就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

男の子の子育て、もう悩まない!育児の注意点やコツを紹介

男の子の子育て、もう悩まない!育児の注意点やコツを紹介

男の子を育てていると、なんで?どうして?と思うことがたくさんありませんか?ちょっと笑える行動や、どう考えてもママには理解できない行動まで、男の子って本当に不思議で、男の子の子育てで悩むことはみなさん共通していることも多いのです。今回は男の子の子育てに役立つ注意点やコツをまとめました。

男の子の子育てで悩むことはこれ!

男の子の体力についていけない

男の子の子育てをしているママが一番感じる悩みといったら、やっぱり「体力」についてですよね。

お家の中で遊んでいても体を動かす遊びを好んだり、外へ遊びに出かけても一か所でじっくり遊ぶというよりは、ひっきりなしに動き回っていたり、午前中に公園で体力を消耗させても、お昼寝の後にはすっかり体力が回復していて、また遊びに行かないとダメだな…なんてことも男の子にありがちです。

お外へ行けない雨の日なんて体力が有り余って、ぐずりだしたり、お家の中で見えない敵と戦い始めたりしませんか?

「もう、一体どこからこの体力が湧いて出てくるの?」とママは不思議に感じますよね。ちなみに男の子は3歳頃からグンと体力がつくといわれています。

とにかく落ち着きがなくて乱暴

男の子の有り余る体力に続いて「落ち着きがなくて乱暴」といった悩みをお持ちのママも多いのではないでしょうか?

先ほども例に挙げましたが、男の子ってヒーローの真似をして見えない敵と戦ったり、武器を持っての戦いごっこをしたりするのが大好きですよね。とにかく体を動かして遊ぶことが多いので、ママからするとジッとしている時間が短くて、落ち着きがないとか乱暴な遊びをしている…という印象を持ってしまいますよね。

男の子は本能的に強いものに憧れる性質があります。だから真似をしてついでに体も動かして楽しんでいるのですが、物が壊れてしまったり怪我をしたり、怪我をさせてしまったりという心配がつきないのでママとしては気になってしまいますよね。

話を全然聞いてくれない

男の子は話を全然聞いてないよね…なんてママ友の間でも話題になりがちですよね。みなさん同じように感じているのが分かりますが、実は男の子は話を聞いていないのではないのです。話はちゃんと聞いているけれど、点と点が繋がらないという表現の方が正しいかもしれません。

例えば、「うるさいから、静かに遊んで」と伝えたとします。男の子は静かにしなきゃいけないことは受け止めますが、静かにするためにどうしたらよいのか分からないのです。

点と点が繋がらないとはこのようなことで、静かにするには何をどうする?といった感じなのです。小さい男の子には明確に、そしてシンプルに「部屋でジャンプしない」とか「声を小さく」と指示した方がすんなりと行動に移せることが多いですよ。

「男の子」という生き物について

負けず嫌いで1番になりたがる

男の子の特徴の一つには、負けず嫌いや1番になりたがるという面もよく見受けられます。もちろんマイペースな子、のんびりタイプの子もいるので一概にとはいえませんが、何かしら競争意識を持っているのは感じられますよね。

男の子は5~6歳頃から、競争意識や負けず嫌いの気持ちが強くなるといわれています。

負けず嫌いや1番になりたがることは決して悪いことではありません。その気持ちが努力に繋がる力になるので、よい傾向であるといえます。ただ、気持ちが強すぎて理想の結果にならないとへそをまげるなど、極端になってしまうと困りますね。

そんなときには、すべてが1番ならよいわけではないんだよ、ということも日頃から少しずつ話して教えてあげるようにしましょう。

ふざけることが大好き

男の子を見ていると、真面目にしているよりも楽しくワイワイしたり、ふざけたりするのが好きな子が多いようです。男の子はその場のノリみたいなものをとても重視する生き物です。

変な話、目の前の状況や意味が分かっていなくても、その場の雰囲気がワイワイしているだけで「楽しそう!」と感じて気分がグングン盛り上がってくるのです。みなさんも子どものそんな場面を目にしたことがあるのでは?

そんな男の子の「ふざける」行動は、静かにしなくてはいけない場面でもしばしば表れるのでママはイラっとしてしまうことも。そんなときは「今は本当にふざけちゃダメ」という言葉や合図を送ってみましょう。目を合わせ正座をして話してみるなど一定の方法を根気よく続けていると段々と理解してくれますよ。

ママ大好きな甘えん坊

男の子はママが大好きです。子どもから、「ママ可愛い」とか「結婚して」とか愛のある言葉を伝えられてキュンとしたことがあるママはたくさんいるはずです。

男の子は、愛情をとても素直に表現してくれます。公園でママにお花を摘んできてくれたり、ママに優しい言葉をかけてくれたり、疲れているママの頭を撫でてくれたり、本当にママが大好きなのが分かりますよね。

外では負けず嫌いで強気な子も、お家に帰ると猫のようにママに甘えたりすることも多いのです。ママのことを絶対的に信頼しているし、必要としています。

普段は心配も多いし、手のかかる男の子ですが、どれだけガミガミ叱られてもママへの気持ちが薄れることはありません。そう思うと普段のイライラもスッと引いていきませんか?

男の子と女の子で違いがある理由

脳のつくりが違うから

男の子のママは、同じ年の女の子のしっかり具合を見て、驚いたことがあるのではないでしょうか?女の子は何かを説明するのも、察するのも上手なので「え?これだけでもう理解してるの」と、男の子との違いに驚いてしまうことも多々あります。

こうした男の子と女の子の能力や気質の違いは、脳のつくりが違うため明確に表れて当然なのです。男性の脳は女性に比べ脳梁(のうりょう)の太さが約20%も細いので、女性よりも右脳と左脳の連携がしにくい特徴があります。

脳梁は認知・感覚・運動などの神経機能と関連しています。右脳と左脳の連携がとりやすい女性は察しが早く、二つ以上のことを同時進行できるのに対して、男性は集中型のため、段階を経てものごとを進行・理解していという特徴があります。

ホルモンに違いがあるから

男の子と女の子の違いは、ホルモンの影響も関係しています。先ほどご紹介した男の子の脳と、女の子の脳の違いも、実は受精卵のときに浴びたホルモンに影響していて、男性ホルモンを浴びた受精卵は男の子になるための準備が始まります。

その後もホルモンからの影響を受けて、右脳が相対的に育つため、空間把握能力や創造的な能力が高い男子脳になると考えられているのです。

女の子は左脳が早く成熟するため、言語や概念、計算などの論理的、概念的な能力が高いといわれています。

こうして考えると男の子がブロックなどで集中して遊ぶことや、柔軟性のある発想力がある点、また女の子の言語の発達が早いことや、察しがよい点も頷けるのではないでしょうか?

親が無意識に接し方を変えているから

ホルモンや脳の違いのほかにも、男の子と女の子の違いを決めているのが「親の接し方」です。親の接し方?と感じるかも知れませんが、男の子と女の子では対応に違いがあることって意外と多いのです。

例えば、女の子だと顔や体に傷の痕が残らないように注意しますが、男の子ならさほど気にしないでいられるというのも、男女によって親の接し方が違う部分です。

特に男の子の場合は、言葉遣いや遊び方の制限をかけずにのびのびと活動させる反面、男らしさとして責任感や我慢強さを求めているママやパパも多いのが特徴で、期待から無意識にハードルを上げてしまっていることもあるようです。

男の子だから泣かないなど「男らしさ」を求める傾向があり、注意が増えてしまうことも多いです。

男の子育児における三つの注意点

ダメ!を連発しないように気を付けよう

女の子は周囲のお手本を見て学習していく傾向が強いのに対して、男の子は自己納得型です。なんでも自分でやってみて理解をする傾向があるので、ママからすると無駄な行動をしているなと感じることもしばしばあります。

でもこの実験欲求は、男の子特有の柔軟な発想力や好奇心を育てる大切な糧となります。とはいっても、ときには危ないことやポケットに虫など「それはどうなの?」ということもしがちなので、そんなときは注意をしなくてはいけませんね。

「虫さんはポケットでは動き回れなくて可哀想だよ」など、なぜダメなのかを説明するようにしましょう。

なんでもダメ!ではなく、危ないことや周囲に迷惑がかかることに関しては注意をすると線引きをして実験欲求を抑え込まないようにしましょう。

しつこく叱らないように気を付けよう

男の子の脳は集中型で、目の前のことに夢中になる傾向があります。ですから何か悪いことをしたときにダラダラとしつこく叱っても意味がありません。叱り方がしつこくなってしまうと、叱られている空気に恐怖を感じてしまって、叱られている内容は頭に入らなくなってしまいます。

男の子を叱るときには、「その場で」が重要です。男の子は目の前のことに夢中になるので、ちょっと前のことは忘れていることも多いのです。悪いことをしたときには、その場で叱ってあげましょう。そして「物を投げないでね、ぶつかったら痛いよ」などシンプルな理由づけの方が理解しやすいのです。

「その場で・シンプルな理由づけ」をポイントに、しつこく叱らないように気を付けてみましょう。

プライドを傷つけないように気を付けよう

男の子はガラスのハートなんて言葉、耳にしたことはありませんか?ママからするとヤンチャで自由だなと感じる男の子ですが、意外とちょっとしたことで傷ついたり悔しがったりして泣いてしまうことも多いのではないでしょうか。

男の子って実は繊細で、頭ごなしに行動を否定すると男の子のプライドはすぐ傷ついてしまいます。危ないことや周囲に迷惑をかけること以外では、子どもの立場に近づいて注意をしてあげるのもおすすめです。

「危ないから手を繋ぎなさい!」より「ママ迷子になりそうだから手を繋いで一緒にいってくれる?」とか、「走り回らない!」より「ここはゆっくり歩くとすごくお兄さんぽいんじゃない?」などプライドをうまく刺激して注意を促すのも男の子には効果的です。

男の子をのびのび育てる三つのコツ

叱るよりも褒めて育てる

男の子を育てていると、注意したり叱ったりの日々に疲れてしまい、自己嫌悪に陥ることもありますよね。叱るのはパワーが要るし、できれば叱りたくないのにな、なんて感じたこともあるのではないでしょうか。

元気いっぱいでヤンチャな男の子だけに叱りつけることも多くなりがちですが、先に褒めたり頼りにすることで向上心や自尊心を刺激して正しいことを学ばせることもできます。

「〇〇できてすごいじゃん!もっと〇〇できると超かっこいいな~」とか、「〇〇君、かっこいいからお願いしちゃおうかなぁ」とか、「〇〇も〇〇もできるようになったから、これもできそうじゃない?」なんて、最初に褒める内容を伝えると男の子ってやる気が出て、すんなり聞き入れてくれたりしますよ。

おおらかな気持ちで子どもを見守る

男の子を育てていると、私しょっちゅう怒ってるな…とか、こんなに大声で怒鳴ったことなんてなかったのに…なんて思うことってありませんか。

してはいけないことをしたときには、きちんとその場で叱ることは大切ですが、ママだって疲れてしまうこともあるし、「何度いったら分かってくれるの?もう嫌だ~」なんて、何もいいたくなくなるときもありますよね。

男の子は空気を読んだりママの顔色を伺ったりすることが苦手なので、何度も繰り返して伝えていくことが大切ですが、焦らなくても大丈夫。男の子ってこんなものなんだ!と考えて、おおらかな気持ちで子どもを見守ってあげるとママも気持ちが楽になるし、ママの気持ちに余裕があると不思議と子どもも落ち着きますよ。

パパや周りの人の力を借りる

「男の子の子育ては、体力も気力も女子の3倍必要」などという声もあるほど、ママは日々奮闘しています。子どもにとってよい方法や伝わりやすいいい方を実践してみても、すぐには効果が感じられずに心配になってしまうこともあるかもしれません。

そんなときは、やっぱり同性同士ということでパパの力を借りてみませんか?最近気になっていることや、子どもにとってよいと思う方法などをパパに話して、子育てやしつけに参加してもらいましょう。

パパと2人で公園遊びに行ってもらえば、子どもは体力を存分に発散できるし、男同士の遊び方の中で違った気づきを感じてくれることもあります。

子育てはママだけが頑張るものではなく、パパやおじいちゃんなど周囲の人の力を借りるのもとても大切ですよ。

まとめ

男の子の子育ての注意点やコツをご紹介しました。ママからすると男の子って謎!なんて思うことは多々ありますが、とても単純で優しくて、ママ大好きな可愛い存在ですよね。

男の子の操縦法として「相談する」のも有効です。ママこんなことで困ってるの…なんて相談してみると、僕がなんとかしてあげる!なんて俄然やる気になってくれますよ。

根気よく伝え続けたことをサラッとできるようになったら、ママの喜びも成長の実感もとても大きいはずです。手がかかる分だけ可愛いと感じるのも、男の子育児の魅力ではないでしょうか。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018