就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

喪中に誕生日を祝ってもよい?祝うときの方法やママが気をつけること

喪中に誕生日を祝ってもよい?祝うときの方法やママが気をつけること

年始の挨拶に代表されるように、喪中は祝いごとを慎む風潮がありますよね。もうすぐ子どもの誕生日を迎えるママやこれから出産するママは、祝ってよいのか、どのように報告するべきか悩む方も多いでしょう。そこで今回は、喪中に誕生日を祝うときの方法や気をつけたいことについてご紹介します。

喪中にしてもよいことと控えること

喪中とされる期間はどのくらい?

喪中とは、家族や親族などの血縁者が亡くなった際に、故人の死を偲んで喪に服す期間のことをいいます。これは昔から受け継がれてきた風習であり、一般的には追悼の気持ちを込めて喪中は慶事や祝いごとを慎むものとされてきました。

喪中が設けられるのは、基本的に親族の中で2親等までの人が亡くなった場合となりますが、血縁者でなくても親しい間柄の方が亡くなった場合には喪中とすることがあります。

喪中とされる期間は、配偶者や父母であれば12~13カ月、子どもであれば3~12カ月、祖父母や兄弟姉妹であれば3~6カ月が一般的といえるでしょう。ただし、これはあくまで目安であり、実際には故人との間柄や地域の風習によって決められることが多いようです。

喪中にしてもよいこと

喪中は慶事や祝いごとをしないのが一般的ですが、付き合いやリフレッシュを目的として行われる飲み会や、コンサート、スポーツ観戦などは祝いごとではないので参加しても問題ないでしょう。人によってはよい気分転換となり、悲しみから立ち直るきっかけになることもあります。

また、邪気を追い払う節分の豆まきなど、慶事ではない季節の行事は行ってもよいでしょう。ただし、「忌中」といわれる四十九日までの間にある行事は見送るほうが無難かもしれませんね。

ほかにも、お歳暮やお中元、母の日や父の日のプレゼントを渡してよいものか迷う方も多いでしょう。これらは、日頃お世話になっている感謝を伝える目的もあるので、相手の様子を窺いながら判断できるとよいですね。

喪中に控えたほうがよいこと

昔から喪に服している期間には祝いごとや遊興を控えるべきとされてきましたが、最近はその意識も少しずつ薄れ、地域や家庭、個人によって判断に差が出ることもあります。人によっては、友人間で行われる小さな祝いごとであれば参加する場合もあるでしょう。

喪中に控えることとして広く認識されているものに新年の祝いがありますね。このときは事前に喪中を知らせるはがきを出し、年賀状のやり取りを控えます。また、結婚式への参列や挙行など、人生に関わる大きな祝いごとに関しては控えたほうがよいとされています。

神社への参拝も避けたほうがよいでしょう。これは、神道では死を忌まわしいものとしているため、神社に喪に服している人が入るべきでないとする事情が関係しているようです。

喪中に子どもの誕生日を祝う方法

誕生日は一年無事に過ごせた感謝の日

喪中に祝いごとをしてよいのか迷ったときは、その行事の意味や目的を考えてみましょう。子どもの誕生日は、パパやママが一年間の我が子の成長を振り返り、無事に過ごせたことに感謝する日ですよね。

「誕生日おめでとう」という言葉には、「あなたがこうして生まれてきたおかげで、たくさんの笑顔や幸せをもらえているよ」「元気に育ってくれてありがとう」という意味が込められているのではないでしょうか。

子どもにとっても、ママやパパから誕生日を祝ってもらうことで自分の存在を肯定的に捉えることができ、幸せを感じられるでしょう。子どもの心の成長に繋げるためにも、喪中であることに関わらず誕生日を祝う機会を大切にしていきたいですね。

ささやかに家族とお家で祝う

喪に服しつつも誕生日を祝うならば、家族間でささやかにお祝いするのがよいでしょう。その分、部屋を可愛く飾りつけしたり、子どもが好きなメニューを用意したりするなど、小規模でも楽しめる工夫をしたいですね。

たくさんの人から祝ってもらう誕生日も楽しいですが、子どもにとってはママとパパから「おめでとう」と言ってもらえることが何より嬉しいでしょう。ママやパパが家族だけで過ごす誕生日を申し訳なく思ったり、不安を感じたりする必要はありません。

喪中に控えたほうがよいのは、友だちをたくさん呼んで大規模なパーティーを開いたり、度を越して大騒ぎしたりすることです。子どもの誕生日を祝うこと自体は、きっと故人も喜ばしく思っているでしょう。

ちょっとした工夫で喜びが変わる手料理

自宅でささやかに祝うためにも、手料理にちょっとした工夫をして、外食に匹敵するくらい素敵な誕生日メニューを用意しましょう。おすすめは、子どもの好きなキャラクターを使ったプレートや、お子さまランチをイメージした可愛いプレートです。見た目も華やかで、楽しい食事の時間を過ごせるでしょう。

ハンバーグや唐揚げなど、子どもの好きなメニューを勢揃いさせた食卓も、特別感があって子どもに喜ばれます。

メインとなる誕生日ケーキは、子どもも安心して食べられるヘルシーなゼリーケーキがおすすめです。ゼリーで作るフルーツたっぷりのケーキは、水分の少ないスポンジケーキが飲み込みにくい小さな子どもでも食べやすいでしょう。キラキラとした見た目も誕生日にぴったりですね。
28 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知版