳化剤
・保存料
などがあります。

特にリン酸塩、膨張剤、加工でんぷんには注意が必要です。リン酸塩は、カルシウムや鉄分の吸収を妨げる働きがあります。膨張剤には、アルミニウムの一種「ミョウバン」を使用していることが多く、過剰摂取は神経や腎臓への影響があるといわれています。

また、加工でんぷんの中には「製造過程で使用される化学物質に、遺伝毒性や発がん物質の可能性が否定できない」ものもあり、避けたい添加物といえます。

牛乳を使用していないクリーム

市販のケーキのクリームには、牛乳を使用していない「生クリーム風」のクリームが多く使用されていることを、ご存知でしょうか?

通常「生クリーム」は、牛乳を原料とした動物性で、乳脂肪分18.0%以上のものをいいます。しかし「生クリーム風」は、パーム油などの植物性油脂を主原料に、乳化剤や安定剤を加えたもので、人工的に合成したクリームなのです。このクリームは安価なうえ、型崩れを防ぎ、日持ちがするため、大量生産向きといえます。

しかし、植物性油脂は「トランス脂肪酸」を多く含むものです。トランス脂肪酸は、動脈硬化や悪性リンパ腫の原因、乳ガンや心疾患と関連があるといわれてる物質です。さらにそこに安定剤や乳化剤も加わっているので、体への影響が気になりますね。

市販のケーキを選ぶときの注意点

添加物が入っているかどうか、見た目だけで判断するのは難しいものですよね。そこで、市販のケーキを選ぶときの注意点をお伝えします。

まず、「冷凍」していたケーキは避けたほうがよいかもしれません。大手スーパーやパンメーカーで作られているケーキには、冷凍したものを解凍後、陳列しているものがあります。冷凍しても味が落ちないよう、植物性油脂のクリームと乳化剤が使用されているのです。クリスマスシーズンには、1カ月以上前に作り置きしたものが多く並ぶことも。

ケーキを買うなら、お店の奥で実際に作っているケーキ屋さんで買うのがおすすめです。添加物をあまり使用していないケーキは、日持ちがしません。「日持ちが短いケーキ」も選ぶポイントになりますよ。

市販されている無添加ケーキを探そう!

添加物を子どもの口に入れないように

ケーキはあまり頻繁に口にするものではないので、添加物を気にするママは少ないかもしれません。しかし、洋菓子は和菓子に比べると添加物が多い傾向にあります。子どもが嬉しそうに頬張るケーキが、添加物だらけだったら心配ですよね。

添加物を子どもの口に入れないように、ケーキも「無添加」のものを選んでみましょう。見た目だけでなく、原材料欄を確認してみてください。できるだけ原材料がシンプルな物を選ぶとよいですよ。近くの販売店で無添加のケーキを見つけられない場合は、お取り寄せや手作りなども考えてみましょう。

添加物の過剰摂取は、体への悪影響が懸念されます。育ち盛りの子どもには、なおさら体によいものを食べさせたいですよね。

近所のお店や遠方からお取り寄せも

無添加ケーキを購入する方法としては、まず近所のケーキ屋さんをあたってみましょう。最近は、着色料、香料、保存料不使用など無添加を意識したケーキ屋さんが増えてきています。お店のHPがあれば、原材料の確認をしてみてください。また添加物に関して、お店に直接聞いてみるのもよいでしょう。

もし近所にない場合でも、大手ショッピングサイトを利用すれば、無手添加ケーキを遠方からお取り寄せすることが可能です。サイト内では、様々な地域でつくられている無添加ケーキを探すことができますよ。

たとえば、北海道から要冷蔵で届けてくれるデコレーションケーキのお店があります。無添加、無農薬の安心自然素材で作られているうえ、種類も豊富で、自宅にいながら選べるので便利ですよ。

無添加ケーキが購入できる宅配サービス

生協などの食材宅配サービスは、子育て中のママにとって、とても便利なサービスです。そんな宅配サービスでも、無添加ケーキを購入することができます。

たとえば「生活クラブ」では、リン酸塩、植物性油脂、乳化剤、膨張剤不使用のロールケーキがあります。生活クラブは「着色料や保存料などの不要な食品添加物は使用しない」として、食品添加物に対して屈指の厳しい基準を設けている生協です。

また、無農薬野菜で有名な「大地を守る会」でも、こだわりの原材料で作られたケーキを種類豊富に取り扱っています。「らでぃっしゅぼーや」のケーキは、合成着色料、保存料、香料不使用。安全と美味しさを追求したケーキです。いずれも原材料が細かく確認できるので、安心できますよ。

無添加ケーキ作りに挑戦してみよう!

手作りなら無駄なものを入れなくてよい

無添加にこだわるなら、手作りケーキに挑戦してみるのはいかがでしょうか?手作りなら、不要な添加物を使用しなくてよいので安心です。

ケーキを膨らませるのに必要な膨張剤(ベーキングパウダー)は、「アルミニウムフリー」で、成分のコーンスターチが「遺伝子組み換えでない」ものを選んでみましょう。また、小麦や砂糖など食材一つ一つにこだわってみるのもよいですね。

手作りすることは、無添加ケーキが作れる以外にも様々なメリットがあります。たとえば、自分で作ればレシピを気分にあわせて変更できるので、ケーキのバリエーションが増えますし、子どもと一緒に作れば、親子のコミュニケーションにも繋がります。

ケーキ作りに慣れてくれば、ママの素敵な趣味になるかもしれませんね。
26 件

関連記事

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事