就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

新生児との添い寝は睡眠環境を整えて!注意点や安心な添い寝の方法

新生児との添い寝は睡眠環境を整えて!注意点や安心な添い寝の方法

添い寝は赤ちゃんの情緒の発達によいといわれる反面、添い寝が原因の事故のニュースも聞きますよね。どうしたら添い寝のメリットを活かしつつ、安全に赤ちゃんと添い寝ができるのでしょうか。添い寝をする際の注意点と安全な方法をご紹介します。まずは睡眠環境を整えることから始めてみましょう。

ママは新生児と添い寝してもよい?

布団での添い寝は生後1カ月以降が理想

赤ちゃんとはいつ頃から添い寝ができるのでしょうか?布団とベッドでは眠る環境が違いますので、添い寝を始められる時期も異なってきます。

布団で添い寝をするのは生後1カ月以降が理想といわれています。生まれて1カ月までの新生児はまだ体がふにゃふにゃしているので、柔らかい布団は避けた方が安心でしょう。

柔らかい布団は赤ちゃんの体が沈み込み気道をふさいでしまう危険性や、体が歪んでしまう危険性があります。ママも産後1カ月は体がしんどいでしょうから、赤ちゃんを気にしてぐっすり眠れないようなことはできるだけ少ない方がよいですよね。

1カ月健診を受けて先生に確認してから、添い寝をするタイミングにするのがちょうどよいかもしれません。

ベッドは首がすわる生後3~5カ月を目安に

ベッドで添い寝をする場合は、布団よりは遅めの生後3~5カ月を目安にしましょう。ベッドはママが動くとその振動が赤ちゃんに伝わったり、ママが寝返りしたら赤ちゃんが沈んでしまったりすることがあるためです。

また、首すわり前の赤ちゃんを柔らかいベッドに寝かせると、赤ちゃんの体が埋もれて気道がふさがり、呼吸ができなくなる危険性もあります。赤ちゃんの首がすわってからも、ベッドのマットは硬めの方がよさそうです。

赤ちゃんの首がすわる時期には個人差がありますので、仰向けに寝かせた赤ちゃんの手を持って起こした際に首も持ち上がる「引き起こし反応」が見られるようになったら、添い寝を始めてもよいかもしれませんね。

新生児との添い寝は睡眠環境を整えて慎重に

新生児と添い寝をする場合は、睡眠環境をきちんと整えてから慎重にするようにしましょう。赤ちゃんと添い寝をするメリットを最大限に活かすためにも、安全に眠れるような睡眠環境を整えることが重要です。

産後1カ月という時期は、ママは赤ちゃんとの生活に慣れ、体を休めることが大切な時期です。そして赤ちゃんにとっては、ママのお腹の外の世界に少しずつ慣れていく時期でもあります。お互いに周囲の環境に慣れるまでは危険なことをできるだけ避けたいですね。

添い寝をするためには大人の枕を近くに置かない、大人用の布団を赤ちゃんにかけない、シーツが取れないようにするなどの睡眠環境を整えてからすると安心です。ママも赤ちゃんも気持ちよく眠ることができそうです。

ママとの添い寝が新生児に与えるメリット

ママを近くに感じて安心できる

添い寝をして、スヤスヤと気持ちよさそうに眠っている赤ちゃんの顔を見ると幸せに感じますよね。赤ちゃんにとって、添い寝にはどのようなメリットがあるのでしょうか。

新生児のうちはまだ目ははっきりと見えていませんが、赤ちゃんはママの肌の匂いや声でママの存在を感じています。ママが横に寝ていることで、触覚、嗅覚、聴覚といろいろな感覚をとおしてママの存在を身近に感じることができるため、赤ちゃんはママに守られているような安心感を得られるといわれていますよ。

赤ちゃんも安心することで、心身ともにリラックスして眠れますね。添い寝で一緒に眠ることで、ママも赤ちゃんとの絆を感じることができ、我が子をより愛しく感じられて絆が深められるかもしれませんね。

寝つきの改善や夜泣きの予防になる

3カ月頃までの赤ちゃんの睡眠は、レム睡眠という浅い眠りが50%を占めます。レム睡眠のときに少しの物音や動きを感じると起きてしまうことがあります。

眠りが浅いときにぐずるわけですが、すぐ近くでママを感じることができたら、安心してそのまま眠ることもあるでしょう。夜泣きをするときも睡眠は浅くなっていますから、もし夜泣きをしそうになってもママがそばにいることを感じられれば安心して泣きやむかもしれません。

夜泣きをしてしまっても、ママが添い寝をしていればママもすぐに起きて対応ができるので、泣いている時間も短くできるでしょう。赤ちゃんも不安を感じていたら眠ることができませんが、ママを感じて安心できたら寝つきもよくなるということですね。

心の成長の土台づくりによい影響がある

乳幼児期はママやパパとの愛着関係を形成する大切な時期です。赤ちゃんは愛情をかけてもらうことで安心感を得ることができ、信頼関係を築きながら心身ともに成長していきます。

毎日、ママと肌と肌を触れ合わせてスキンシップをし、身の回りのお世話をしてもらうことで、赤ちゃんは愛されていると感じることができるのでしょう。添い寝をしてママを身近に感じ泣いたらすぐに対応してもらうことで、自分は愛される存在であるという自己肯定感を育てることになります。

この自己肯定感が安定した心を育てることにつながるため、心の成長の土台づくりによい影響があるといわれています。この土台がしっかりと育つことで、その後にしつけやルールを身につける際にも役立ちます。

添い寝はママへのメリットもたくさん

夜中の授乳やおむつ交換が楽にできる

赤ちゃんと添い寝することはママにとってもメリットがあります。まずは、赤ちゃんが隣で眠っているのですから、夜中に泣いたらすぐに授乳することができます。

赤ちゃんをベッドに寝かせていたらママが起き上がって、赤ちゃんを抱きあげて授乳をすることが必要です。ママの横で眠っていたらママが立つ必要もありませんし、早く対応できますね。

もちろん、授乳だけでなくおむつを交換するときもかかる時間が短縮されます。隣に眠っているのですから、ママの移動距離が短くて手早くできてママも楽でしょう。

赤ちゃんも不快に感じている時間が短くなりますから、ママにとっても赤ちゃんにとっても授乳やおむつ交換までの時間が短いと快適ですよね。
66 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2019
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC