就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

マザーズバッグは軽いものを選ぼう!メリットや選び方と人気アイテム

マザーズバッグは軽いものを選ぼう!メリットや選び方と人気アイテム

赤ちゃんとのお出かけは着替えやおむつなど、あらかじめ準備しておく物がたくさんありますよね。そのうえ、ママ自身の荷物もあるのでお出かけに使うマザーズバッグは軽いと助かります。今回は軽いマザーズバッグのメリットや選び方、ママに人気があるアイテムをご紹介しますので参考にしてくださいね。

軽いマザーズバッグを選ぶメリット

赤ちゃんと一緒でも移動がらくらく

赤ちゃんと一緒に出かけるとき、バッグの中の荷物が多くて重たいことがネックだと感じるママは多いようです。確かに赤ちゃんの着替えやおむつ、手のひらサイズのおもちゃ、軽食などをバッグに詰めこんでいるうちに予想外の荷物の重さに驚くことがあるかもしれません。

さらに抱っこ紐だけで出かけた場合は赤ちゃんとバッグの重さをママが1人で支えることになります。長時間の外出だと疲れを感じてしまいますよね。

ママがマザーズバッグに求める機能の中で多い意見は「軽さ」だそうです。マザーズバッグが軽ければ無駄な重さがないので、赤ちゃんと一緒でも移動をらくに感じることができますよ。

荷物が多くなりがちなママはマザーズバッグの軽さに注目してみてくださいね。

ママの身体に負担がかからないのが嬉しい

荷物の量を少なめに心がけてもバッグ自体が重いと、荷物を持つママの身体に負担がかかってしまいます。軽いマザーズバッグはママへの負担がかからないのが嬉しいポイントですよ。

毎日の育児で赤ちゃんを抱っこしたり、お世話をしたりしているママの身体には少しずつ、肩が凝ったり、腰が痛くなったりと負担がかかっています。

赤ちゃんのお世話に夢中でママ自身の身体のケアは後回しになるケースが多く、なかには重たい荷物を持つことに慣れてしまったり、負担を感じにくかったりするママがいるそうですよ。

赤ちゃんのために育児を頑張っていてもママが体調を崩しては台無しです。マザーズバッグは軽さを優先して、ママの身体に負担がかからないようにしましょう。

荷物がふえても軽いバッグなら快適

1歳くらいまでの赤ちゃんと一緒にお出かけをするママの荷物の重さは平均2~3kgだそうです。軽さを優先してマザーズバッグを選ぶと荷物が増えても快適に過ごすことができますよ。

マザーズバッグの中身はおむつや着替えなど、赤ちゃんの荷物が大半を占めることが多いものです。そのなかには消耗品もありますが、外出先で出たごみは持ち帰ることもあります。基本的に荷物が減ることはないと考えておくとよいかもしれません。

また普段は赤ちゃんに母乳をあげているママも、お出かけのときはミルクにすることもありますよね。そうなると白湯を持ち歩くママが多く、白湯を入れたボトルで荷物の重さが増してしまいます。

荷物が多くなりがちなママはバッグそのものが軽いと快適ですね。

軽さ以外にはどんな点を重視したらよい?

容量の大きさや収納力がどれぐらいあるか

マザーズバッグを選ぶ際に軽さ以外にも重視したいポイントがありますよ。いくつかご紹介しますので参考にしてくださいね。

赤ちゃんとのお出かけはママが気がつかないうちに、どんどん荷物が増えてしまうことがあります。特に初めての育児の場合は「外出先で足りなくなったらどうしよう」「これも持っている方が安心」と考えて荷物が増えるようです。

ママにとってバッグの容量の大きさや収納力は大切なポイントの一つでしょう。使い慣れた赤ちゃんのお世話グッズが入ることはママや赤ちゃんにとって安心です。

またポケット収納が充実していると便利です。赤ちゃんに必要な物をすぐに取りだすことができたり、哺乳瓶などを立てて入れることができたりすると助かりますね。

汚れを拭きとりやすい、又は洗える

赤ちゃんと出かけていると、急なハプニングで地面に荷物を置かなければならなかったり、ママが気がつかないうちに汚れてしまったりしていることがあります。またバッグの中で飲料がこぼれてしまったり、食べかけのおやつが散らばってしまったりするケースも耳にすることがあります。

お気に入りのマザーズバッグが汚れているとなんとなく気分が落ち込んでしまうかもしれませんね。

そこで重要になるのがマザーズバッグのお手入れ方法です。汚れが拭きとりやすいと、気がついたときにすぐ手入れができます。また洗うことができる場合は、全体的な汚れを落とすために定期的に手入れをするとよいでしょう。

お手入れのしやすいバッグを選ぶことも重要ですね。

丈夫で長持ちするものを選ぼう

マザーズバッグの機能やデザインが魅力的でもすぐに壊れてしまってはもったいないですよね。丈夫で長持ちするものを選んで赤ちゃんとのお出かけに役立てましょう。

マザーズバッグは早ければ妊娠前から使い始めるママもいます。また個人差がありますが、子どものおむつがとれて荷物の負担が軽くなる時期を目安に、3歳前後まで使うママが多いようです。

おむつのほかにも着替えや離乳食などの食べ物、ちょっとしたおもちゃなどを入れていると荷物が重くなります。持ち手の部分や、バッグの底面などの縫製が丁寧なことや生地がしっかりしていて耐久性に優れていることが望ましいですよ。

バッグに軽さと耐久性が備わっていると、安心して長く使うことができるでしょう。

軽くてお洒落な人気のマザーズバッグ3選

超軽量でポップなデザイン「マミールー」

最近はマザーズバッグの種類やデザインが豊富なので選ぶ楽しみがありますね。軽くてお洒落なマザーズバッグをご紹介します。

使いやすさに定評があるバッグブランドのルートートが手がける「マミールー」はママに嬉しい機能がたっぷりつまったマザーズバッグを展開しています。デザイナー自身がママということもあり、ママ目線でデザインされているのもポイントです。

本体の軽さはほかのマザーズバッグと比べても群を抜いているので、荷物が多くなりがちなママにとって優しいマザーズバッグですよ。シンプルなものからポップなものまで幅広いデザインが展開されています。デザインで迷う場合はパパが持つことも考えて選んでもよいですね。

洗えるトートバッグ「オーシバル」

1939年にフランスで生まれた「オーシバル」はシルクや綿の生地の生産からスタートしました。やがてTシャツや小物の製造を手掛けて人気となり、なかでもトートバッグはいまやブランドの代名詞にもなっています。そのトートバッグがマザーズバッグとしても注目されていますよ。

オーシバルのトートバッグは丈夫なキャンバス地で作られているので自宅で洗うママもいるようです。使うたびに味が出てくるのがキャンバス地の魅力ですが、汚れていると気になりますよね。定期的な手洗いや部分洗いできれいな状態を保つことができますよ。

また十分なマチがあるのでしっかりと自立し、型崩れを起こしません。実際に手にしてみると、見た目よりも軽くて持ちやすいことも嬉しいですね。

まとめ

最近はお店やインターネットショップでもマザーズバッグを見かけることが多くなりましたね。赤ちゃんとママがお出かけするシーンを考えて作られているので、機能性や使いやすさが魅力です。

マザーズバッグの種類が豊富なので選ぶときに迷ってしまうかもしれません。そのようなときは軽さに注目してみましょう。バッグ自体が軽いと荷物が多いママの負担になりにくいですよ。

さらに耐久性があると丈夫で長持ちするので安心して使うことができます。軽くて機能的なマザーズバッグで赤ちゃんとのお出かけを楽しみましょう。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR