就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どもは冬でも薄着で平気?ポイントを押さえて風邪に負けない体に

子どもは冬でも薄着で平気?ポイントを押さえて風邪に負けない体に

寒さ厳しい冬の季節。「子どもは薄着がよい」とよく聞くけれど「薄着にさせて風邪をひいてしまわないか」「どこまで薄着にさせるべきなのか」とママは悩みますよね。薄着がよいとされる理由、注意したい点、薄着にさせるポイントや体を温めるコツをご紹介します。

薄着にさせるのは本当によいことだけなのか

寒い冬にも薄着がよいといわれる理由

薄着のメリットは、皮膚が気温の変化を感じやすくなることにあります。暑さ・寒さを敏感に感知し、血管が収縮・拡張を繰り返すことで、体の体温調節機能が養われ、自律神経のバランスが整ってきます。自律神経が安定すると免疫が高まり、病気を予防したり、貧血、頭痛、低体温、下痢、便秘といった体の不調が起こりづらくなったりするのです。

子どもは、自律神経が未発達なため体温調節が苦手です。その上、新陳代謝が活発で、体温が上がりやすくなっています。厚着をすると、汗をかいてかえって冷えてしまう可能性もある上に、寒さを感じづらくなるため、自律神経の発達をさまたげるおそれがあるのです。

ほかにも、薄着は活発な子どもの動きを邪魔しないというメリットもありますね。

冷えやすい体質の子には逆効果になる

「体温調整機能が養われる」「自律神経が安定して免疫が高まる」「動きやすい」と薄着のメリットは多くありますが、注意しなければいけないのは冷えやすい体質の場合です。

子どもは、新陳代謝が活発な一方で、体温調節が未熟なために気温の変化に弱く、体から熱が奪われやすいという一面もあります。服を着ることで、体から熱を逃さず保温をする役割を果たしているのです。

冷えやすい体質の子どもが薄着になると、ますます体が冷え、血の流れが滞ります。免疫力が上がるどころか、血流と一緒に免疫細胞が全身に行き渡りづらくなり、抵抗力が弱くなってしまいますよ。

このため、むやみに薄着にさせるのではなく、子どもの体質やその日の気温・天気を見極める必要があるのです。

子どもの体質や冷えに気づくには

子どもが冷えやすい体質なのか、体が冷えているかを見極める方法で一番わかりやすいのが、平熱を知ることです。普段の体温が36.5℃以下の場合は、冷え性の可能性がありますよ。

ほかにも「顔色が青白い、血色が悪い」「いつも鼻水を垂らしていて、風邪を引きやすい」「嘔吐、下痢をしやすい」「いつも手足が冷えている」「お腹を触るとひんやりしている」「寝付き、寝起きが悪い」「癇癪をよく起こす」という症状も、冷えが原因である場合があります。

特に低年齢の子どもは、体温調節が未熟なゆえに、寒いときに心臓や臓器など体の中心に血管を集中させます。このため、末端である手足が冷たいことがありますが、常に手足が冷えていたり、お腹や背中まで冷えていたりする場合には要注意です。

薄着にする前にやっておきたい体の温め術

外遊びで全身の筋肉を使う習慣を作ろう

病気の予防や治癒に必要な「自己免疫力」は、体温が36.5~37℃に保たれている状態のときに体内で活発に働き、体温が1℃下がるごとに30%も低下するといわれています。安易に薄着にする前に、まずは子どもの体を温める工夫をし、自己免疫力を働かせるようにしましょう。

子どもの体温を高めるのにもっとも効果的なのが「全身の筋肉を使うこと」です。運動をして筋肉を使うと、血のめぐりがよくなります。「血行をよくして体温を上げる」「発汗・放熱して体温を下げる」という体温の上げ下げ=体温調節を活発にすることで、自律神経のバランスを保ち、免疫力を向上させます。

寒い時期は室内にこもりたくなりますが、なるべく屋外で、たくさん体を動かすことを習慣づけるようにしましょう。

湯船や腹巻で体の芯から温める工夫を

昔から「疲れを取る」「体を芯から温める」といわれているお風呂。湯船につかると、全身が温まり血流・代謝がよくなることはもちろん、汗をかくことで体温調節を促します。38~40℃くらいのぬるめのお湯にじっくり浸かるのが理想的です。

また、腹部を効率的にあたためられる腹巻きもおすすめです。腸や内蔵など臓器が集中する腹部を温めると、血流が流れやすくなり、代謝や体温があがります。冷え防止にも効果的ですね。

一方で蒸れるため、あせもになりやすいという懸念点もあります。肌着やパジャマの上から着用する、汗をかきやすい日中を避けて就寝時に着用するなどしましょう。就寝時に腹巻きをすると、寝冷えによる便秘や下痢、おねしょ予防にもなりますよ。

温め食材を取り入れて免疫力をアップ!

食べ物には、体を温めるもの(陽性食品)と冷やすもの(陰性食品)があるのをご存知でしょうか。陽性食品を積極的に取り入れ、体質改善するのもよいでしょう。

陽性食品は「寒冷地が特産のもの」「土の中で育つもの」「固いもの」「黒・暖色系のもの」という特徴があります。たとえば、人参などの根菜類、ごま、ひじき、鮭、醤油などです。

逆に「温暖地が特産のもの」「地上で育つもの」「柔らかいもの」「水分・油分の多いもの」「白・寒色系のもの」は陰性食品にあたります。バナナ、葉物野菜、パンなどです。

なお、牛乳は陰性ですが、発酵し固いチーズになると、陽性になります。また、豆腐は陰性ですが、陽性である生姜や醤油をかけることで、体を冷やしすぎずに摂り入れることができますよ。

薄着で過ごすためのコツは「頭寒足熱」

自分で着脱できる脱ぎ着しやすい服にする

薄着のコツは、少ない枚数の厚い服を着るよりも「薄手の服を重ね着すること」です。重ね着することで、空気の層ができるため保温性が高まります。

薄手の服であれば、暑いとき寒いときに一枚着る、脱ぐ、と衣服を増減することで、段階的に体温調節ができます。暑くなったから厚手のニットを脱いだら肌着一枚…という状態ではさすがに寒いですよね。

また、子どもが自分で脱ぎ着しやすいシンプルな構造かどうかもポイントです。子どもの自己管理能力の育成にもつながりますよ。

子どもが自分で脱ぎ着しづらい、動きを邪魔する、引っかかる、つまずく危険性があるという理由から、大きすぎるサイズの服やリボンなどの装飾が多い服、ボタンが背中側にある服、ピッタリしたきつい服などは避けましょう。

肌着は薄着ファッションのポイント

薄着だからこそ、肌着は必要です。肌着を着ることで、薄着でも保温性が保たれます。厚手だと暑いときに調節しづらい、上に服を重ねるときに響くという点から、寒冷地でない場合は、薄手の生地がよいでしょう。同様に、タートルネックの肌着も調節しづらいといえます。

また、直接肌に触れるものなので、肌に優しい綿100%の素材がよいでしょう。綿は、通気性・吸湿性にもすぐれています。綿素材の中でも、通年重宝する「天竺」、ソフトな肌触りで吸湿性・通気性にすぐれた「スムース」、ほどよい厚みで保温性が高い「フライス」などが冬の肌着にはおすすめですよ。

冬には、ヒートインナーもよく見かけますが化繊のものが多いので、肌との相性や通気性・吸水性を考慮して選びましょう。

「首」のつく部分は意識して温める

「首」「手首」「足首」の3カ所は、体温調節において重要とされる部位です。皮膚が薄く太い血管が通っているため、熱の影響を受けやすく、温めることで末端への血流を促します。

この3カ所を温めるアイテムは、マフラー、ネックウォーマー、手袋、長めの靴下、レッグウォーマーなどが挙げられますね。「外遊びの際は、マフラーよりも引っかかるリスクの少ないネックウォーマーを選ぶ」「年齢が小さいうちは、自分で着脱しやすいミトンタイプの手袋にする」「慣れてきたら、指先が使いやすい5本指タイプや指先に穴が空いたタイプの手袋にする」など、状況や年齢に応じてアイテムを選択しましょう。

また、臓器に近い背中やお腹も冷やさないように心がけたいですね。

まとめ

薄着には、皮膚感覚を鍛え、体温調節機能や自律神経を整えるというメリットがあります。ただし、体が冷えていないことが薄着になる条件です。

冷え性の可能性がある場合には、まずは体質改善に努めましょう。また、真冬、急に枚数を減らしたり薄手の服に変えるのではなく、初秋のうちから厚着にしないように心がけるなど、徐々に慣らしていくことも大切です。

性格的に寒さが苦手という子どももいます。薄着を強要するのではなく、体質や性格、天候・気温に応じて柔軟に対応し、子どもが快適に過ごせるように心がけてあげましょう。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • クリスマスプロジェクト2018