就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

将来を描く人生設計の立て方とは?明るい未来へ家族計画プラン

将来を描く人生設計の立て方とは?明るい未来へ家族計画プラン

人生設計はなるべく計画的に進めないと、「もっとお金を貯めておけばよかった」「子どもにかかる学費が足りない」など、後悔しても時間を戻すことはできませんよね。家族みんなが明るい未来を描けるように、どのように人生設計すればよいのかや、お金を貯めやすい期間などをご紹介します。

子育てママに必要な人生設計とはなにか

大まかな年表で家族イベントを作成する

人生設計を立てようと思っても、なかなか何十年先のことまで考えることは難しいですよね。何年も先のことまでを細かくイメージするのは難しいので、大まかな年表を作ってみましょう。

年表を作るときは30年分を作成しておくと、30代のパパやママの場合は仕事が定年を迎えるくらいまでのことをイメージしやすいですよね。また、年表は家族1人1人の名前や年齢を記入し、子どもの場合は進学や受験する時期を書いておくなど、それぞれに訪れるイベントをチェックしておくとよいですよ。

また、これから住宅を購入する予定の方は、住宅購入の目標時期を書いておきましょう。住宅購入や子どもの進学、パパやママの老後にはたくさんのお金が必要なので、年表があると目標を持って貯蓄していけますよね。

なりたい自分や子どもの将来を想像しよう

自分はこれからどのように生きていきたいのかや、なりたい自分とはなんなのかなど、自分らしく生きることは簡単なようでとても難しく考えてしまうことがありますよね。自分らしい人生設計を立てるためには、まずはなりたい自分をしっかりイメージすることが大切です。

どのように生きていきたいのかがしっかりイメージできている方は、イメージしている自分に向かって迷いなく進んでいけるでしょう。これからの人生がより楽しくなるように、ポジティブにさまざまな計画を立てるとよいですよ。

また、子どもの将来もイメージしておきましょう。子どもに生き方を押し付けるのはおすすめしませんが、子どもが成長したときのことも想像できていると、どのくらいお金の準備が必要なのか計画しやすいですよね。

子育て後の計画!人生を楽しむためには

子どもがいると、子どもにかかるお金(教育費など)のことばかりを考えてしまいますよね。しかし、子育てが終わってもパパやママの人生はまだまだ続きます。人生を楽しむために、子育て後の計画もしておくと安心ですよ。

とあるアンケート結果によると、子育てが終わったあとにどのような人生を歩みたいのかママに質問をしたところ、第1位が仕事をしたい、第2位趣味や習い事をしてのんびり楽しくすごしたい、第3位資格取得のために勉強をしたいという結果がでています。

子どもがいると子ども中心の生活になるので、自分の時間の使い方が分からないという方もいますよね。子育て後の計画を早くから考えておくと、子どもが自立してからも人生を楽しめるでしょう。

収支を考えた人生設計で貯めどきを考える

教育費はいくら?子どもになにを求めるか

子どもにはお金がかかりますが、実際にどのくらいのお金が必要なのか知っておくと貯金を進めやすいでしょう。子どもにかかるお金のなかでも、教育費はかなり大きなお金が必要になります。

教育費は子どもになにを求めるかによって金額に大きな差があるので、子どもが小さな頃からどのような教育を受けてほしいのか夫婦で話し合っておきましょう。幼稚園や小・中学校、高校が公立だとかかるお金は少ないですが、幼稚園から私立に行かせる場合は高額なお金の準備が必要ですよね。

また、大学に行く場合は大学進学の時期が1番お金のかかる時期です。短期間でたくさん貯金をするのは難しいので、子どもが生まれる前や子どもが小さなときから貯金を始めましょう。

公立、私立、習い事を考えた子ども費を

幼稚園や小・中学校、高校には公立と私立があるため、どちらに行かせるとよいのか悩む方も多いでしょう。公立と私立では学費の差が大きいので、子どもが小さなときからどのような教育を受けさせたいのかを夫婦で話し合っておくとよいでしょう。

私立は授業料だけでなく、制服代などのさまざまな費用が公立に比べると高額になります。また、受験にもお金がかかるので、「子どもを私立に通わせたい」という方は早めから貯蓄を始めることが大切ですよ。

子どもの進路以外にも、習い事にもお金がかかりますよね。ピアノや水泳、サッカーなど、習うものにもよりますが習い事には月謝がかかります。学費以外にも習い事にかかる費用のことを考えて貯蓄していきましょう。

子どもの成長に合わせて働き方も考えよう

出産してから日々子育てに奮闘していると、子育てや家事をこなすだけでも大変ですよね。子育てや家事をしながら仕事も頑張るとなると、ママが抱える負担はとても大きくなるので両立に悩む方はたくさんいるでしょう。

子育てと仕事の両立に限界を感じている方は、働き方を見直してみるとよいですよ。子どもがある程度成長するまでは、働く時間を短くする、仕事内容を変更する、仕事を辞めて専業主婦になるなど、さまざまな道があります。

無理をすると体や心が疲れ果て、すべてが中途半端になり悩む可能性もあります。子どもの成長に合わせて働き方を変えてみることも頭にいれて人生設計をすると、貯蓄のペースなども計画しやすいでしょう。

意外とかかる子ども費は補助金を活用

住んでいる自治体の補助金を上手に活用する

子どもにはお金がかかりますが、国の制度で自治体からは児童手当という補助金がもらえます。児童手当は子どもが生まれてから中学校を卒業するまでの間支給されるので、上手に教育費として活用していきましょう。

児童手当は3歳になるまでは1カ月に15,000円、3歳~中学校卒業までが1カ月に10,000円支給されます。全額貯蓄できると200万円くらいのお金が貯められるので、教育費として貯蓄しておくと安心ですよ。

児童手当以外にも、子どもの医療費の負担を軽くする乳幼児医療助成制度もあります。自治体によって補助される金額は違いますが予防接種や健診が無料で受けられたり、病院でかかるお金も少なく済むので、上手に活用して教育費を少しでも多く貯められるように工夫しましょう。

子どもの将来を見据えた教育費を考える

「子どもにはいろいろなことを体験して育ってほしい」「さまざまなことを学ばせてあげたい」など、子どものやりたいことは、できるだけやらせてあげたいと思うのが親心ですよね。しかし、学費や塾代、習い事など、教育費にはたくさんのお金がかかるので、子どもが小さなときから将来のことを考えて貯蓄していく必要があります。

子どもにはどのように育ってほしいのかや、どれくらいまでお金をだせるのかを夫婦で考えておくと、子どもが成長してお金が必要になる時期に「お金が足りない」と焦らずに済みますよ。習い事は無料で体験できるものもあるので、体験してから本当にやりたいものだけを習いましょう。

お金が無駄にならないように、どこにお金をかけるのかを見極めることが大切ですよ。

学資保険や定期積立、積立投資などで備える

子どもが生まれてからすぐに教育費の貯蓄をスタートさせたいですよね。貯蓄にはさまざまな方法があるので、自分に合った方法でお金を貯めることが大切です。

教育資金の貯蓄の方法に、学資保険を選ぶ方は多いですよね。学資保険には死亡保障などがついているものもあるので、万が一のことがあったときには保険料の満額を受け取ることができます。途中で保険料が払えずに解約してしまうと、支払ったお金よりも少ない金額しかもらえないので注意しましょう。

定期積立は、途中で解約しても貯金していた全額を受け取ることができます。しかし、今は低金利なので利子がほとんどつきません。その点、積立投資はリスクがありますが、預けているお金よりも増える可能性も高いですよ。

まとめ

自分1人だけの人生設計だと描きやすいですが、子どもがいると子どもが自立するまでにかかるお金のことを優先して考える必要があるため、家族のプランを考えにくいという方も多いでしょう。子どもにお金がかかる時期を考えて貯蓄をするだけでなく、パパやママの老後のことも考えておくことが大切です。

子どもにどのように成長してほしいのか、老後はどのようにすごしていきたいのかなどをイメージできると、日々の節約や貯蓄をするのが楽しくなるかもしれませんね。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • teniteoFC
  • 2040pj