就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

妊婦さんが入園式で履ける靴は?マナーとおしゃれを意識した選び方

妊婦さんが入園式で履ける靴は?マナーとおしゃれを意識した選び方

妊婦さんのフォーマル靴選びのポイントとは

歩きやすいデザインのものを選ぼう

入園式では、子どもを連れて歩くことも多いので、歩きやすい靴を選ぶことも大切です。スニーカーを履くわけにはいきませんが、パンプスのようなフォーマルシューズでも、歩きやすい靴選びのポイントを押さえておきましょう。

靴底は、薄いものよりも厚いものを選ぶと足が疲れにくく歩きやすいですよ。滑りやすい素材ではなく、ゴム底になっていると転倒しにくいでしょう。気に入っていて、どうしても履きたい靴があり、靴の底がやや滑りやすい場合には、修理店で靴底にゴム素材を張ってもらうようにすると、ずいぶん歩きやすくなるでしょう。

つま先がラウンド型の靴を選ぶと、窮屈さを感じず履きやすいと人気です。歩きやすく、履いていて安定感があるデザインを選びましょう。

足への負担が少ない素材を選ぼう

足がむくみやすい妊婦さんにとって、硬い素材でできている靴は、履いているうちに窮屈になったり、靴擦れなどができてしまったりする可能性があるので避けましょう。

むくんできても対応できる伸縮性がある素材の靴を選ぶことで、足の負担はかなり軽減されます。靴底も、硬過ぎるものは歩く振動などが伝わりやすいので、ゴムなどの軟らかい素材を選ぶようにするとよいですよ。実際に一度履いてみて、足にフィットするかを確かめましょう。

インポートブランドの靴は細身に作られていることが多いです。できれば、国内メーカーの靴を選ぶとよいでしょう。足に負担が掛かりにくいことをメインに考えて選ぶようにすれば、履いていても疲れやストレスを感じにくいですよ。

中敷きでフィット感を高めよう

履きやすさを重視すると、足に馴染みにくいと感じる靴や、フィット感が緩い靴になってしまうことがあります。このような場合には、中敷きを変えることで足へのフィット感を高めることもできますよ。

普段、ヒールがあるタイプの靴を履いていたというママなら、かかとに厚みがあり、靴の中でやや傾斜がつけられる中敷きを入れることで違和感が薄れます。土踏まずがあまりなく、偏平足気味のママなら、土踏まずの部分が盛り上がった中敷きを入れると履き心地がよくなるでしょう。

足形を測定して中敷きを作ってくれるお店もあります。足の形にピッタリとあった中敷きを作って、少し大きめの靴を活用してもよいでしょう。出産後も中敷きを入れ替えれば使い続けられますよ。

妊婦さんも足下のおしゃれを意識しよう

コーデが引き立つ素材やカラーを選ぼう

妊娠中のママでも、おしゃれにこだわりたいママはいますよね。ぜひ、おしゃれをして子どもの入園式に華を添えましょう。

「おしゃれは足下から」という言葉があります。捉え方は様々ですが、靴にまで気を使える人は、全身のおしゃれに気を配れていることを意味します。ですから、コーデが引き立つ素材やカラーの靴で、全身をおしゃれに仕上げましょう。

入園式などの場には、スムースやスエードレザーの靴が一般的です。手入れが簡単なエナメルも問題ないとされていますが、派手なイメージの靴は避けましょう。ベージュなどの明るいカラーが人気ですが、コーデが引き締まる黒も洗練されたイメージになり素敵ですよ。

しかし、ママが安心して履けることが大切です。試着をして確認してくださいね。

イメージが変わるトゥのデザインもポイント

靴のイメージはトゥのデザインで変わるといわれています。フォーマルにピッタリのトゥの形をご紹介しますね。

【ラウンドトゥ】
ベーシックなトゥの形です。優しいイメージで、合わせる洋服を選びません。プレーントゥともいいます。

【アーモンドトゥ】
アーモンドの形に似ているトゥです。ラウンドトゥより女性らしく、ポピュラーです。

【オブリークトゥ】
丸みを帯びつつ、少し四角いイメージです。優しさと柔らかさを演出できます。

【キャップトゥ】
トゥにキャップをかぶせたようなデザインです。女性らしい印象の靴が多いです。

先端が尖ったポインテッドトゥや、四角いスクエアトゥもありますが、妊娠中のママの負担を考えると避ける方がよいでしょう。

品がある装飾で洗練されたイメージに

入園式のような華やかな場のセレモニーコーデでは、足下に気を使うと全体がバランスよく仕上がるといわれています。しかし、妊娠中のママは、ヒールが低い靴を選ぶことで華やかさに欠けると感じてしまうかもしれませんね。

フォーマルシューズのマナーとしては、5cm程度のヒールがある靴が望ましいとされています。しかし、普段から履き慣れていなかったり、ヒールに不安を感じたりする場合は、安全性を考慮して低いヒールを選ぶ方が懸命ですよ。

その際は、さりげない装飾が施され、品を感じるフォーマルシューズを選ぶとよいでしょう。本皮のようなマットな質感の靴に、リボンやレース、パールなどのさりげない装飾は、品があり洗練されたイメージを演出できますよ。

まとめ

ママが妊娠中でも、入園式というフォーマルなシーンでは、マナーにあわせた服装や靴を選ぶ必要がありますよね。ただ、高いヒールのものがふさわしいということはなく、体に負担が掛からないような工夫で乗り切ることが大切ですよ。

妊娠中はむくみやすいため、少し大きめの靴を選び、足にフィットするように中敷きを入れて調整するのも一つの方法です。中敷きを入れることで、足に伝わる衝撃を軽減する効果が期待できるので、試してみてくださいね。

快適で素敵なフォーマルシューズを履いて、子どもの入園式に出席しましょう。
38 件

関連記事

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版