就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

1週間献立でまとめ買い食材を使いきる!献立のコツと食材使いきり術

1週間献立でまとめ買い食材を使いきる!献立のコツと食材使いきり術

まとめ買いをしても、1週間の献立を考えるのがおっくうになったり、食材を使いきれずにたくさん余らせてしまったりするママも多いのではないでしょうか。どのようにやりくりすれば無駄がなくなるのかまとめました。慣れると簡単なので、できるところから少しずつ取り入れてみてくださいね。

まとめ買い食材で1週間献立を考えるコツ

献立はざっくり5日分でOK

1週間分の献立を考えるときに、1日目は肉じゃがと焼き魚、2日目は豚のしょうが焼きとおみそ汁…などという感じで、細かいメニューまで決めているママもいますよね。でも、まとめ買い食材でうまくやりくりするには、ざっくり5日分の献立を考えるぐらいがよいでしょう。

たとえば、魚料理と肉料理を1日ずつ順番にしたり、和食・洋食・中華などを順番にしたりすると決めて、まとめ買いした食材を使って作ります。残りの2日間で、残っている材料を使いきれる献立にすれば無駄がありません。

細かいメニューまで考えなくてよいので楽ですし、その日の気分に合わせて献立を変更することもできます。また、外食した日があっても、たくさん残ってしまう心配がないので安心です。

メインをルーティン化してバランスよく

まとめ買いした食材で作れるメイン料理をルーティン化すると、1週間バランスのよい献立にしやすくなりますよ。

たとえば、メインとなる肉料理を週2日、魚料理を週3日と決めて、残りの2日は残っている材料をきれいに消化できるようなメニューにします。メインをルーティン化していると「今日はなにを作ろうかな」と考える時間を短縮でき、効率がよくなりますよ。

ほかには、曜日を決めて作るのもよいですね。「今日は月曜だから魚料理の日だったな」というようにすぐに決められます。また、同じようなメニューが続いてしまうこともなく、自然と栄養バランスもよくなるでしょう。

副菜はメインに合わせて好きなものを作ったり、いくつか作り置きしているおかずを活用すれば忙しい日でも楽ちんです。

献立に困ったらレシピサイトを参考に

肉料理と決めていてもなにを作るか思いつかなかったり、1週間の後半に残っている食材でどんなメニューが作れるのか分からなかったりするときもありますよね。そんな献立に困ったときにはレシピサイトを参考にしてみましょう。

レシピサイトを見れば、毎日の献立の提案や作り方などのほか、栄養情報まで知ることができます。また、「豚肉 卵」「サバ」などのように食材を入力するだけで、その食材で作れるメニューもたくさん分かりますよ。今ある食材でなにが作れるのか悩んだときに便利です。

以下にレシピ数が豊富で使いやすいレシピサイトを紹介します。

【参考レシピサイト】
・クックパッド
・AJINOMOTO.Parkレシピ大百科
・ウィークックナビ
・Rakutenレシピ

1週間でまとめ買い食材を使いきるコツ

買うものと金額を決めて買い物する

まとめ買いをするとき、野菜でも肉でもとりあえず安い食材を適当に買っておいて、そのなかのもので料理を作ろうとしている方も多いでしょう。ですが、それよりも買うものと金額を決めて買い物をしたほうが、効率よくまとめ買い食材を使いきることができますよ。

たとえば、買うものをきめずに買い物へ行くと、とくに必要のない食材まで買ってしまいやすくなります。せっかく1週間分の献立をある程度考えていても、そこに必要のないものが増えることで、使い切れずに残ってしまうでしょう。

また、余分な食材を買うことで、決めていた予算を超えてしまうことになります。買うものを決めていれば、1週間分のまとめ買いに必要な金額もだいたい決まってくるので、無駄な出費が増えることもありません。

冷蔵庫の整理と冷凍保存の活用で腐らせない

冷蔵庫の整理はきれいにできているでしょうか。子どもがいる家庭は、ジュースやゼリーなど、冷蔵庫のなかはたくさんの種類のもので溢れてしまいがちですよね。きれいに整理して、冷蔵庫のなかになにが残っているのか確認しやすいようにしておきましょう。

冷蔵庫をきれいすることで、パッと見ただけでなにが残っているのか分かりやすいだけでなく、日ごろから冷蔵にある食材把握しておくことができます。買い物に行ったとき、まだあるものを無駄に買い足してしまうことが少なくなりますよ。また、使い忘れて腐らせてしまうという失敗も少なくなるでしょう。

しばらく使わない食材やめったに使わない食材などがあれば、腐らないように冷凍保存をしておくのもよいですよ。

日持ちしない食材から使いきる

1週間でまとめ買い食材を無駄にせず使いきるためには、日持ちしない食材から使いきるということが大切です。

ただバランスのよい献立だけを考えていると、日持ちしない食材から使うということを忘れてしまいがちです。腐りそうになってから慌てて使ったり、気がついたときには腐らせていたりすることもよくありますよね。

まとめ買いをしたときには、早めに日持ちしない食材を使ったメニューを献立に盛りこんでいきましょう。1週間の後半になってから、日持ちしない食材がたくさん残ってしまうと、メニューを考えるのがむずかしくなりますし、偏った献立になってしまいます。

日持ちしない食材は買うときにも、たくさん買いすぎないように注意が必要です。

まとめ買いと1週間献立をたてるメリット

まとめ買いで食費の節約ができる

まとめ買いには食費を節約できるというメリットがあります。それは、無駄なものを買う回数が少なくなるからです。

たとえば毎日とか、週に何回かの買い物とかでも、買い物に行けば、「あれも安いから買っておこう」「ビールがなくなりそうだから多めに買っておこう」など、多めに買ってしまうことが増えます。また、子どもを連れていくと、家にまだお菓子があっても新しいお菓子をほしがることもありますよね。

買い物に行く回数が多ければ、それだけ「見ると欲しくなる」誘惑も増えますから、まとめ買いで買い物回数自体を減らすことが節約につながります。また、まとめ買いでは無駄なものを買うと、荷物が多くなりすぎて大変です。自然と必要なものしか買わない習慣になりますよ。

1週間で使いきるから冷蔵庫がすっきり

肉や魚、野菜などメインとなる食材は1週間で使いきりますので、冷蔵庫のなかがすっきりとします。調味料やドリンクなどはつねに冷蔵庫のなかにあるとは思いますが、1週間に1回すっきりとすれば、整理しやすく掃除もしやすいというメリットがあります。

冷蔵庫は食材のカスが落ちていたり、なにかでベタついていたりと、意外に汚れていますよね。食材を入れておく場所だから、1番きれいにしておきたい場所なのに、ごちゃごちゃした冷蔵庫だと掃除をする気にならないママも多いでしょう。

まとめ買いをして、買い物前の冷蔵庫のなかがすっきりしたときに掃除するようにすれば、面倒な掃除もあっという間にできます。また、新しくまとめ買いしてきても、入れる場所に困ることがないので便利です。

毎日献立に悩まなくてもよい

毎日の献立で悩んでいるママも多いのではないでしょうか。「昨日は肉を使った料理をしたから、魚にしようかな」「今日はみんななにを食べたいかな」など、買い物に行く前や料理する前になって考えることもあるでしょう。

これを毎日考えるのはけっこう大変で、考えるのが面倒です。1週間分の食材も買って、献立も決まっていれば、悩む時間がなくなり、スムーズに料理の準備をはじめられ、ほかの用事もはかどりますよ。

また、どれぐらいの時間がかかるのかも分かりますので、何時ぐらいから準備しはじめればよいのかが分かります。「30分ぐらい前から準備すれば丁度いいな」「煮込むのに時間がかかりそうだから、早めに支度をはじめよう」と、余裕のある時間配分ができます。

まとめ

まとめ買いをはじめたときは、買い忘れたものがあったり、買いすぎて残ってしまったり、大変かもしれません。でも、慣れてしまえばメリットがたくさんあり、買い物の回数を減らせるというのが楽ですね。

まとめ買いで時間とお金を節約できた分、子どもと遊ぶ時間も増やせますし、ママの自由な時間も増えるかもしれません。

インターネット上のレシピはとても参考になりますよ。料理本を買う手間も省けますし、つねに新しい料理も見つけることができますので、献立がマンネリ化することもないでしょう。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018