就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

0歳児のお祝いをチェック!ベビーのお祝いブランドをご紹介

0歳児のお祝いをチェック!ベビーのお祝いブランドをご紹介

0歳の赤ちゃんのお祝いにはどんなことがあるのでしょうか。今回は、0歳児のお祝い行事と、お祝い事に欠かせないプレゼントについてご紹介します。マタニティーのママにも参考にしていただける、注目のベビーグッズブランドもご紹介していますので、ぜひチェックしてみてくださいね!

0歳児のママが知っておきたい行事

生後1カ月で氏神様へご挨拶「お宮参り」

赤ちゃんが生まれて一番はじめのお祝いは「お宮参り」です。お住いの地域の氏神様へ挨拶をし、無病息災を祈願するお祝い行事で、基本的には男の子なら生後31日目、女の子なら生後32日目にお参りに行くのが風習です。

しかし最近では、ママの体調や家族の都合、天候を考慮して日程を決めることが多いようです。参拝時は、父方の祖母が赤ちゃんを抱っこし、ママは産後の体をいたわるためにお宮参りには参加しないといった風習がありましたが、現代ではほとんどの場合、ママが一緒に参拝し、赤ちゃんを抱っこするのもこだわりのない家庭も多いようです。

氏神様ではなく、各地域にある大きめの神社へ参拝する方も多いようですので、調べてみてはいかがでしょうか。

生後100日を目安に行う「お食い初め」

生後100日目に行うお祝い行事が「お食い初め」です。一生食べ物に困らないようにと祈願するならわしで、お祝い用のお膳を、ご自宅や割烹などで用意しお祝いします。

お膳に盛り付ける料理の内容は地域によって違いがありますが、一般的には尾頭付きの鯛と白米、鯉などの汁もの、煮物、香の物を用意します。歯が丈夫になることを願って、氏神様の境内で拾った小石を添えることも多いです。

お食い初めに使う食器は、赤い漆器を使うとされていますが、ふつうの食器やベビー食器を使う方も増えています。もちろんまだ赤ちゃんは食べられませんが、お箸を口に運んで食べさせる真似をしましょう。男の子なら男性に、女の子なら女性に頼むのが一般的です。

健やかな成長を祈る「初節句」

誕生から初めて迎える節句を「初節句」と呼びます。子どもの健やかな成長を祈願するお祝いで、女の子は3月3日、男の子は5月5日です。いわゆる「ひなまつり」と「こどもの日」ですね。

生後からすぐに初節句の日がきてしまう場合は、翌年にお祝いすることも多いので無理に誕生年に行う必要はありません。女の子の場合3月3日の桃の節句に雛人形を飾り、ちらし寿司などのお祝い膳を囲み家族で過ごします。男の子の場合5月5日の端午の節句に、鯉のぼりや五月人形を飾り、チマキや柏餅などでお祝いをします。

雛人形や鯉のぼりなど、節句のお祝いにかかせない飾りは、両家の祖父母から贈られることが多いようですが、最近では赤ちゃんの両親が自ら用意することもあるようです。

ユニセックスなお祝いブランド3選

厳選1「minä perhonen」

お祝いごとでは、現金を渡す場合が多いですが、ベビー用品も喜ばれます。ユニセックスで使用しやすいブランドとしては「minä perhonen」が人気です。

グレーやネイビーといったシンプルな生地にワンポイント刺繍がかわいいベビースタイやロンパースが、カジュアル派のママに人気。さらに、淡い色合いの木製おもちゃや子ども用の食器も揃っているので、何種類かを合わせてギフトセットにしてもよいですね。

また、「minä perhonen」の代名詞ともいえる蝶々柄の刺繍が入ったおくるみは、肌触りの柔らかいコットンガーゼで、こちらも淡い色合いで、男女ともに使用しやすいお色味。お出かけでもお昼寝でも使用できるので、贈られた方にも喜ばれるのではないでしょうか。

厳選2「エイデンアンドアネイ」

「エイデンアンドアネイ」はニューヨーク発のベビーブランドです。使うほどに柔らかくお肌になじむモスリンコットンを使ったおくるみが有名で、海外セレブやイギリス王室のジョージ王子も使っているという人気ぶり。

自らが使用してよかったからと、お祝いに選ばれる方も多いようです。こちらのブランドはグレーやブルーを使った男の子にオススメのデザインも豊富に取り揃い、色合いを抑えた動物柄などユニセックスで使用できるものも多いのも魅力。

おくるみだけでなく、スタイやブランケット、タオル、そして吐き戻しに対応したよだれかけ兼バープクロスなど幅広く揃います。ママに人気のディズニー柄も「エイデンアンドアネイ」のコラボ商品は上品で他とは一味違う可愛さがあります。

厳選3「NUPPU」

フィンランド・ヘルシンキを拠点に活動するマイヤ・プオスカリがデザインした「NUPPU(ヌップ)」の「赤ちゃんの器5点セット」は、私が今一番オススメしたい出産祝いです。

子育て経験のあるデザイナーが提案する食器は、離乳食期から幼児食が始まり、その後も家族の食卓を彩る素敵なデザインです。子どもの食器を陶器にするのは割れる可能性を考えると贈りにくいと思うかもしれませんが、電子レンジ・食洗器に対応して、お粥などを冷ますときなどにも便利なので喜ばれるのではないでしょうか。

しかも、割れてしまっても3年以内であれば、破損してしまった陶器1点は無償で1回交換できるのだとか!カラーラインナップは男女別れていますが、いずれもシンプルで使いやすいこと間違い無しです。

シリーズで揃えたいお祝いブランド

男の子のお祝いに「BOBO」

男の子へのお祝いといえば、「青色のもの」「乗り物柄」などの品を選ぶのが一般的ですが、モロッコ的なエスニック柄や、インドの伝統柄などをモチーフにした「BOBO」の商品はいかがでしょうか。

丁寧に作られた刺しゅうやタッセルなどの手仕事の暖かさと、鮮やかな色使いがかわいく、茶色やターコイズなどメンズライクなカラーを使っているので、男の子のママ受けもよいと思います。

たとえば贈る相手がダークブラウンの木製家具や、アイアン家具などを好むお家や、世界各地の文化や民芸に興味のあるママのおうちであれば、お部屋のインテリアにも馴染みやすいブランドです。ベビー布団から肌着まで様々なグッズを展開しているので、買い揃えにも向いています。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2019
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC