就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

学資保険に加入するメリットは?ママが知りたい学資保険のいろいろ

学資保険に加入するメリットは?ママが知りたい学資保険のいろいろ

子どもが将来どんな進路を選ぶのか…。選択肢を狭めないためにもある程度の教育資金は準備しておきたいですよね。教育資金といえば「学資保険」を連想するママも多いでしょう。子どもの将来のためにも、学資保険とはどういったものなのか、メリットやデメリットを含め理解していきましょう。

学資保険についてどのくらい知ってる?

学資金を準備するための貯蓄型の保険

子どもはとてもかわいいですが、育てていくにはお金がかかるのも事実です。幼い時期は「衣食住」中心ですが、成長して就学・進学していくと、家計においての「教育費」のウエイトが大きくなっていきます。

将来かかるであろう学資金を、子どもが小さいうちから計画的に貯蓄していくための金融商品が「学資保険」です。ほかにも定期預金や株・投資信託など、様々な貯蓄方法がありますが、学資保険は「子どもの教育費の貯蓄」に特化した保険というところが特徴です。

一般的な定期預金は金利が低く運用性に欠けます。運用で資金増が見込める株や投資信託は、リスクが大きくなる可能性があります。その点学資保険は返戻率(支払い額に対する受取金額)が一定で低リスクなところが魅力です。

子どもの教育資金の相場は年々アップ

子どもが大学を出るまでにかかる教育資金とは、どの程度なのでしょうか。教育費は「国公立」か「私立」によって大きく変わります。

幼稚園から大学まですべて国公立に入学した場合…約1,000万円
幼稚園から大学まですべて私立に入学した場合…約2,500万円
※学費・給食費・習いごと費・通学費なども含む

ちなみに、大学は「文系」と「理系」で150万円ほど差があります。「医科歯科系」に進学すると、上記に加え約2,500万円以上がかかります。場合によっては、1人暮らしするための下宿費用も必要になるでしょう。

学費だけでなく、塾や習いごとにかかる費用の相場は年々増加傾向にあります。子どもがどんな進路を歩むのか、大まかにイメージしておいた方がよいかもしれませんね。

学資保険の目的について

学資保険の一番の目的は「子どもの教育資金を準備すること」にあります。教育費のピークは「大学入学前」である18歳が一般的なので、このタイミングで満期の受け取りをするという設定が多いようです。

しかし、「中学受験する」「高校から私立に入れたい」などの場合、それぞれ必要なタイミングで「教育準備金」「入学祝金」などの名目で保険金を受け取ることも可能です。一度契約すると途中変更は難しいので、保険加入のタイミングで保険金受取り時期についてよく考える必要があるでしょう。

また、学資保険は契約者(パパやママ)に万一のことがあった場合、残りの保険料払い込みが免除されるという点も特長です。子どもが進学するのに必要な資金がしっかりと保障されているというのは安心ですね。

学資保険のメリットやデメリット

貯蓄性に優れ強制的にお金が貯められる

子どもが生まれるまでは、貯蓄といえば「銀行預金」と考えていたパパママも少なくないでしょう。しかし、銀行の普通預金や定期預金は比較的自由度が高く、いつでも引き出せてしまうという点が、教育資金としてはデメリットになりかねません。

その点学資保険は途中解約すると元本割れしてしまうため、手をつけることなく貯蓄していける可能性が高いといえます。さらに「子どものためのお金」という意識もあるため、解約せずに満期までしっかり貯蓄することができるでしょう。

もともと「貯蓄が苦手」というタイプのパパやママでも、学資保険なら着実にお金が貯められます。毎月給料日の直後に銀行の口座から自動引き落としになるようにしておけば、強制的に貯蓄ができるでしょう。

パパの税額控除を受けることができる

定期預金で発生する利子には約20%の所得税がかかっています。それに対して学資保険は、「生命保険」としての扱いになるため、支払った保険料が所得から控除されるというメリットがあります。

控除額は年間の保険料払込み金額の合計によって変わります。上限が「8万円」(そのほかの死亡保険や養老保険などとの合算)と決まっており、この場合一律4万円が所得から控除されます。

例えば、課税所得金額500万円のパパが、月々1万円の学資保険に加入していた場合、年間でおよそ8千円の節税になります。微々たるものですが、学資保険期間が18年と考えると8千円×18年=14万円以上も得する計算です。年末に保険会社から届く「生命保険料控除証明書」を必ずパパの勤め先に提出しましょう。

資金が長期間拘束され中途解約は元本割れも

学資保険には「貯蓄性が高い」というメリットがある反面、デメリットもあります。満期を迎えるまで資金が長期拘束されてしまうという点です。

「予定していた進路を変更したので早く教育資金を受け取りたい」「マイホームを買うことになったので資金が必要」など、急にお金が必要になったときに簡単に引き出せないのです。もし契約途中で解約することになったら、多くの場合は「元本割れ」してしまうでしょう。

「元本割れ」とは、払い込んだ金額よりも受け取る金額が少なくなってしまうこと。将来どんな形で資金が必要になるかはわかりません。すべての貯蓄を学資保険に頼るのは少し不安ですね。定期預金や株・投資信託、外貨預金など様々な金融商品に分散して貯蓄するのもよいかもしれません。

パパやママに人気の学資保険3選

高い貯蓄性ソニー生命「学資保険スクエア」

数ある学資保険商品の中で、非常に人気が高いのがソニー生命の「学資保険スクエア」です。人気と満足度が高い理由は、なんといっても「返戻率」の高さ。ほかの保険商品に比べてかなり高い返戻率となってます。

ソニー生命は契約するにあたって資料請求をしたり、ネットで申し込んだりといったことができません。契約には必ずソニー生命のライフプランナーと面談する必要があります。それは、各家庭に合ったオーダーメイドの保険を面談しながら設計していくためです。

保険料払い込みのプランや、学資金受取りのタイミングなどを、ライフプランナーと相談しながら決めることができるのは、高い返戻率とあわせて非常にメリットが高いといえます。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC