就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

実家に子どもを預けるときにお礼は必要?品物や現金の渡し方とは

実家に子どもを預けるときにお礼は必要?品物や現金の渡し方とは

色々な場面で実家に子どもを預けることができるとママは大助かりですよね。ただでさえ大変な育児の支えとなってくれるおじいちゃんやおばあちゃんに、感謝の気持ちを伝えたり、お礼の品物を渡したりしたくても、どんなお礼がよいのか難しいところです。そこで、渡しやすい品物や現金の渡し方をご紹介します。

実家にお世話になった場合にはお礼は必要?

親しき仲にも礼儀ありの気持ちが大切

実家はいくつになっても、気楽だし落ち着けるというママは少なくありません。そのため、ついつい甘えてしまい、ママ自身の都合で子どもを預けることもあるものです。

おじいちゃんやおばあちゃんも、自分の娘と孫が来てくれるのはうれしいもの。「子どもを預けたい」「子どもの面倒をみてほしい」と相談されれば快く受け入れてくれるでしょう。

でも、「親しき仲にも礼儀あり」の気持ちが大切です。実家に甘えすぎると、おじいちゃんやおばあちゃんが子どもの面倒に疲れてしまったり、関係が悪化したりすることもあるかもしれません。

お互いが気持ちよい関係を維持するために、実家にお世話になった場合にはお礼の気持ちを示すことが大切となります。

長期間や回数によっても変わってくる

実家にお世話になったときのお礼をするといっても、どのタイミングで、どのようなときに品物や現金を渡すとよいのでしょうか。まったく何もしないと甘えすぎですし、毎回ではお互い気を使いすぎてしまいます。

品物や現金を渡すときは、子どもを預ける期間や回数によって判断しましょう。実家に長期間滞在したり、複数回子どもを預けたりするようなときには、お礼をしたほうがよいといえます。

夏休みなどに長期間滞在する場合には、食費や雑費など普段よりも多い支出を負担してもらうことになります。また、子どものお世話で肉体的にも負担をかけてしまうかもしれません。

長期間や回数が多く「迷惑をかけたかな」「ありがとうと伝えたいな」というときに、きちんとお礼をするようにしましょう。

出産や入院などあらかじめわかっている場合

里帰り出産や、分娩で入院するときにきょうだいの面倒をみてもらうなど、あらかじめ長期間実家に滞在することが分かっている場合は、お礼を渡しやすい機会といえます。

里帰り出産は、ママもとても安心できますし、お腹が大きくなって動けない時期の助けになります。実家ではたくさんのサポートをしてもらうだけでなく、長期間の滞在による支出を負担してもらうことになります。

里帰り出産や入院などあらかじめ長期間の滞在や、子どもの面倒をみてもらうことが分かっている場合には、正式にお礼を品物や現金で渡すよい機会といえるでしょう。

感謝の言葉だけでなく目に見える形でお礼をすることで、長期滞在したことをお互いが気持ちよく受け入れることができるはずですよ。

実家へのお礼の方法はどうする?

お礼が現金の場合の相場と渡し方

お礼を現金で渡す場合の相場や渡し方はどのようにしたらよいのでしょうか。お礼を現金で渡す場合には、普段の生活であればかからなかったであろう支出の分を補てんできる金額が妥当といえます。

食費や雑費などで1日1,000円程度支出があると考えられれば、1,000円×日数程度を目安とすると計算しやすいでしょう。

また、現金で渡す場合には金額が多すぎると受け取りにくいですし、少なすぎてもよくありません。「お金はいらないよ」といわれることも想定されます。

現金で渡すなら20,000円~50,000円程度が、おじいちゃんやおばあちゃんも受け取りやすい金額ではないでしょうか。お世話になった最終日に感謝の言葉とともに直接渡すとよいでしょう。

ちょっとよい手土産を持参する

普段なかなか買わないようなちょっとよい手土産を持参するのも、実家へのお礼として喜ばれます。現金のようにかしこまっていないので、おじいちゃんやおばあちゃんも気軽に受け取ってくれるでしょう。

旬のフルーツなどは実家でみんなが楽しく食べることができますので、手土産にしやすいですよね。また、ケーキなどの洋菓子や和菓子などの詰め合わせも、感謝の気持ちと一緒に渡しやすい手土産といえます。

長く子どもを預かってもらうお礼としては、いつでもどこでも購入できるような手土産よりも、ちょっとよい手土産のほうが感謝の気持ちが伝わるかもしれません。

また、おじいちゃんやおばあちゃんの好きな物や欲しがっていた物などを、手土産として選ぶのも喜ばれますよ。

食材や生活用品を持っていく

食材や生活用品などの消耗品を持っていくのもよいでしょう。必ず使う消耗品であれば、どれだけあっても貰うとうれしいものです。

特に、お米や油などはいくらあってもありがたいものですので喜ばれます。たくさんあっても喜ばれる食材を選ぶときは、なるべく日持ちする食材を選ぶようにしましょう。

また、蟹や牛肉など普段なかなか買わないような食材もうれしいもの。実家で食べる豪華な夜ご飯に使って、美味しくて楽しい思い出にするものよいかもしれません。

おじいちゃんやおばあちゃんの欲しいものをリサーチして持っていくのもよいですが、食材や生活用品などの消耗品はきっと喜んでもらえます。自分がもらってうれしいものを選ぶようにすると失敗しませんよ。

お金やお礼はいらないといわれた場合は?

後日好きなものを送る

お金やお礼はいらないというおじいちゃんやおばあちゃんもいらっしゃいます。直接手渡ししようとしてもいらないと断られてしまうこともあるかもしれません。

親子ですので一緒にいる場所では遠慮してしまう気持ちがでてしまうこともあるものです。無理にお礼を渡そうとしてもお互い意地になってしまうこともあります。

そんなときには、後日少し時間が経ってからおじいちゃんやおばあちゃんが好きなものを送るというのも一つの手です。

郵送で送られてきたら受け取ってもらえますし、ママの感謝の気持ちや申し訳なかったという気持ちもスッキリしますよね。子どもを預けることに対して、お互いが気持ちよくいられるように後日好きなものを送るのもよいでしょう。

ランチや夕食をごちそうする

お金や物はいらないという場合には、ランチや夕食をごちそうするのもおすすめです、食事をごちそうする程度なら、おじいちゃんやおばあちゃんも意地にならずに受けてくれることが多いのです。

家族で集まってご飯を食べることがおじいちゃんやおばあちゃんの楽しみでもあります。自分の子どもと孫に囲まれた食事をごちそうしてもらえれば、きっと喜んでくれますよ。

かしこまったお礼という感じにはなりにくいのですが、感謝の気持ちは伝えることができますし、お金や物はいらないという場合にはちょうどよいお礼といえそうです。

家族でのランチや夕食を喜んでもらえば、次もまた気持ちよく育児のサポートをしてもらうことができます。気軽なお礼として食事をごちそうすることはおすすめです。

感謝の気持ちを伝えるだけでも喜ばれる

感謝の気持ちはお金や物で表現しなくても、心をこめた言葉でも十分伝わります。「ありがとう。助かった。」と言葉で伝えることが大切なのです。

お互いが気を使い合ってしまうと、今後子どもを預けにくくなったり、預かる側も面倒な気持ちになってしまったりすることがあります。

また、お金や品物だけで、感謝の言葉がなければ気持ちは伝わりにくいもの。感謝の気持ちはきちんと言葉で伝えるようにしましょう。

また、預けるたびお金や品物でお礼し続けていると、支出が増えてしまったり、気を使い合ってしまったりすることにもつながります。

感謝の気持ちを伝えるだけでも喜ばれますので、お礼のお金や品物を渡しても渡さなくても「ありがとう」の言葉だけでも大丈夫ですよ。

まとめ

実家に子どもを預けるときは、親子だからと気を使わな過ぎても、かしこまってお礼をし過ぎても、今後気持ちよく子どもを預けにくくなってしまうことがあります。子どもを預ける期間や頻度によって、お礼はするようにしましょう。

品物や現金で渡す場合には、それまでにかかった支出を試算して、マイナスにならないくらいのお礼ができるとよいでしょう。

そして、何より大事なのは感謝の気持ちです。きちんと「ありがとう」の言葉を伝えて、気持ちよく子どもを預かってもらえる環境を維持するようにしたいものです。

関連記事

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018