就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

今さら聞けないLINEの使い方。基本操作やおすすめの活用術とは

今さら聞けないLINEの使い方。基本操作やおすすめの活用術とは

便利なコミュニケーションツールとして利用している人が多いLINEですが、今まで使ったことがない人にとっては、どう使ったらよいのか分からず困ることも多いですよね。使い方を今さら聞きにくいという方のために、LINEの基本操作やトーク機能のさまざまな使い方、便利な活用術をご紹介します。

まずはLINEの基本を知っておこう

LINEはスマホとパソコンで利用できる

LINEといえばスマホのアプリというイメージが強くありますが、スマホだけではなく、パソコンでも利用できます。以前はスマホで利用登録をした後にパソコン版のLINEアプリをダウンロード、インストールをして利用する必要がありましたが、スマホなしでもパソコン版LINEの利用ができるようになりました。

スマホでの入力が苦手というママや、普段パソコンを利用することが多いというママなら、パソコン版のLINEの方が使いやすいかもしれません。

スマホ版のLINEとパソコン版のLINEは同期(設定などを共有すること)させることができるため、外出先ではスマホ、自宅ではパソコンといった利用も可能です。タブレットでも利用ができます。

トーク以外にも便利な機能盛りだくさん

メッセージを送りあう「トーク」が基本的な機能としてありますが、LINEにはトーク以外も便利な機能が盛りだくさんです。

「通話」もLINEの便利な機能の一つです。インターネット回線につながっていれば、通話料金を気にせずに音声通話やビデオ通話ができます。ただし、通信費はかかるのでwi-fi環境以外では注意が必要です。

数人のお友だちと遊ぶときに、スケジュール調整を行える「LINEスケジュール」や、日程が決まったイベントの参加・不参加を募り、参加者に一斉に通知を送れる「イベント」などの機能は、大人数のグループでは利便性が高くなります。

ポイントカードをまとめておける「マイカード」も、たくさんのカードを持ち歩いたり探す手間が減らせる便利な機能です。

まずは友だち追加でつながりを持とう

LINEでメッセージをやりとりするためには、メッセージのやりとりをしたい人を、「友だち」として追加する必要があります。その方法をご紹介します。


すぐ近くに「友だち」に追加したい人がいる場合には、QRコードを使った追加が便利です。LINEの画面の中には、人のシルエットのマークに「+」が重なっているアイコンがあるので、ここをタップします。すると、左から2番目に「QRコード」というアイコンがあるのでタップします。

追加したい相手のQRコードを、自分のスマホのカメラをかざしてQRコードを読み取れば追加できます。

相手の「LINE ID」や電話番号がわかれば、検索して「友だち」追加することもできます。

LINEのメイン機能トークの使い方

相手にメッセージを送ろう

「友だち」に登録した相手とのやりとりは、「トーク」という機能を利用して行います。初めてトークを利用するときには、まずLINEの画面を開き、人のシルエットのアイコンをタップして友だちの画面を開きます。

友だちのリストの中から、メッセ―ジを送りたい人をタップすると、左下に「トーク」という吹き出しのアイコンがあるので、ここをタップします。

メッセージは1番下にある楕円形の窓をクリックすると書き込めるようになります。メッセージを入力した後に、右側の三角形の紙飛行機マークをタップすると送信できます。

緑色の背景のメッセージが自分の送信したもので、相手から送信されてきたメッセージは、左側の白い吹き出しの中に表示されます。

スタンプを使って気持ちを伝えよう

文字以外にも、LINEではイラストなどを使った「スタンプ」というメッセージが送れます。

メッセージを入力する楕円形の窓の右側にあるスマイルマークをタップすると、下側にキャラクターが表示されます。このキャラクターをタップすると、キャラクターとメッセージを入力する窓の間に、「スタンプ」の絵柄が並びます。この中から、今の自分の気持ちに近いイラストをタップすると、相手に「スタンプ」が送信されます。

スタンプにはいろいろな種類があり、「スタンプショップ」で購入ができます。LINEアプリを開いたときに出てくる画面の右側にあるお財布のアイコン「ウォレット」をタップすると、メニューのなかに「スタンプショップ」が出てきます。無料でもらえるスタンプもありますよ。

画像や動画を送ってみよう

LINEでは画像や動画も送れます。スマホの中に保存してある画像や動画だけでなく、リアルタイムで撮影した画像や動画も送信できます。

スマホ内に保存してある画像や動画を送信するときには、メッセージを入力する楕円形の窓の左側にある、四角い枠の中に山のような絵が描かれたアイコンをタップします。すると、画面の下半分くらいにスマホに保存してある画像や動画の一覧が表示されますので、送信したい画像や動画をタップし、表示される「送信」の文字をタップします。

リアルタイムに写真や動画を撮影したものを送りたいときには、カメラの絵のアイコンをタップして、写真を撮影したり、動画を撮影したりして右下に表示される紙飛行機マークをタップすれば送信できます。

ママにもおすすめしたいLINE活用法

幼稚園関連の連絡にはメッセージ一斉送信を

LINEでは1対1で個別にメッセージのやりとりを行う「トーク」以外にも、複数人でメッセージのやりとりができる機能があります。このような機能を使うことで、大勢の人に一斉にメッセージが送れます。幼稚園関連の連絡などを一斉に送りたい場合には便利です。

複数人でのメッセージのやりとりをするには、「グループ」機能を使うか、招待をして「複数人トーク」を行うかの二つの方法があります。「グループ」は招待後に相手が「参加」をしてくれないとメッセージのやり取りができませんが、「複数人トーク」は招待をするとすぐにメッセージのやりとりができます。

一時的なら「複数人トーク」、継続的なら「グループ」、と使い分けてもよいですね。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • teniteoFC
  • 2040pj