就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

便利なコインランドリーを有効活用!家事の時短やダニ対策にも効果的

便利なコインランドリーを有効活用!家事の時短やダニ対策にも効果的

コインランドリーと聞くと、なんとなく汚い、暗いなどといった悪い印象を持っているママは多いかもしれませんね。しかし、最近のコインランドリーは衛生面に気を使っているところも多く、活用しているママも増えてきています。ここでは、コインランドリーの便利なところや、活用するときに注意することなどをご紹介します。

便利なコインランドリーの愛用者が急増中

コインランドリーを使う人が増えている理由

昔はコインランドリーと聞くと、「古いし汚い印象がある」「どこにコインランドリーがあるのか知らない」というママは多いでしょう。しかし、最近では明るく清潔感のある店舗が各地に続々とオープンしており、全国でおおよそ2万店となっているようです。

コインランドリーが増えている理由としては、女性の社会進出が影響しているといわれています。仕事と子育て、家事の両立は本当に大変なので、家事を時短するためにコインランドリーを利用しているママは多いようです。

また、布団や毛布など、家庭の洗濯機では洗えない大型の洗濯物が洗えるところもコインランドリーのよさでしょう。お手頃なお値段で大型の洗濯物も洗えるので、気軽に利用できてよいですよね。

使い方と注意点を知っておこう

雨の日が続くと洗濯物が乾かずママは大変ですよね。コインランドリーを使いたくても、使ったことがない方は行くのを躊躇してしまうかもしれません。

コインランドリーには、洗濯機、乾燥機、洗濯乾燥機の三つがあります。「洗剤や柔軟剤は持って行くの?」と疑問に思う方が多いと思いますが、洗剤は自動投入のところがほとんどです。柔軟剤はなくても乾燥機を使えばふんわりと仕上がります。コインランドリーに行くときは、洗濯物と小銭、洗濯物を入れる袋を持って行きましょう。

自分の使いたいところに洗濯物を入れて、小銭(100円玉)を回したい時間分だけ入れ、スタートボタンを押すだけで洗濯がスタートします。100円玉指定のところが多いので忘れずに持って行きましょう。

利用時間と料金の相場について

コインランドリーを活用したいと思っても、どのくらいの時間がかかるのか分からないと不安ですよね。洗濯や乾燥にかかる時間は洗濯物の重さによって少し違いがありますが、平均すると洗濯と乾燥それぞれに30~40分くらいかかります。

料金は、10kgの洗濯物で400~500円かかるところが多く、16kgで600~800円、23kgで1,000~1,200円くらいです。乾燥機の料金は、100円で◯分乾燥できると決まっているところがほとんどです。

乾燥機が大きいほど、100円で動く時間が短くなっています。衣類やタオルなどの洗濯物の場合は、20~30分くらいで乾くでしょう。ジーンズなどの乾きにくいものは40分くらいかかりますよ。

コインランドリーは大物洗濯できるから便利

きれいに見える寝具には雑菌がいっぱい

寝具は寝るときにだけ使用するものなので、「汚れていないから洗ったことがない」「布団はたまに天日干ししているから大丈夫」などというママは多いのではないでしょうか。一見きれいに見える寝具ですが、実は目に見えない雑菌がたくさん繁殖しているのです。

衛生学を専門としているアメリカの医師によると、寝具を2週間洗濯していない人はウイルスやバクテリア、ダニなど、さまざまな雑菌と一緒に寝ていることになるそうです。微生物の多くは人が本来持っているものなので、普通であれば人に害を及ぼすことはありません。

しかし、寝ている間にかく汗には皮脂やフケ、アカなどの老廃物が一緒に出ます。老廃物が染み込んだ寝具には雑菌がたくさん繁殖し、蓄積してしまうのです。

汚れた寝具に隠された健康リスクを知ろう

寝具は毎日使用するものです。寝具を洗わずに長く使用していると、黒い点々のようなものを見かけたことがありませんか?黒い点々はとても小さく気づかない方も多いかもしれませんが、寝具にカビ菌が発生している可能性が高いです。

カビ菌は、目に見えない胞子を空気中に飛ばしています。この胞子を人が吸い込むと、さまざまな健康被害のリスクが高まるといわれているのです。

人の体のなかに大量の胞子が入ると、感染症やアレルギーを発症する危険性があります。咳や熱が出たり、ひどい場合は呼吸困難に陥ったりする可能性もありますよ。カビ菌によってアトピー性皮膚炎になることもあるので、健康に眠るためにも寝具は清潔にすることが大切でしょう。

寝具はコインランドリーで半年に1回洗おう

寝具はきれいに保ったほうがよいと分かっていても、大きな寝具をお家の洗濯機で洗うのは難しいですよね。お家の洗濯機で洗えない布団や毛布、シーツなどを洗えるのがコインランドリーです。

寝具は、コインランドリーで半年に1回洗うようにするとよいでしょう。コインランドリーで布団を丸洗いすることで、さまざまな雑菌や人から出た汚れをほとんど取り除くことができます。しかし、半年くらいかけて少しずつダニや汚れが同じように蓄積されていくため、定期的に寝具を洗うことが大切ですよ。

「子どもがいるから、毎月洗ったほうがよい?」と悩む方もいますよね。毎月洗ってもよいですが、寝具は大きいのでコインランドリーに持って行くのが大変です。半年に1回くらいでも大丈夫ですよ。

大物寝具をランドリーで洗う方法と注意点

コインランドリーでの布団の正しい洗い方

コインランドリーで寝具を洗うときは、1番容量の大きな(25kgタイプ)に入れて回します。容量の小さな洗濯機に入れてしまうと、汚れがきれいに落ちなかったり、一度落とした汚れが寝具に再び付着したりする可能性がありコインランドリーを活用してもきれいになりにくいです。

寝具にかかる洗濯の時間は30分くらいでしょう。上掛けと一緒に洗濯機に入れたいときは、布団を麻紐で2~3箇所縛るとよいですよ。臭いが気になるという方は、寝具を入れる前に重曹を入れて数秒間洗うと臭いが取れます。

寝具を洗濯しているときは、脱水のときに寝具が偏っていないかを確認しましょう。まんべんなく脱水できていないと、乾燥するときにも偏りが出てしまいます。

布団の乾燥はしっかり行おう

コインランドリーでは洗濯と乾燥がどちらもできますが、寝具の乾燥には時間がかかりますよね。「1時間くらい乾燥しているけれど、まだ少し湿っている」「半乾きでも持って帰ってもよい?」など、寝具が乾燥しきっていないまま終わらせるママも多いかもしれません。

寝具をしっかり乾燥させないと、せっかくきれいに寝具を洗濯してもすぐにカビ菌やダニが繁殖してしまいます。また、寝具の表面が乾いていても中が乾ききっていないと、生乾きの臭いの原因にもなるので注意が必要です。

布団の表面が温かいと乾いたと勘違いしてしまいますが、中が乾いているかどうかも確認することが大切ですよ。乾燥には最低でも60分くらいはかかるでしょう。

コインランドリーで寝具を洗うときの注意点

コインランドリーで寝具を洗えるとなると、衛生面でも安心ですよね。しかし、すべての寝具がコインランドリーで洗濯できるわけではありません。事前に寝具の洗濯表示を見て、洗濯可となっているかどうかを確認しましょう。

一般的に洗える寝具は、羽毛布団、夏掛け布団、シーツ、毛布、こたつ布団などです。和布団や羊毛布団、キルティング加工がない布団などは、コインランドリーで洗うと縮んだり、固まったりして使えなくなってしまいますよ。水洗い不可や手洗いマークがあるものは、定期的にクリーニングに出すことをおすすめします。

寝具を洗うときはシーツは外し、洗濯機いっぱいに入れるのではなく、少しゆとりがあるくらいの量を一度に入れるようにしましょう。

コインランドリーの便利な活用術を知ろう

ランドリー利用で家事時短!経済的にもお得

コインランドリーを使っていないママは「本当に活用したほうがお得なの?」と思いますよね。コインランドリーでは業務用の洗濯機や乾燥機を使用できるため、家庭用の洗濯機と比べると時間がかからないところが大きなメリットでしょう。

また、容量が大きく一度にたくさんの洗濯物を回せるので、お家では2回洗濯を回さなくてはいけないところを1回の洗濯で済むことが多いですよ。お家で洗濯機を2回すと60分くらいの時間がかかるため、コインランドリーで一気に回したほうが時短になりますよね。

洗濯は、乾燥のほうが面倒くさいですよね。お家だと洗濯物を干して乾くまでに3時間くらいかかりますが、乾燥機だと30分もあればふんわり乾かせます。乾燥機だけを活用すると経済的にもお得ですよ。

高温の乾燥機だからアレルギー対策に効果的

赤ちゃんはお肌がデリケートなだけでなく、抵抗力も弱いためダニやカビ菌などが多く繁殖するとアレルギー反応が出たり、体調不良になったりする可能性があります。赤ちゃんが使用する寝具や抱っこ紐、ぬいぐるみなどのおもちゃなどは、とくに清潔に保ちたいものですよね。

コインランドリーの乾燥機は業務用のため、高温でしっかり乾かしてくれます。ダニやカビ菌、ウイルスなど、さまざまな雑菌は熱に弱いため、きれいに洗濯したあとに乾燥機にかけることでアレルギー対策になりますよ。

アトピー性皮膚炎やアレルギー喘息などは一度なってしまうと、治るまでにかなりの時間が必要です。赤ちゃんが健康に成長していけるように、乾燥機でダニや雑菌の対策をしましょう。

さらに進化を遂げているランドリーにも注目

最近は共働き家庭が増えているため、コインランドリーを使用する方が多いですよね。コインランドリーは店舗が増えているだけでなく、進化を遂げてさらに便利に活用できるようになっています。

たとえば、「仕事や子育てで忙しくコインランドリーに行く暇がない」というママに、洗濯の宅配サービスを行っているところもあります。スタッフの方がお家まで洗濯物を取りに来てくれて、洗濯や乾燥をしてから届けてくれるため、洗濯に手間や時間がかからず便利ですよね。

ほかにも、ITランドリーシステムを導入しているところも増えています。ITランドリーシステムがあると、コインランドリーの洗濯機や乾燥機の稼働状況がネットで確認できるため、空き状況や自分の洗濯の終わる時間などが分かりますよ。

あると便利なコインランドリーの洗濯グッズ

洗濯物入れにも使える「ストレージバッグ」

コインランドリーは、忙しいママの家事にかかる手間や時間を短縮できるのでよいですよね。コインランドリーを活用している方がより便利に活用できるように、おすすめの洗濯グッズを三つご紹介します。

子どもがいると毎日たくさんの洗濯物が出るため、コインランドリーへの持ち運びが大変ですよね。また、洗濯かごに入れたままだと中身が丸見えなので、周りの目が気になるという方も多いでしょう。

最近は、中身の見えないおしゃれなストレージバッグが多く販売されています。30Lの大容量の洗濯物が入るものも多く、バッグが軽量で折り畳めるので活用しやすいですよ。ストレージバッグはアウトドアや旅行に行くときにも荷物がたくさん入るので、さまざまな用途で使えそうですね。

荷物をそのまま洗濯「バッグ型洗濯ネット」

コインランドリーを活用するときに、洗濯物をネットに入れている方も多いですよね。しかし、仕事や育児、家事に追われていると、「洗濯ネットに入れるのでさえ時間がかかるし面倒くさい」と思っている方はいませんか?

そのような方におすすめなのが、バッグのように持ち手が付いているバッグ型洗濯ネットです。洗濯かごと洗濯ネットの両方の役割が一つになっているので、バッグ型洗濯ネットに入れたまま洗濯や乾燥をすることができます。

乾燥が終わるとそのまま持ち帰ることができるので、洗濯物を出し入れする作業が1回にまとめられて楽ちんです。バッグ型洗濯ネットがあると、より洗濯にかかる手間や時間を短縮することができるため、忙しいママにぴったりですよ。

ダブルサイズの布団も洗える「洗濯ネット」

コインランドリーを活用するときに、ネットに入れて洗濯や乾燥をする方は多いですよね。しかし、寝具はサイズが大きいため、ネットに入れることができず不便に感じているママはいませんか?

洗濯ネットのなかには、ダブルサイズの布団まで入れることができる洗濯ネットも販売されています。ダブルサイズの布団はそのままだと持ち運びが大変ですが、洗濯ネットに入れるとコンパクトになるためママでも簡単に持って行けるでしょう。

ダブルサイズの布団以外にも、たくさんの洗濯物を一つのネットに入れることができるのも便利ですよね。洗濯ネットは値段もお手頃なので、コインランドリーを頻繁に利用する方は大容量の洗濯ネットがあると重宝しますよ。

まとめ

コインランドリーは時代とともに大きく進化し、共働き家庭の家事にかかる負担を大きく軽減してくれるものです。お家で洗濯をするよりも短い時間で洗濯から乾燥まで終わらすことができるため、「洗濯物が溜まって大変」「毎晩子どもを寝かしつけてから、洗濯をしている」など、時間がないママはコインランドリーを活用して楽に家事を進めましょう。

洗濯の手間や時間が省けると、その分ほかの家事ができたり、子どもと遊ぶ時間が増えたりするので、時間を有効に活用できてよいですよ。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • teniteoFC
  • 2040pj