就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

ママの転職によいタイミングはいつ?失敗しない転職活動のコツとは

ママの転職によいタイミングはいつ?失敗しない転職活動のコツとは

子育てしながらワーキングマザーとして頑張っているママ、今まで続けてきた仕事と育児のバランスがとりずらくなり転職を考えることもあるでしょう。そこで今回は、ママが転職を考えるきっかけや理想の雇用形態、転職の際に気をつけたいことやそのタイミングなどについてお話しします。ぜひ参考にしてみてくださいね。

ママが転職を考えるのはどんなとき?

上司の理解が得られていないと感じる

一般的に、働くママはどんなときに転職を考えるのでしょうか。よくあるのが、職場にワーキングマザーが少なく、上司の理解が得られていないと感じるときに転職したいと思うケースです。

たとえば、子どもが急に熱を出して幼稚園や保育園に迎えに行かなければならないときなど、上司に早退の許可を取ろうとしてもちくりと嫌味をいわれてしまったり、あまりよい顔をされず後ろ髪をひかれてしまったりということがあります。

上司自身がワーキングマザーであったり、職場にワーキングマザーが多い職場だったりすれば、子どもに関するトラブルなどには理解がありますが、そうでない職場の場合は子どもを育てながら仕事を続けることを難しく感じてしまうかもしれません。

仕事の量や勤務時間などの条件が合わない

たとえ職場がワーキングマザーに理解のある場所であっても、仕事の量や勤務時間などの条件が合わないケースも転職を考えるきっかけになることでしょう。仕事の量が多いと、勤務時間内に終わらせることが難しく、子どもの降園時間に間に合わないことがありますよね。

さらに残業が多いと、家庭で子どもと過ごす時間が少なくなってしまうことに不安を感じるママも少なくありません。勤務時間と幼稚園の送迎時間がうまくかみ合わない場合、時短勤務を希望するママもいることでしょう。

しかし時短勤務の正社員を雇ってくれる会社は数少ないのが現状です。会社からすれば、時短勤務で雇うぐらいなら、パートか派遣で十分と思っている会社が多いのも事実なのです。

仕事も育児も中途半端に感じてしまう

仕事にやりがいを感じているので、できれば育児と仕事をバランスよく両立したいと願っているワーキングマザーはたくさんいます。しかし、子どもがいるとどうしても幼稚園や保育園の送迎時間に合わせて仕事を進めないとならないため、自分がこなせる仕事量もコントロールしなければなりません。

本当はもっとバリバリと仕事をこなしたくても、なかなかそうはいかないママも多いことでしょう。さらに子どもと過ごす時間も限られてしまうため、本当はもっとしっかりと子どもの相手をしたいのに、子どもと向き合う時間が足りないことにストレスを感じてしまうこともあります。

そんなとき、仕事も育児も中途半端に感じてしまい、転職を考えることがあるようです。

ママたちが働きやすい雇用形態は?

正社員で働くメリットとデメリット

会社で仕事をする場合、雇用形態にもいろいろな種類があるのをご存知だと思います。ここでは正社員として働くメリットとデメリットについてリストアップしてみましょう。

【メリット】
・月給制の会社の場合、たとえ病欠でも基本給は貰える
・有給休暇および傷病休暇がある
・認可保育園への入所に有利
・福利厚生が充実している

【デメリット】
・ポジションによっては残業や出張がある
・時間の融通がききにくい
・家事と育児、仕事のすべてをこなすことが大きな負担になりがち
・収入次第では税金の負担が大きい

などのメリットとデメリットがあげられます。転職を考えるときは、正社員として仕事をこなすことができるかどうか、しっかりと検討したいですね。

派遣で働くメリットとデメリット

ここでは派遣で働くメリットとデメリットについて考えてみましょう。

【メリット】
・定時に退社できるので残業がない
・仕事内容が明確
・パートよりも時給がよい
・希望の職種を選びやすい

【デメリット】
・契約更新されるか、雇用が不安定
・正社員に比べ、福利厚生がいまいち
・給与アップがない
・交通費が出ないケースが多い

このように、パートよりは時給はよいものの、正社員に比べて雇用期間が不安定だったり、社内での扱いも正社員と区別されたりするので、仕事のやりがいを求める場合には不満が残ってしまうことも多いようです。しかし残業はないですし、仕事の量も最初から決まっているので育児とのバランスはとりやすいことでしょう。

パートで働くメリットとデメリット

正社員は週40時間働かなければなりませんが、パートは週40時間以内で働く雇用のことを指します。平成27年にパートタイム労働法が改正され、以前より待遇もよくなりました。ここではパートで働くメリットとデメリットについてリストアップしますね。

【メリット】
・残業がない
・正社員に比べ仕事の負担が少ない
・プライベートの時間を確保できる
・子どもが病気になっても休みやすい

【デメリット】
・共働きにも関わらず、ママの方が家事の負担が重くなりがち
・収入が低い
・正社員から差別的扱いを受けることがある
・契約に期限がある

デメリットもありますが、子育てを重視したいママは時間に融通がききやすいパートを選ぶことも多いようです。

転職活動でぶつかってしまう壁とは?

やりたい仕事と条件の不一致

ワーキングマザーが転職活動をすると、理想通りとはいかず、壁にぶつかってしまうこともしばしばあります。まずあげられるのが、やりたい仕事と条件の不一致です。

転職するからには、今までとは違った新しい仕事にチャレンジしてみたいと思うママもいることでしょう。しかしママのやりたいことを優先にすると、時短勤務が不可能だったり、園の送迎時間と勤務時間の調整がうまくいかなかったりなど、物理的な条件が合わないケースも出てきます。

この場合、子どもとの都合を優先にしなければならないため、やりたい仕事を諦めなければなりません。逆に、勤務時間などの条件がぴったり合っても、いまいち気が乗らない仕事ということもあります。

協力してくれる人がいない

転職活動をするということは、平日日中は現在の仕事をしているため転職希望先の面接に行くことはできません。面接が仕事後、夜の時間帯になることがほとんどです。

その場合、夜面接に行く間、子どもを誰に預けるかが大きな問題になってきます。近くに親や親戚など協力してくれる人がいないと、面接の時点で大きな壁にぶつかってしまうのです。

転職活動を始める前に、夜の面接へ行くとき子どもをどうするかも考えて動くようにしたいですね。転職希望先の会社が指定してきた日時に面接に行けない場合、子どもを理由に日程変更をお願いするのはNGです。

「子どもの預け先にも困るような人を雇うのは難しい」と会社への心象も悪くなってしまいますよ。

就活と保活の同時進行が難しい

たとえば育休中に転職先を探す場合、就活と保活を同時進行で進めなければなりません。一般的に保育園は、すでに仕事を持っているママの子どもの方が優先順位が高く、仕事を休んでいる状態だと優先順位が低いと判断されます。

また、地域によっては、入園できたとしても保育園入園から3カ月以内に就職先を決めないと退園させられてしまうというケースもあるので、事前に保育園についての情報収集をするようにしましょう。認可保育園が難しい場合、無認可保育園、または認定こども園でもよいのかパパと話し合うようにしたいですね。

転職先はママのやりたい分野の仕事を見つけることを優先にするのか、保活とのバランスを考え条件が合うところを優先するのか、ママ自身の中でしっかりと考えてみましょう。

転職に失敗しないために気をつけたいこと

思い立ってすぐではなく計画的にすすめる

「転職したい!」と思うきっかけがあるとすぐにでも転職したくなってしまうかもしれません。しかし思い立ってすぐにではなく、計画的に進めるようにしましょう。

準備期間を持たずに、衝動的に現在の職場をやめて新しい職場へ就職した場合、仕事を始めてから「こんなはずじゃなかった」と思うことも出てきます。そんな違和感を持たないようにするためにも、転職活動をする場合は最低でも半年は準備期間をもうけることをおすすめします。

希望の就職先が見つかったら、ワーキングマザーに対して理解のある職場なのか、社内の規則はどうなっているのかなどしっかりと下調べをするようにしましょう。少しでも今の職場よりもよい環境で働ける場所を見つけたいですね。

育児支援だけを比較して決めない

子育てをしながら転職活動をすると、どうしても社内での子育て支援はどうなっているのかを重視して職場を探してしまいがちです。しかし、子育て支援が必要なのは幼児期から小学校低学年ぐらいであり、年数でいえば3~10年間のみです。

その後は子どもも1人で留守番をすることができたり、自分で身の回りのことを済ませることができるので子育て支援が不要になってきます。できるだけ長く働ける職場を探す場合は、育児支援だけを比較して決めないようにし、ほかの条件もしっかりと考慮するようにしたいですね。

子どもが小さい間はパートで働き、その後に正社員としての復職希望をするママも多くいますが、ブランクが開いてしまうと同じ条件での正社員職を見つけるのは困難になりますよ。

勤務時間や内容をしっかりと確認する

転職先を決める前に、勤務時間や内容をしっかりと確認するようにしましょう。面接のとき「うちの会社にはワーキングマザーはたくさんいるから大丈夫」といわれたのに、実際使用期間中に子どもが病気になり、やむ負えず仕事を休むと、それを理由に試用期間を延長されてしまったというケースもあります。

普段から仕事をきちんとこなしているにも関わらず、いざ休むと不本意なペナルティを課されてしまうことがあるので、事前に条件や社内ルールをしっかりと確認した方が無難です。

また、早退や欠勤をした場合、その分の時間はほかの日に働かなければならないのか、給与から引かれるだけなのかなども確認してからサインするようにしたいですね。

子どもの成長の節目が転職のタイミング

小学校入学でサポートが激減するタイミング

どんなときにワーキングマザーは転職のタイミングを悩んでしまうのでしょうか。一般的に、子どもが小学校に入学するときに、転職を考えてもためらってしまうことが多いといわれています。

就学前は保育園や幼稚園に通い、さらに夕方からは延長保育を利用するなどして時間調整しながら仕事と育児の両立をはかってきたママも、子どもが小学校に入学すると延長保育のような保育支援がなくなるのでどうするか悩んでしまいます。

このようにママが転職をするタイミングとそのときの子どもの年齢は切っても切り離せない関係にあるので、子どもの様子を見ながらパパと相談しましょう。ママが満足する転職先を見つけることも大切ですが、その陰で子どもに負担がかからないように考慮することも必要です。

留守番ができるようになる学齢に備えておく

小学校中学年ぐらいになると、子どもも成長し自分のことは自分でこなせるようになってくるので、自宅で1人留守番をすることも可能になってきます。この時期になると、ママの育児の負担も軽くなるので、今まで以上に仕事に集中することができますよ。

子どもが1人で留守番できるようになったら、職場への本格的復帰が可能なほか、フルタイム勤務や残業をすることも不可能ではありません。この時期での転職を目標にし、事前に転職準備をしてもよいですね。

キャリアアップを狙っているのなら、希望の職種で有利な資格を今のうちにとっておくと、転職活動のときにプラスになることでしょう。このように長い目で見て転職に向けて準備をするのも一案ですよ。

私立進学など教育費の捻出に備えておく

子どもが中学生ぐらいになると、私立高校受験なども検討するママもいることでしょう。3年の高校生活が終われば、あっという間に大学です。

もし、高校そして大学を私立に通わせるとなると、かなりの教育費が必要になってきます。学費だけでなく、予備校や家庭教師などの費用も必要になってくるので、おおまかにいくらぐらい必要になるのか計算してみるのもよいでしょう。

子どもが中学生になるとお金の必要性を今まで以上に感じ、年収アップを目的とした転職を希望するワーキングマザーも増えてきます。よりよい報酬を得るためには、どんな仕事についたらよいのか、そのためには今からどんな準備をしたらよいのかなど、一度しっかりと転職プランを練ってみるのもおすすめですよ。

まとめ

今回は、ママが転職を考えるタイミングや各雇用形態のメリットデメリット、転職活動でぶつかってしまう壁や気をつけたいことなどについてお話ししましたが、いかがでしたか?キャリアアップを狙いたい、年収を増やしたい、やりがいを感じる仕事をしたいなど、転職理由は人によってもさまざまだと思います。

大切なのは転職することにより、ママがより一層輝ける場所を見つけることです。ときには子どもと過ごす時間が少ないことに罪悪感を感じてしまうかもしれませんが、子どもは頑張るママの背中をお手本にして育ってくれますよ。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018