就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんの洗濯は手洗いするもの?赤ちゃん服の洗濯方法を知ろう

赤ちゃんの洗濯は手洗いするもの?赤ちゃん服の洗濯方法を知ろう

刺激に弱い、デリケートな赤ちゃんの肌。肌に直接触れる衣類の洗濯にも、気を使いますね。今回は赤ちゃんの衣類の洗濯の方法についてご紹介します。赤ちゃんの衣類に使える洗剤についてや、汚れ別の洗い方など、赤ちゃんの洗濯方法のポイントをぜひ知ってくださいね。

敏感な赤ちゃんの肌への注意すべき点とは

赤ちゃんの肌はとてもデリケート

肌は外部の刺激から体の中を守るために存在します。また体温調節や保水の役割もあり、様々なバリア機能で私たちを守ってくれています。

赤ちゃんの肌は大人に比べて薄いため、このバリア機能がまだ強くありません。外部からの刺激に弱く、乾燥しやすい肌質でもあるので、保湿などして保護をする必要があります。

また赤ちゃんはよだれや排泄物などで肌をよく汚してしまいます。汚れによる刺激や、汚れをふき取るときの摩擦も、赤ちゃんの肌のダメージになるのです。

乾燥肌でバリア機能が弱い上、汚れが付くことが多く、汚れをふき取るために刺激をうけてしまうことも多い赤ちゃんの肌。ダメージを受け続けるデリケートな肌だからこそ、衣類の洗濯に気を付けてあげたいですね。

赤ちゃんに使える洗剤を知ろう

赤ちゃんの肌に直接触れる衣類。なめたり吸ったりすることも少なくありません。だからこそ、洗剤は赤ちゃんにとって安全なものを選びたいですね。

多くのママに支持されているのが、石けんベースの洗剤です。合成洗剤だとゴワゴワな仕上がりになりやすいのですが、石けんベースなら優しい肌触りに仕上がります。

石けんは溶けにくいのがデメリットですが、赤ちゃん用の石けん洗剤の多くは液体タイプなので溶け残りの心配もありません。安全性の高い無添加の洗剤を選んでください。

そのほかにも善玉菌酵素洗濯洗剤や、竹炭の洗浄力に注目した洗剤、金属マグネシウムで洗う洗濯用品など、赤ちゃんの肌に優しい洗剤が色々と販売されていますよ。

まちがった洗剤選びで肌にトラブルも

刺激成分が配合された洗剤は、赤ちゃんのデリケートな肌にトラブルを起こすことが考えられます。なるべく避けてあげましょう。

界面活性剤は洗浄力を上げるために添加されている成分です。しかし、毒性が強くて残留性が高いため、赤ちゃんの肌にトラブルを起こすことがあります。成分表示に「ラウレス硫酸ナトリウム」や「界面活性剤」と表記されているので確認してください。

衣服を白く見せるために用いられる蛍光漂白剤は基本的に無害といわれますが、とくに肌の弱い赤ちゃんはアレルギーを引き起こすこともあります。

香り成分も赤ちゃんにとって刺激になります。人工的な香料ではなく、精油など天然由来の成分で優しい香りを楽しんでください。

赤ちゃん衣類は大人と一緒に洗える?

基本的に大人と一緒に洗濯機洗いでも大丈夫

赤ちゃんの衣類を大人の汚れた衣類と一緒に洗ってもよいものか、気になりますね。赤ちゃんの肌を刺激してしまうような成分が含まれていない洗剤を正しく使っていれば、大人の衣類と一緒に洗っても問題はありません。

むしろ洗剤選びのほうが大切です。赤ちゃんの肌にあった洗剤で、家族の衣類も一緒に洗濯しましょう。

もし一緒に洗っていて赤ちゃんの肌にトラブルが起きた場合は、洗剤の使用方法を見直してみましょう。洗剤は表示通りに規定量を守って、洗濯する衣類も入れすぎないようにしましょう。

とくに石けん洗剤は衣類に残りやすいので、すすぎをしっかり行ってください。洗剤が衣類に残って赤ちゃんの肌に刺激になることもあるようです。

洗濯機でもよいが場合によっては手洗いを

赤ちゃんと大人の皮脂汚れの付いた衣類であれば、洗濯機で一緒に洗っても問題ありませんが、汚れの種類や衣類の材質によっては手洗いがおすすめです。

赤ちゃんの排泄物が付いた衣類は、衛生面から考えても家族の衣類とは別に洗います。嘔吐物やうんちなどはウイルス感染のおそれもあるので、手袋を着用し手洗い、洗い終わったらママの手もしっかり洗ってください。

レースがたくさん付いている、また手洗いが推奨されている衣類も、洗濯機は避けます。例えば宮参りなどハレの日に着用する衣類はデリケートな素材が多いですね。タグを確認してください。

大人の衣類と洗濯したことで赤ちゃんに肌トラブルが起こったときも、赤ちゃんの衣類は別に洗うようにしましょう

肌トラブルが出た場合は大人と別々に洗おう

大人の衣類と一緒に洗うことで赤ちゃんの肌にトラブルが起きる場合があります。原因の一つが、ホルムアルデヒドです。

ホルムアルデヒドは衣類の加工に使用される成分です。大人の衣類のほとんどに付着していますが、これが原因で赤ちゃんの肌に炎症や湿疹を起こしてしまうことがあります。

赤ちゃんの衣類には、ホルムアルデヒドの使用基準が厳しく設けられています。赤ちゃんの衣類が個包装で販売されているのは、ホルムアルデヒドの付着から守るためです。

ホルムアルデヒドは水溶性なので、大人の衣類と一緒に洗うと洗濯機の中の水を介して赤ちゃんの衣類に付着するおそれがあります。赤ちゃんの肌に抵抗力が付くまでは分けて洗うと安心です。

衣類のシミ別手洗い方法を知ろう

「ミルクや母乳のシミ」がついた場合

赤ちゃんは消化機能が未熟なため、ミルクや母乳をよく吐いてしまいます。ミルクや母乳はタンパク質が主成分。タンパク質汚れは時間がたつと落ちにくくなるので早めに対処しましょう。

タンパク質汚れにおすすめなのが、台所用洗剤です。ぬるま湯に溶かした台所用洗剤を布になじませて洗います。すすぎもぬるま湯を使い、しっかり洗剤を落としてください。

ぬるま湯で洗うのは、高温ではタンパク質が固まって汚れが残ってしまうからです。また冷たい水ではたんぱく質を分解する酵素が十分に働きません。

外出先で汚してしまったら、応急処置で濡らしたティッシュを使ってふき取り、なるべく早く洗うようにしましょう。放置すると黄ばみになって落ちにくくなります。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • teniteoFC
  • 2040pj