就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

コインランドリーの乾燥機はこんなに便利!子育て中のママの活用術

コインランドリーの乾燥機はこんなに便利!子育て中のママの活用術

コインランドリーの乾燥機を賢く使うコツ

子どもの衣類が傷まないように乾燥は適度に

コインランドリーの乾燥機はパワフルで便利ですが、力が強いぶん、子どもの衣類が傷んだり、縮んだりしてしまうことがあります。

お気に入りの服が傷んでしまったら悲しいですよね。実際、乾燥機使用による傷みを避けるために、半分以上乾いたらあとは自宅で乾かすというママもいます。7〜8割乾いたら、あとは家で陰干ししても臭いは発生しないようです。

おしゃれ着やお気に入りの服など、乾燥機NGと書いてある服もあります。事前に確認しておきましょう。また、40分以上の長めの乾燥は、衣類が傷み可能性が高くなるので、傷んだり縮んだりしても大丈夫な服に限定しましょう。時間はかかりますが、低温を選べる場合は低温にすると、生地や洋服の傷みを抑えることができますよ。

寝具など大きいサイズの物は途中で裏返そう

布団をコインランドリーの乾燥機で乾かす場合は、乾燥の途中で布団を裏返しましょう。布団や寝具は厚みがあり、大きいですよね。そのままにしておくと、「内側の部分だけ半乾き」などということが起こる可能性が高まります。

例えば、乾燥に50分かかる布団であれば、まず1回目の乾燥を20〜30分で行います。1回目が終わった時点で1度布団を裏返して、2回目の乾燥を20〜30分やります。もし、2回目が終わっても湿り気を感じるようであれば、さらに追加で10〜20分ほど乾燥させましょう。

布団をしっかり乾かせば雑菌やダニ対策にもなります。ひと手間かかりますが大切なことなので、布団や寝具など大きいサイズの洗濯物は途中で裏返すようにしましょう。

乾いたバスタオルを1枚入れると乾燥が早い

お風呂上がりにドライヤーで髪を乾かすとき、タオルで拭きながらだと早く乾きます。これはコインランドリーの乾燥機を使うときにも応用できる方法です。

コインランドリーの乾燥機の中に乾いたタオルを1枚入れると、乾いたタオルがほかの洗濯物の湿気を吸収してくれるのです。その結果、乾燥が早くなります。

洗濯物の量によりますが、乾いたバスタオルを1〜2枚入れれば、乾燥時間を10分ほど短縮することも可能です。1分でも早く乾かしたい場合や、少しでも節約したいときには、きれいで乾いたバスタオルを持っていくと、効率的に乾燥させることができますよ。吸水性の高いバスタオルだと、さらに効果が高まり、乾燥時間をより短縮できるでしょう。

まとめ

コインランドリーの乾燥機の活用方法を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

コインランドリーの乾燥機を使うと、より清潔に、短時間で洗濯物を乾かすことができるということが分かりました。

コインランドリーは大型スーパーと隣接している場合も多いので、乾燥機を回している時間に買い物を済ませることもできます。しかし、乾燥が終わって、長時間洗濯物を放置していると、次に使いたい人に迷惑をかけるので注意しましょう。

賢く活用して、ママの家事の負担を減らすことができるとよいですね。
29 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事



  • 月刊ポピー
  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND