就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どもの海遊び用水着を選ぼう!タイプ別の特徴や便利な小物

子どもの海遊び用水着を選ぼう!タイプ別の特徴や便利な小物

夏が近づいてくると、たくさんの水着が並び始めてワクワクしますよね。子どもとの海遊び、せっかくだったら可愛い水着を着せたいと思うママも多いことでしょう。でも色々なタイプがあって、一体どれを買えばいいのか分からない方も多いのではないでしょうか。そこで、ここでは水着の種類や選び方をご紹介していきます。

女の子用水着、タイプ別のメリットあり

着替えやすさ抜群、ヘルシーなビキニタイプ

「ビキニタイプ」のよいところは、何といっても着替えやすさです。水着は濡れると脱がせにくくなりますが、ビキニタイプはさっと下だけ脱がすことができるので、途中でトイレに行くときも楽ですよ。

とくに1、2歳の頃は身長がどんどん伸びて洋服もサイズアウトが早いのが悩みどころですよね。そんな時期にもビキニタイプはおすすめです。多少大き目のものを買って着せてもよいでしょう。ただあまりにもぶかぶかだと、気がついたら脱げてしまっていたなんていうことになりかねません。そういうときは胸を覆う部分が長めのものを選んでおけば脱げにくいですよ。

肌が見える部分が多いので、身体が冷えすぎたり、日焼けしすぎないように対策はしっかりしてあげましょう。

冷えを防いで脱げにくいワンピースタイプ

ビキニタイプもかわいいいけれど、お腹を冷やすと風邪をひいてしまうのではないか心配なママも少なくないでしょう。そんなときは「ワンピースタイプ」を選んではいかがでしょうか。このタイプはどれだけ動いてもお腹が見えることはなく、体温を下げすぎる心配も少ないですよ。皮膚をおおう面積も広く、紫外線からも守ってくれます。

インターネットや通販で買うときはサイズが合わないのではないかと心配になりますよね。そんなときは口コミでお腹周りのサイズ感なども確認しておくとよいですよ。また、肩紐が調節できるものを選べば、多少の調整はできるので安心です。

ワンピースタイプなら、元気に動き回る子どもでも水着が脱げたり、無くしてしまったりする心配も少ないですね。

派手色で迷子防止!砂が入っても目立たない

シーズン真っ只中の海水浴場はたくさんの人でにぎわっています。家族連れもたくさんいるので、ちょっと目を離した隙に自分の子どもを見失ってしまった経験がある方もいるのではないでしょうか。

迷子防止には派手色の水着がおすすめです。人混みの中でも目立つので子どもを見つけやすいですよ。女の子の水着はフリルやリボンがついていて種類もたくさんあります。他の子どもとかぶらないような派手めの色味を思い切って選んでみましょう。大人が着ると「目立ちすぎちゃうかな?」と思うようなデザインでも、小さい子どもが着れば元気でかわいらしい印象になりますよ。

派手の色やデザインの水着は、砂がついたりしてもあまり目立たず、カビのように見えてしまうこともありません。

男の子はかっこいい水着で目立とう

海デビューにはグレコタイプが人気

次に男の子の水着をご紹介します。

男の子の水着にも、女の子同様に種類があります。「グレコタイプ」はその一つで、ワンピースタイプのようにお腹の部分で上下がつながっている水着です。メーカーによって呼び名が違うこともあるようですが、「ロンパース」とも呼ばれているようです。

特に海デビューをこれから考えている小さな子どもは、体を冷やさないこのグレコタイプがおすすめです。水遊び用のおむつを替えるときに便利なスナップが股下についているデザインのものもあるので、店頭やインターネットで色々みてみましょう。男の子の水着はリボンなどはついていませんが、小さい子どもに似合うかわいらしいデザインのものもたくさんありますよ。

サーフショーツは好みのデザインを選ぼう

様々なデザインがあるのは「サーフショーツ」のタイプではないでしょうか。オーソドックスな形で、大体膝くらいまでの長さがあるものが多いです。少しゆるくても履けるので、子どももゆったりとした着こなしができるでしょう。着替えもとっても簡単です。多くのデザインが販売されているので、好きなキャラクターのものを選んでもいいですね。

室内プールなどの屋根がある場所であれば、サーフショーツだけ十分です。しかし、海水浴場などの屋外で着用する場合は、ラッシュガードなどで上半身を紫外線から守ってあげましょう。サーフショーツだけで過ごしていたら、気がつけば熱中症になっていたなんていうことにはならないように気をつけましょうね。

ボクサータイプなら足さばきも抜群

サーフショーツよりも少しタイトで、丈が短いものが「ボクサータイプ」です。このタイプは足周りがもたつくことがないので、水中でも足が動かしやすいです。ある程度大きくなって水中で遊んだり泳いだりするのが好きな子にはボクサータイプがいいでしょう。

このタイプはサイズ選びが大切です。あまり大きいのを選ぶとサーフショーツと変わらない感じになってしまうし、小さすぎると水中での動きの妨げになるかもしれません。水着の機能を考えるとジャストサイズを選ぶのがよいでしょう。サイズアウトが早い1、2歳よりも少し大きい子どもにおすすめです。

サーフショーツと同様に、上半身が無防備になりますので紫外線対策はしっかりしておきましょう。

水着と合わせて使いたい!便利な小物

帽子はつば広や首まで覆うものがおすすめ

小さな子どものデリケートな肌は、紫外線対策をしてしっかり守ってあげましょう。

頭上から降り注ぐ太陽の光は体力をじわじわと奪っていきます。気がつけば首の後ろが日焼けで真っ赤にはれていたなんていうこともあるかもしれません。帽子は必須アイテムですね。

帽子の後ろの部分にハンカチのような日よけがついたものがあります。このタイプは首の後ろをしっかりと紫外線から守ってくれます。日よけの部分を取り外しできるものもありますので、季節や天候に合わせて調整できます。

また、つばが広いものだと顔も守ってくれるのでさらに安心ですよ。日よけ機能のしっかりした帽子は、海だけではなく公園などの外遊びのときにも活躍します。

冷えと日焼け対策にラッシュガードが便利

海で思いっきり子どもを遊ばせるなら、ラッシュガードがあると安心です。強い日差しから子どもを守るための必需品ともいえるでしょう。体温の低下やクラゲや虫に刺されるのを防いでくれます。

ラッシュガードは体にフィットするように作られています。水に濡れると少し伸びてゆとりが出るので、ジャストサイズを選んだほうがよいです。ただ、1、2歳くらいの時はすぐにサイズアウトしてしまうので、ワンサイズ大きいものを選んでもいいでしょう。

フロントジップタイプのラッシュガードだと着替えが楽です。他にもフード付きのものや、手の甲までガードする指穴あきタイプもあります。かぶりタイプはジップ部分のごわつきがないので、着心地がよさそうですよ。

脱げにくく歩きやすいマリンシューズ

「マリンシューズ」はアクアシューズとも呼ばれ、夏のレジャーの必需品です。足元を取られやすい砂浜でも、マリンシューズがあれば歩きやすく、濡れてもいい素材なのでそのまま海に入っても大丈夫ですよ。お手入れも簡単です。

つま先からかかとまできちんとガードされているものを選べば、海岸に落ちている貝殻や石などを踏んでしまっても安心です。シーズン中は思わぬゴミが落ちていることもあるので、子どもの足を守ることができますね。

砂浜だけではなく、岩場で蟹や小魚を探して遊ぶとき、苔が生えていたら特に滑りやすく心配ですよね。マリンシューズは底部分が滑りにくいゴムでできています。歩きにくい岩場でもグリップ力があるので安心ですね。

まとめ

シーズン近くになると、たくさんの水着があり悩んでしまうと思いますが、子どもと一緒に選ぶところから楽しんでくださいね。パパやママと選んだ水着だと、子どもの嬉しさも倍増しますよ。

子どもとの海遊び、少しでもたくさんの思い出を作ってあげたいですよね。お気に入りの水着があればとても楽しんでくれることでしょう。ラッシュガードや帽子などで紫外線対策もしっかりとしてあげて、子どもが笑顔で思いっきり遊べるようにしてあげたいですね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • 月あかりの映画祭2018