就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

授かり婚の意味とは?割合や両親への報告とメリットやデメリット

授かり婚の意味とは?割合や両親への報告とメリットやデメリット

近頃は有名人で授かり婚をする人も多く、結婚の一つのスタイルとして受け入れられてきているのではないでしょうか。結婚も赤ちゃんも同時にできて幸せいっぱいなイメージですが、大変な部分もあるのです。悲しい結果にならないよう、授かり婚を選択する前に知って欲しいポイントなどをご紹介します。

授かり婚とは?割合や両親への報告

授かり婚とは?名前の由来

授かり婚とは女性が妊娠したことをきっかけに入籍するスタイルです。「できちゃった結婚となにが違うの?」と思われるかもしれません。

「できちゃった結婚」は予期せぬ妊娠から、結婚を決めた場合を指しますが、「授かり婚」は2人が子どもを作ることに同意し、妊娠したタイミングで結婚することを指す言葉です。

今までは、結婚前の妊娠で結婚したケースは、できちゃった結婚のイメージが強くありました。授かり婚とは、もともと結婚の意思のあったカップルの妊娠、結婚するケースを区別するためにできた言葉です。

近頃は、結婚をすることに執着しない人が多くいますが、妊娠を結婚に前向きに踏み切るきっかけととらえ、授かり婚というスタイルをとる人が増えているといえるでしょう。

新婚夫婦の約4人に1人は授かり婚

厚生労働省が発表している統計の中の「母の年齢階級別にみた結婚期間が妊娠期間より短い出生」という欄を見ると、平成22年の出生数の約25%が授かり婚ということが分かります。

そして、ママの年齢が若くなるほど、授かり婚の割合が高くなっていきます。20代前半は約6割、20代後半で約2割、30代では約1割となっています。

年代があがるにつれ、婚前交渉が妊娠につながる可能性があるという認識が強くなったり、人生の計画を立てるようになったりして、結婚してから子どもを作ろうと考えるのかもしれません。

平成22年の時点ですでに約4人に1人が授かり婚だったのですから、授かり婚がめずらしくない今は、もっと増えていると考えられますね。

両親への報告はできるだけ早く済ませよう

授かり婚の場合は、結婚と妊娠の報告が同時になります。親世代の授かり婚への反応が心配で、報告をためらってしまうかもしれません。

しかし、妊娠月が進んでからの報告や、女性の親が報告前に妊娠に気づいてしまうと、とくに女性の父親の理解を得ることが難しくなることがあります。また、出産前に結婚式を挙げたい場合も、報告はなるべく早く済ませた方がよいでしょう。

報告は男女それぞれが自分の親へ報告し、その後、2人揃って女性の親へ、次に男性の親へ挨拶にいくことが一般的です。報告するときは、結婚のことを先に伝えてから、妊娠を伝えた方が、スムーズにいくようですよ。

なるべく早く親から承諾を得て、妊娠中のママの不安や心配が減らせるとよいですね。

授かり婚によるメリットを知ろう

結婚へのきっかけになる

授かり婚は、つき合いが長くなったり、結婚はしたいけどタイミングはつかめないというカップルにとって、結婚を決意するきっかけになります。

多くの女性の社会への進出により、結婚よりキャリアに魅力を感じる女性が増えています。その一方で男性にも経済的な不安や趣味を優先したいという方もいるようです。

しかし、漠然と「いつかは結婚をしたい」「子どもを持ちたい」と思っている女性や男性も少なくありません。女性の妊娠を機に、結婚をして子どもを持つということが、現実として考えられるようになります。

付き合いが長く、妊娠を機に結婚するカップルは、男性側も子どもに対し前向きにとらえ、出産後も子育てに協力的になる場合が多いようですよ。

周囲から結婚を反対されることが少ない

授かり婚の場合、ママのお腹にはすでに赤ちゃんがいる状態ですので、親が反対をすれば「赤ちゃんはどうするのか」という問題が残ります。

親にとっては酷ですが、たとえ付き合いに反対をしていた相手であっても、しぶしぶでも承諾するしかないというのが実情ではないでしょうか。

ママやパパが、反対されていてもこの人と結婚したいと思っていた場合は、結婚できるチャンスになるといえるでしょう。また、ママやパパにとっては、結婚相手のことや結婚の時期などのことを、あれこれいわれるわずらわしさが減るという部分もあります。

赤ちゃんがお腹にいることで、最初は喜んで賛成できなくても、最終的には協力的になってくれる親が多いようですよ。

結婚後の不妊に悩むことがない

結婚した夫婦の6組に1組が不妊で悩んでいるといわれています。テレビや雑誌で「妊活」という言葉がよく聞かれるように、妊娠に向けて様々な努力をしている夫婦は少なくありません。

なかなか妊娠せず、苦しい思いをしている人たちにとっては、授かり婚についての悩みは贅沢なのかもしれません。

授かり婚はすでに妊娠しているのですから、結婚後に赤ちゃんが欲しいのにできない、親に孫の顔を見せてあげられないのが心苦しい、といった問題が起こりません。

子どもに恵まれず、離婚をしてしまう夫婦もいるなか、子どもが欲しいと思っているカップルにとって授かり婚は、妊娠と結婚の嬉しいことがダブルでおこる、幸せな状況なのではないでしょうか。

授かり婚によるデメリットを知ろう

結婚式までの時間が少ない

授かり婚にはメリットもたくさんありますが、少なからずデメリットもあります。授かり婚で、出産前に結婚式を挙げたい場合は、限られた短い時間の中で結婚式場を見つけ準備を進めていかなくてはいけません。

春や6月などの人気のある時期は、空いている式場がなかなか見つからず、希望どおりの式場で結婚式を挙げられない可能性があります。

また、妊娠中は体型も変化していきますので、ウエディングドレスの選択幅も狭まってしまうかもしれません。妊娠中の体調が不安定な中で、結婚式の準備は大変です。パートナーや親に協力を求めましょう。

結婚式は自分たちにとってもけじめとなり大切です。幸せなスタートをきれるよう、思い出深い素敵な時間になるとよいですね。

経済面に不安がある場合が少なくない

子どもを作ることに同意して付きあっていたカップルでも、もう少し先と思っていたのに妊娠してしまったときや、年齢の若いカップルなどは、経済的に安定していない場合があります。

また、妊娠により体調が悪くなってしまうことや、予定どおりに仕事が続けられなくなり、収入が少なくなってしまうことがあります。

子どもを育てるにはお金がかかります。授かり婚をするときは、パートナーとお金についてよく話し合いましょう。

授かり婚には、短い期間に出産費用と結婚準備金の両方が必要になってきます。お金については話題に出しづらい面もありますが、子どもを養っていくことができるか、できれば妊娠前から話し合っておけるとよいですね。

授かり婚の離婚率が高いことに悩む

日本の離婚率は約30%で、結婚した3組に1組は離婚している計算になります。その中で、授かり婚のカップルの離婚率は約40%といわれていて、5組に2組は離婚をしていることになります。とくに10代の夫婦は、結婚後5年以内の離婚率は80%という統計があるほどです。

若い夫婦の離婚の原因は、社会経験が乏しいことや、金銭的に苦しいことなどが挙げられていますが、特に大きな原因としては夫婦2人の時間がほとんどとれず、子育てに追われる生活が始まってしまうことにあります。

結婚前に2人での時間を充分にとっていたカップルは、結婚生活が長続きする傾向があるとされていますので、授かり婚後も家族仲よく暮らすために、結婚前にできるだけ2人の時間をとりたいですね。

まとめ

「幸せならば、結婚して子どもを産むという順番にこだわらなくてもよいのではないか」と考える人が増え、妊娠がきちんとした結婚の「きっかけ」になってきています。

とくに、出産のタイムリミットが迫っている30代以上の女性の場合、妊娠を嬉しいハプニングと前向きにとらえることが多いようです。

とはいっても、授かり婚には難しい点もあります。自分たちだけではなく、子どもの幸せも関わってきますので、パートナーとしっかり向き合って、お互いの心構えや親の気持ちをきちんと確認し、幸せな授かり婚をしてくださいね。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018