就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

何歳頃から歩きだす?子どもの歩き始めの「早い」と「遅い」について

何歳頃から歩きだす?子どもの歩き始めの「早い」と「遅い」について

初めの一歩が待ち遠しい!ママができること

心と体の準備が整うのを待ちましょう

まず心の準備として、子ども自身が「歩きたい」と思う必要があります。「1歩を踏み出すのが怖い」という慎重派や、「ハイハイの方が自由に動けるからいい」と歩くことに興味がない子の場合、「歩きたい」という気持ちがなかなか芽生えないようです。

次に体の準備として、ハイハイをすることで筋力をつけていきます。また立ったあとにバランスを崩して転んでしまうこともありますが、バランス感覚を鍛えるために大切なことです。また体重が重めな子も、自分の体重を支える力をつけなければいけません。抱っこばかりだと運動量が少なくなり、筋力がつきにくくなりますよ。

どちらかだけが準備できても、心と体の準備が両方整う必要があります。焦らずに待ってあげてくださいね。

練習するときは遊びを取り入れて楽しく

無理やり歩く練習をする必要がありませんが、普段の遊びのなかに歩く練習にもなるものを取り入れてみましょう。遊びを通して歩きだすきっかけになるかもしれませんよ。

パパが出勤するときにママが子どもの脇に手を入れて歩かせながら、玄関までお見送りするとお見送りの習慣もつきますし、パパも見送ってもらえて嬉しいですね。ローテーブルなどを使ってつたい歩きをさせたりするのもよいでしょう。

手押し車を使うことで遊びながら練習することもできます。たっちの状態でママが「こっちだよ」とお気に入りのおもちゃを持って声をかけ、最初の1歩を踏み出すきっかけ作りもよいですよ。

ローテーブルやおもちゃを使うときは、転んだときにけがをしないように見守ってあげてくださいね。

歩き始めたら注意したいこと

歩き始めると行動範囲が今まで以上に広がります。引き戸も開けるようになりますし、少しの段差を登ろうとします。特にベランダには出られないように注意が必要です。

手を伸ばして今まで触れなかった高さのものも触れるようになります。刃物や飲み込んでしまいそうな小さなものは置く場所を改めて考えましょう。

移動スピードも速くなるので、気づいたら子どもの姿が見えないこともあるかもしれません。家事中で目が離せないときはロック付のゲートなどを利用するとよいかもしれませんね。

歩きだすと楽しいことも増えますが、危ないことも増えます。特に家の外に出かけたときは目を離さないことが大切です。危険を避ける対策をしっかりしてお散歩なども楽しんでくださいね。

まとめ

子どもの成長スピードには個人差があります。早く歩き始めた、なかなか歩かないのが「よい」「悪い」ということは絶対にありません。周りの子どもよりゆっくりめであっても、「この子はのんびりやさんなのかな」と焦らずゆったりした気持ちをもってくださいね。

歩くには体の準備はもちろん、心の準備も必要です。無理やり歩かせることはしないようにしましょうね。ママがどれだけ焦っても歩き出すタイミングを決めるのは子ども自身ですよ。
28 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事



  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND