就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

ママが欲しいおしゃれな車!選ぶポイントや国産車、輸入車の紹介

ママが欲しいおしゃれな車!選ぶポイントや国産車、輸入車の紹介

買い物の足や保育園の送迎などに活躍する車は、子育て世帯にとって「生活必需品」のような存在です。しかし、いざ車を選ぼうとすると、運転のしやすさ、燃費のよさ、荷物の乗せやすさ、デザインなど、選ぶポイントが多くて悩んでしまいますよね。今回はママに人気のおしゃれで実用的な車や車の選び方を紹介します。

ママたちが選ぶおしゃれな車のポイント

狭い場所でもスライドドアならゆったりと

ドアが横に開くスライドドアの車はママに人気が高く「車を選ぶなら絶対スライドドア」というママもいます。

一般的な開き戸タイプのドアは、ショッピングセンターの駐車場など隣の車との距離が近い場所ではドアを大きく開けることができません。赤ちゃんをベビーシートに乗せるときに不自然な姿勢になって腰を痛めることもあります。

しかし、スライドドアなら狭い場所でもドアを大きく開けることができるので、窮屈な思いをしながら子どもや赤ちゃんを乗り降りさせる必要がありません。

また、両手に荷物を持っているときや子どもを抱っこしているときもドアを開けやすいこと、子どもが自分でドアを開けるようになっても隣の車にドアをぶつける心配がないことも魅力ですね。

コンパクトカーはおしゃれで運転しやすい

軽自動車、ミニバン、SUV、セダンなど、車にはいろいろな種類がありますが、子育て中のママにおすすめなのは、運転がしやすくおしゃれなデザインが多いコンパクトカーです。

車種によって違いはあるものの、コンパクトカーは軽自動車より大きく、家族全員が乗っても荷物を積むことができるスペースがあり、ミニバンよりも小さくて取り回しが楽という特徴があります。

また、近年人気が高まっている車種ということもあり、ハイブリッド、トールタイプ、4WDなど、さまざまなタイプが展開されています。小さめで女性にも運転しやすいことから、女性向け、ママ向けのデザインや内装に特化した車もありますよ。

車体価格も比較的安く、燃費がよい車が多いのも魅力ですね。

抱っこでもスマートキーで楽に乗り降り

子育てをしていると、子どもを抱っこしたり手を繋ぎながら荷物を抱えているなど、両手がふさがった状態で車のドアを開け閉めしなくてはならないということがあります。

一般的な「キーレス」の場合、ドアを開けるためにリモコンについたボタンを押さなくてはなりません。両手がふさがった状態ではポケットに入ったキーを取り出すのも一苦労ですよね。

ポケットやバッグにキーを入れたままでもドアノブに触っただけでロックが開く「スマートキー」であれば、子どもを抱っこしたままでも簡単にドアを開けることができます。

さらに、スイッチを押すだけでドアが開く「オートスライドドア」と組み合わせると、ドアの開け閉めでストレスを感じることがありません。

ママに乗ってほしいおしゃれな国産車3選

色合いがよい「ダイハツムーブキャンバス」

小さなバスのような外見がかわいい「ダイハツムーブキャンバス」は、定番のパールホワイトのほか、ライトミントやライトローズ、ブラックマイカなど色合いのよさが魅力の軽自動車です。

エクステリアは全体が1色の「モノトーン」と、2色の組み合わせが楽しい「ストライプ」の2種を選ぶことができます。

また、インテリアはドアポケットやシートバックポケット、バッグをかけるのに便利なショッピングフックなど収納がたっぷりついて軽とは思えない大容量になっていますよ。

さらに、一部仕様を除き、ドアスイッチを押すだけでロック解除とドアオープンができるスライドドアを両側に装備していますので、抱っこで両手がふさがっていても安心ですね。

大型バギーもラクラク「マツダCX-5」

ガソリンとクリーンディーゼルの2種から選べる「マツダCX-5」は、洗練されたデザインと高い走行性で男性からの人気も高いSUVです。

ファミリーカーとして話題になることは少ない車ですが、天井が高く後部座席の足元が広くなっているため大型バギーも楽に乗せることができ、圧迫感がないので子どもがぐずることも少ないと評判です。

床が少し高めになっているので、小さな子どもが1人で乗り降りするのは少し大変かもしれませんが、雪が積もったときでもドアの開け閉めがしやすいというメリットがあります。

荷物もたくさん積めて雨や雪道にも強いので、寒冷地に住んでいる場合やウィンタースポーツを家族で楽しみたいパパやママに最適ですね。

スポーティーなデザイン「トヨタシエンタ」

コンパクトなボディサイズでありながら広々とした空間が魅力の「トヨタシエンタ」は、ファミリーカーとは思えないスポーティーなデザインが特徴のミニバンです。

ミニバンならではの多彩なシートアレンジ、広々としたラゲッジスペース、乗り降りしやすい低くフラットな床など、小さい子どもやママはもちろん、おじいちゃんやおばあちゃんにも優しい仕様になっています。

後部座席のドアはスマートキーとワンタッチで開くパワースライドドアの組み合わせでなので、赤ちゃんを抱っこしているときや狭い駐車スペースでもストレスなくドアを開けることができますよ。

ハイブリッドカーとエンジンカーから選ぶことができますが、どちらも燃費がよいと評判です。

ママに乗って欲しいおしゃれな輸入車3選

印象に残る「BMWアクティブツアラー」

落ち着いた大人のおしゃれ感と知的でクールなデザインが印象的な「BMWアクティブツアラー」は、BMW初のファミリーユースコンパクトミニバンです。

BMWのコンセプトである「駆け抜ける歓び」はそのままに、広々とした車内空間とシックで機能的なインテリアを実現し、ママだけではなくパパが運転しても心地よい走行性とインテリアを備えています。

また、後部座席のドアはスライドドアではありませんが、トランクはドアの下についているセンサーに足をかざすと自動で開く「スマートオープンテールゲート」をオプションでつけることができます。

大きな荷物やベビーカーも楽に積めるので、性能とカッコよさの両方を求めるママにぴったりです。

コンパクトなおしゃれ感「ミニクーパー」

丸いヘッドライトと独特なデザイン印象的な「ミニクーパー」は、まさに輸入コンパクトカーの代名詞といえる存在です。

ミニクーパーの魅力は高いデザインのカスタマイズ製にあります。ボディはもちろん、ルーフとミラーの色を選べるほか、ボンネットにアクセントのストライプを入れたり、ホイールを白や黒に変更したりできますよ。

ミニクーパーのなかでもママにおすすめなのが、スポーティな外観とパワフルな走行性を持つ「ミニクロスオーバー」です。ゆったり座れるシートと広いラゲッジスペースがついた4ドアタイプで、荷物やベビーカーも積むことができます。

子育ても車も自分らしく楽しみたい、こだわり派のママにぴったりな生活を豊かに彩ってくれる車です。

まわりと差がつく「ルノー・カングー」

おしゃれでかわいい外観の「ルノー・カングー」は、本国では郵便配達車として活躍している「プロお墨付き」の積載性の高さが魅力です。

車体は小さめなのに室内は広々としており、チャイルドシートをつけても圧迫感がありません。後部座席のウィンドウの上についたフタ付きの棚など室内に多くの収納スペースを備えています。

また、トランクは上下が広い観音開きで、大きな荷物や重い荷物も楽に積めます。後部座席はスライドドアになっているので狭い場所でも乗り降りのストレスもなく、実用性の高さにきっと満足できますよ。

元は商用車なので凝った内装ではありませんが、しっかりとした硬さのシートは座り心地もよく、長時間走っても疲れないと評判です。

まとめ

車選びはパパにお任せというママも多いかもしれませんが、パパとママが共同で使う車やママ専用の車を選ぶときはママの意見も取り入れてください。パパとママでは体格やライフスタイルが違うので、運転がしやすい車のサイズや高さ、希望する収納の大きさや機能が違うことがあるからです。

また、運転する機会が少ないママも、乗り降りのしやすさや子どものお世話をしやすさを基準に、車選びに参加してみましょう。

便利なだけではなく毎日を楽しく過ごせるような、おしゃれで便利な1台に巡り合えるとよいですね。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018