就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

2歳児が大好きごっこ遊び!おすすめおもちゃと発達との関連

2歳児が大好きごっこ遊び!おすすめおもちゃと発達との関連

2歳児のごっこ遊びってみていたら面白いですよね。色々なものになりきったり、面白いセリフをいったり…。ごっこ遊びは子どもにどのような影響があるのでしょうか。ごっこ遊びに適したおもちゃをあげながら発達との関連をまとめてみました。ママやパパも一緒にごっこ遊びを楽しみましょう。

ごっこ遊びで子どもの心身を育てよう

ごっこ遊びは子どもの自信を育てる

ごっこ遊びでは、子どもが自由に自分のなりたいものになり、やりたいことをしますね。自分が大好きなキャラクターになったり、大好きなママになったり、色々なものになりますね。

自分で自由に何でもできる感覚を「万能感」といいます。「万能感」は自信を持つための肥料になるといわれていて、例え空想の中でも「なんでもできる感覚」が自信を育ててくれるのです。

実際の世界では何でも自由にすることは難しいですが、遊びの中でなら制限されることはありませんよね。現実の中で思うようにできずに傷ついても、遊びの中で「万能感」を味わうことで傷ついた自信を回復させてもくれるのです。

子どものうちだからこそできる空想の世界やごっこ遊びは大切なのです。

ルールや協調性、思いやりも身につけられる

ごっこ遊びをすると、色々な役を決めることから始まります。決まった役をするには「こうあるべき」というルールが自然にでき、なったものの口調や行動を真似ながら遊びますよね。

子どもは決められたルールに従い、相手に合わせながら自分の役を演じることになります。お店やさんごっこをして、お客役が「これいくらですか?」ときいたら、お店役が「100円です」と答えるという具合ですね。

相手に合わせることで、協調性も養われますし、役を演じたことで相手の気持ちが分かることもありますので、思いやりも身につくのでしょう。2歳児ではママやパパとごっこ遊びをすることが多いでしょうから、ママを演じることでママの気持ちが少しは分かってくれるかもしれませんね。

ごっこ遊びで発達を促す上手な関わり方

ごっこ遊びでは何でもすることができますし、子どもは「嘘でしょう」と思うような設定をすることもあります。ママは子どもの自由な発想をそのまま受け入れてあげましょう。

ママが「そんなことしないの」と注意したり、「そんな展開おかしいでしょ」と否定すると、ごっこ遊びで養われる自信が養われなくなってしまいます。子どもの想像力も豊かになりませんよね。

子どもがごっこ遊びですることに困ってしまったら、ママが少し助け船を出してあげましょう。子どもがごっこ遊びしやすいように、ごっこ遊びにぴったりなおもちゃを用意するのも一つですね。

ママ自身もなりきって一緒に遊びましょう。ママが一緒に楽しんでいると、子どももきっと楽しみながら成長してくれますよ。

2歳児のごっこ遊びにぴったりなおもちゃ

男の子も女の子も!おままごとキッチン

子どもたちが大好きなごっこ遊びにおままごとがありますね。おままごとのおもちゃを使って、料理を作って食べてみたり、片付けをしてみたり。

色々な種類のおままごとキッチンがありますので、子どもの好みも考えて選んでみましょう。木製のきちんとしたものや、段ボールでできている簡易なものまであります。

値段も段ボールキッチンなら2,700円からあり、木製のしっかりとしたものであれば7,000~20,000円と値段も様々です。子どもが立って使うものから座って使う小さなものまでありますので、置き場所も考えて選びましょう。

これさえあれば、料理を作っている感じは十分に味わえ、そこではどんな料理でも作れますから、楽しいですよね。

小さなママになれちゃうお世話人形

子どもは自分が大好きなものになりたがります。一番身近で大好きなママになりたがる子も多いですよね。小さなママになってごっこ遊びをしたいときは、お世話人形はいかがでしょうか。

一緒にお風呂に入れたり、ミルクをあげたり、おんぶしたり、実際にお世話をすることができる人形がたくさんあります。お世話人形をお世話することで、小さなママを体験できるのです。

人形の付属品を少しずつ増やしていくと、できることも増えていきます。自分がしてもらったことをお世話人形にしてあげることで、大好きなママに少し近づいた嬉しい気持ちになるのでしょうね。

お世話することで人を思いやる気持ちも養われます。お世話をしている子をみたらママも温かな気持ちになりますよ。

レジのおもちゃでお買い物ごっこ

子どもが好きな遊びに「お店屋さんごっこ」がありますよね。店員さん役とお客さん役がいたら遊べますが、本格的なおもちゃがあったらさらに楽しんで遊べますよ。

コンビニの商品やレジがセットになったおもちゃや、アイスクリーム屋さん、ハンバーガー屋さんなど色々なものがあります。最近のお店に合わせて、スキャン機能やバーコードリーダーがついたレジまであるのですから、本格的です。

2歳児ですからあまりお話ができない子でも、「これ、どーぞ」「ありがとう」などといいながら遊ぶことができますので、十分に楽しめますね。

お店で売るものを一緒に作ったり、売っている野菜や果物の名前を覚えたり、お買い物ごっこで学べることがたくさんありますね。

ごっこ遊びをしないと発達障がいなの?

ごっこ遊びをしなくても不安にならないで

ごっこ遊びが子どもにとって大事なのは分かりましたが、ごっこ遊びをしていないと普通に発達していないのでしょうか?発達の過程でみられるはずのものがみられないとママは心配になりますよね。

3歳未満の早期の段階で自閉症かをみるスクリーニングのなかに、「おもちゃの電話でモシモシのまねをしたり、人形に食べさせたり 飲ませるふりをするなど、ごっこ遊びをするかどうか」という項目があるのです。

こうした項目があることで、ごっこ遊びをしないと発達に障がいがあるのではないかという考えになってしまったのでしょう。これはあくまで自閉症の子にこうした傾向があるだけで、ごっこ遊びをしないからといって発達障がいではありませんから、安心してくださいね。

アドリブがきかないごっこ遊び

ごっこ遊びは一緒にしているお友達やママやパパなどで一緒にストーリーを作っていきますよね。すべてアドリブのセリフをいいあって行います。

そうなるとコミュニケーション力が必要になってきます。お友達がいったことを受けて、自分もセリフや行動を決めるのですから。

発達障がい児のある子はその場の雰囲気を感じたり、人とコミュニケーションを図るのが苦手だといわれています。そのため、ごっこ遊びが苦手なのです。子どもがアドリブがきかずに、相手のアドバイスやセリフを受け入れられない子は発達障がいかもしれないといわれるのです。

人と交わらず、積み木を車に見立ててごっこ遊びをしている子なら、人と一緒にするごっこ遊びが好きでない子かもしれませんよ。

発達に不安があるなら相談してみよう

子どもの遊び方や普段の様子をみていて、発達に障がいがあるかもしれないと不安になったら、1人で抱え込まずに専門家に相談してみましょう。専門家に相談するにはどうしたらよいのでしょうか。

もし、子どもが幼稚園や保育園に通っているのであれば、まずは先生に相談してみましょう。先生が知っている地域の医療機関や発達支援センターなどを紹介してくれるでしょう。

子どもの1歳児健診でお世話になった保健所や保健センターに相談してもよいですね。専門家のいる医療機関や施設を紹介してくれたり、話をきいて対応の仕方などの相談に乗ってくれるでしょう。

専門家にみてもらい色々なことが分かることで、少し安心できるかもしれません。ママも抱え込まないでくださいね。

まとめ

ごっこ遊びは子どもの想像力を養い、自分は何でもできるという万能感を感じられる大切な遊びになります。自信を持つための肥料になりますので、色々なごっこ遊びをさせてあげましょう。ごっこ遊びをたくさんした子は、大人になってからも想像力が豊かな人になるそうですよ。

本物にそっくりなおもちゃも利用しながら、子どもが自由に発想を広げて遊べるようにママもサポートしてあげましょう。ごっこ遊びをしなくても発達の障がいがあるというわけではありませんので安心してくださいね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018