就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子連れで箱根の紅葉を楽しむ!時期で変わる見ごろの紅葉スポット

子連れで箱根の紅葉を楽しむ!時期で変わる見ごろの紅葉スポット

箱根は芦ノ湖、関所、強羅、ロープウェイ、仙石原、美術館など楽しい見どころがいっぱい!観光客も日本人の老若男女から外国人まで大賑わいです。紅葉狩りも箱根の醍醐味の一つで、仙石原から麓の箱根湯本に紅葉前線が移動してきます。11月上旬から12月中旬まで、長い期間楽しめる箱根の紅葉スポットをご紹介します。

秋涼し初秋の紅葉の見ごろ【11月上旬編】

三つの海賊船どれに乗る【芦ノ湖の海賊船】

11月上旬に子連れで楽しむ紅葉スポットといえば、真っ先に挙げられるのが芦ノ湖でしょう。芦ノ湖にはボートがありますし、周遊道路もあり色づく紅葉が楽しめます。

その中でも子どもに一番人気なのは「芦ノ湖の海賊船」です。18世紀のフランスの戦艦をモデルとした真っ赤な船体の「ロワイヤルII」、イギリスの戦艦をモデルとした黄色い船体の「ビクトリー」、初代スウェーデン国王の名前を取った戦艦をモデルとした緑色の船体の「パーサ」と三つの海賊船があるのです。

晴れた青空の下なら富士山と箱根神社の赤い鳥居がよく見えます。海賊船から見る芦ノ湖岸の紅葉のきれいさは格別です。

「ママ。早く海賊船に乗りに行こうよ!」どの海賊船に乗ろうかと子どももママもワクワクしますね。

羅漢像と紅葉の織りなす【仙石原の長安寺】

芦ノ湖から箱根裏街道を上って行き、銀色のススキが野原いっぱいに広がってくると、間もなく仙石原の交差点に差し掛かります。この交差点の右側に、五百羅漢像で有名な長安寺があります。

万治元年(1658年)仙石原に創建された由緒あるお寺です。ここは仙石原の紅葉の隠れたスポットとしても有名で、竹林の中に鎮座するさまざまな表情の五百羅漢は今も建てられ続けています。笑った顔やムスッとした顔など、喜怒哀楽豊かな表情の五百羅漢たちです。

落ち着いた境内を散策すると、四季折々の花が出迎えてくれて、その中でも赤と黄色が入り混じった秋の紅葉は見事の一言です。特に本堂の周りの紅葉は、創建当時のものといわれている歴史ある本堂を背景にして美しく映えています。

空中散歩は箱根ロープウェイで決まり!

「ママ!ロープウェイに乗ろう!」はしゃぐ子どもにせかされて、桃源台から大涌谷に向かう箱根ロープウェイに乗りましょう。

硫黄のにおい立ち込める大涌谷は、かつては地獄谷または大地獄と呼ばれていました。草木の生えない荒涼とした山肌と、もうもうと上がる噴煙はまさに地獄谷です。

この大涌谷に向かう箱根ロープウェイから眺める箱根の紅葉は、雄大な富士山をバックにしてきれいに映ります。歩きながら見るのとは違い、ロープウェイから見下ろす紅葉はまた格別です。晴れた日にはスカイツリーとのコラボまで楽しめます。

ロープウェイを降りた後は、1個食べると7年寿命が延びるといわれている大涌谷名物の「黒たまご」を子どもたちと食べる楽しみが待っていますよ。

秋深し頃の紅葉の見ごろ【11月中旬編】

箱根随一の紅葉有名スポット【箱根美術館】

箱根の魅力の一つに美術館巡りがあります。箱根彫刻の森美術館、箱根ガラスの森美術館、成川美術館などのさまざまな美術館が点在していますが、その中でもこの時期に行くなら箱根随一の紅葉スポットとして知られる「箱根美術館」がおすすめです。ここは絶対に外せないと大人気の場所なのです。

箱根登山鉄道「強羅駅」を降りてすぐのこの美術館の庭園には、約130種類の苔と200本のもみじのコントラストが美しいと評判で、まさに絶景といえます。特にお茶室「真和亭」から眺める紅葉は見事です。

もちろん美術館のコレクションも、美濃焼や唐津焼などの陶器を中心とした展示品が揃っています。早くから子どもに日本の美を感じてもらうのもよいのではないでしょうか。

日本初のフランス式整型庭園【強羅公園】

この箱根美術館のすぐそばに「強羅公園」が隣接しています。大正3年(1914年)に開園した日本初のフランス式整型庭園で、春には桜やつつじ、夏にはアジサイ、そして秋には紅葉がこのときとばかりに咲き誇っています。

ローズガーデンの1,000株のバラと紅葉を一緒に楽しむことができる美しい庭園です。入園料は大人550円で小学生以下の子どもは無料ですが、箱根フリーパスの利用者は大人も無料になります。

入園すると、冬でも暖かい熱帯植物館や点茶体験ができる歴史ある茶室、カフェ、陶芸・吹きガラス体験などもできて1日中遊べます。子どもと一緒にトンボ玉体験をするのもよいですね。

おなかが空いたら、人気No.1メニューの強羅園カレーやバラソフトクリームもありますよ。

駿河湾の大パノラマ【駒ケ岳ロープウェー】

「ママ。こっちのロープウェーも乗りたいよ!」箱根園水族館を出るとすぐ目の前に「箱根駒ヶ岳ロープウェー」の箱根園駅があります。ここから駒ヶ岳山頂まで約7分間の眼下に広がる大パノラマは、雄大な自然の絶景と色づいた山々の紅葉が見られて圧巻です。

全長1,800mの斜面を上って行くゴンドラの中から見下ろす景色。空中ならではのもので、紅葉の見事さはもちろん、晴れた日には富士山や相模湾がパノラマで一望できる絶景スポットです。子どもにせがまれて乗ったママも景色に見惚れてしまうことでしょう。

料金は大人1,600円・子ども800円とちょっと高めですが、ネット上でHISクーポンをゲットすれば、大人320円・子ども160円の割引が受けられます。忘れずに印刷しましょう。

惜しむ頃の紅葉の見ごろ【12月上旬編】

フランス街風景【星の王子様ミュージアム】

12月に入っても紅葉の時期が長い箱根では、まだ紅葉狩りが楽しめます。メルヘン色あふれる「星の王子さまミュージアム」も紅葉を楽しめる場所の一つです。

あの有名な「星の王子さま」の作者、サン=テグジュペリの生誕100年を祝して世界的記念事業の一環として建てられた、星の王子さまをテーマにした世界で唯一のミュージアムです。

このミュージアムとそれを囲む庭園は、フランスの街並みを思わせるデザインになっており、同じ時期に咲き誇るバラとともに、紅葉が見事にマッチしています。

展示ホールには写真や手紙、愛用品などが展示されており、400インチの大スクリーンでサン=テグジュペリの生涯と星の王子さまの物語を上映しています。子どもよりママのほうが夢中になりそうですね。

紅葉映えるレトロな電車【箱根湯本駅】

箱根で最も標高が低い「箱根湯本駅」では、12月上旬~12月下旬まで紅葉が楽しめます。普段の日でも箱根湯本の商店街は、老若男女の旅行客、外国人観光客などでにぎわっています。

温泉まんじゅうをほおばり、早川沿いを歩きながら箱根湯本の紅葉を楽しむ人が多いようですが、レトロな箱根登山鉄道に乗車して車窓から紅葉を眺めるのもよいものです。初夏のアジサイ電車も楽しめますが、紅葉の時期に出山の鉄橋を渡る箱根登山鉄道の真っ赤な車体はSNS映えしますよ。

箱根湯本駅から終点の強羅駅まで片道で大人400円、子ども200円の運賃がかかりますが、子どもが喜ぶことは想像に難くないですね。車内から紅葉狩りを楽しみながら、気になった駅で途中下車するのも一興ですね。

今は公園!元三河屋旅館の庭園【蓬莱園】

最後に、小涌谷の老舗旅館三河屋旅館が造った「蓬菜園」をご紹介します。現在は公共の公園として一般に開放されています。

ここはつつじの名所として有名ですが、11月中旬頃からはケヤキ、オオモミジ、イロハモミジのほかにも、つつじやサツキが赤や黄色に色づき紅葉の見ごろを迎えます。約2万坪の広大な敷地に広がる紅葉の名所です。12月上旬だと色あせてくるかもしれませんので、お早目の来園がおすすめです。

箱根登山バスを使えば、蓬菜園で下車してすぐなのでアクセスがよいのですが、マイカーを使うママですと本園には駐車場がないので要注意です。すぐ近くに箱根小涌園ユネッサンがあるので、その駐車場に車を停め散歩がてら来園し、帰りはユネッサンで温泉三昧もよいですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。都心から1時間余り。温泉地として人気の箱根ですが、紅葉の時期は11月上旬から、12月中旬どころか12月下旬まで、2カ月近くにわたって楽しめるのですね。

このほかにも箱根では、箱根旧街道の歴史探索や、源泉がそれぞれ違う箱根七湯巡り(または八湯巡り)、箱根寄せ木細工などの民芸品、各ホテルでのフランス料理や日本料理を堪能することができます。

春はつつじ、夏はアジサイと四季折々で魅力のある箱根ですが、紅葉の見ごろの時期、ママも子どもと一緒に箱根を楽しみませんか?

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR