就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

妊婦さんが入園式で履ける靴は?マナーに合った靴の選び方をご紹介

妊婦さんが入園式で履ける靴は?マナーに合った靴の選び方をご紹介

妊娠中のママの中には、上の子どもの入園を控えている方もいますよね。入園式はフォーマルの場になりますので、マナーに合った服装や靴選びが必要となってきます。妊娠中のママの体に無理がなく、フォーマルの場にふさわしい靴とはどのようなものなのか、フォーマルシーンでの靴選びを行うときのポイントなどもご紹介していきます。

妊婦さんは入園式用に靴を新調しておこう

むくみで靴のサイズが合わなくなるから

妊娠前に比べて、普段履いていた靴がきついと感じる妊婦さんは多くいます。おなかが大きくなるにつれ、どうしても妊婦さんはむくみやすくなっていくため、自然と靴のサイズが合わなくなっていきます。

妊婦さんでも足のむくみ方は個人差がありますし、妊娠初期と中期、後期かによってもむくみ方には違いがありますが、どちらかというと細身に作られていることも多いフォーマル用の靴が履けなくなる妊婦さんは多くいます。

入園式当日に靴がきつくて履けないということが起こらないように、事前にいつもより少し緩めの靴を新調することもおすすめです。靴を買いに行くときは午前中と午後でもサイズが変わることがあるため、できれば夕方ごろ買いに行くのがおすすめです。

ヒールの高い靴は身体への影響が心配だから

フォーマル用の靴として普段履くものよりも高いヒールの靴を用意している女性も多いですよね。なかにはハイヒールの靴を用意しているママもいるかもしれません。

妊娠中のママの場合、ヒールの高い靴はバランスがとりにくく、とくにおなかが出てくる妊娠中期以降のママの場合には、転倒のリスクが高まるためおすすめできません。ヒールの高い靴を履くと足のむくみが助長されてしまうこともあります。高いヒールの靴を一日履いていると、足がむくみだるくなることもあります。ただでさえ妊婦さんは腰に負担がかかりやすいのに、骨盤が前傾しやすく、腰に大きな負担がかかってしまうこともあります。

突然走り出すなど子どものとっさの行動に対応することを考えても、ヒールの高い靴はおすすめできません。

妊娠中は足への負担が大きくなるから

妊娠中のママは普段よりも体重が増えていきます。骨盤が閉まり正しい位置にある場合は腰が体重を支えてくれますが、妊娠が進むと骨盤が緩み、腰で体重を支えきれなくなっていきます。結果として足に負担がかかるようになっていきます。

むくみなどで老廃物の排出が滞ることも、足の負担を大きくする原因となっていきます。妊娠中はただ立っているだけでも、足のだるさを感じますよね。フォーマル用の靴はどうしても機能よりもデザイン重視で選ぶことも多く、足に負担をかけやすい靴も多くなっています。

少しでも足の負担を軽くするためにも、妊娠中に合わせて足に負担がかかりにくいフォーマル用の靴を新調することがおすすめとなってくるのです。

入園式で履ける妊婦さん向けの靴を選ぼう

ヒールの低いフォーマルパンプスを履こう

フォーマルシーンではある程度ヒールのある靴が選ばれることが多くなりますが、妊娠中のママの場合には、ローヒールもしくはヒールがない靴を選ぶことがおすすめとなってきます。ヒールがない靴でも、デザインを選べば十分にフォーマルにふさわしい靴になりますよ。少しくらいヒールがあるほうがよいと思うママの場合には、大きめの安定性のあるローヒールパンプスなら、転倒リスクは低くなってきます。

普段は細身の靴が好みというママでも、妊娠中はむくみで足のサイズが大きくなることもあります。甲高幅広タイプのパンプスを選ぶようにすると入園式当日に履けないということが避けられます。脱げてしまうのではという心配があるママはストラップ付を選ぶとよいですね。

バッグに合わせた色の靴を選ぶとおしゃれ

靴を購入するときには、色合いも気になる点ですよね。フォーマルの場といえば、やはり黒の靴、というのが無難です。入園式だけではなく、今お腹にいるこれから生まれてくる子どものお宮参りなどでも使えますよね。

ですが、入園式では淡い色の服を着ることも多いため、黒の靴はちょっと合わないと感じるママもいるかもしれませんね。そのようなときには、バックに合わせた色の靴を選ぶとおしゃれに感じます。

フォーマルシーンでは爬虫類の皮革やファー、スパンコールがついたものやラインストーンがデザインされているものは避ける必要があることを覚えておきたいですね。黒以外なら、白やベージュ、グレーなど落ち着いた色味の靴が使いまわせて利便性が高くなりますよ。

ストッキングと冷え対策も忘れずに

入園式は4月におこなわれることが多いですが、まだまだ冷えることも多い時期です。入園式がおこなわれる式場も、広い空間が使われることも多いため、冷えが気になることもあります。

冷え対策としてタイツを履きたいと思っているママもいるかもしれませんが、入園式では黒よりもベージュ系のストッキングを履く方も多いです。服装がどちらかといえばダークカラーの場合には、黒のタイツを履いてしまうとまるで喪服のようなイメージになってしまいますよね。

ストッキングでは寒いというときには、腹巻やオーバーパンツを履くなど冷え対策をしっかりと行うようにしましょう。また移動のときだけはレッグウォーマーを活用するのもよいですよね。

妊婦さんのフォーマル靴選びのポイントとは

歩きやすいデザインのものを選ぼう

入園式では子どもを連れて歩くことも多いので、歩きやすい靴を選ぶことも大切になってきます。スニーカーを履くわけにはいきませんが、パンプスのようなフォーマルシューズでも歩きやすい靴選びのポイントはあります。

靴底は薄いものよりも厚いものを選ぶと足が疲れにくく歩きやすくなります。滑りやすい素材ではなく、ゴム底になっていると転倒しにくくなりますよ。気に入っていて、どうしても履きたい靴がある場合で、靴の底がやや滑りやすい場合には、修理店で靴底にゴム素材を張ってもらうようにすると、ずいぶん歩きやすさが変わってきます。

つま先に余裕があるラウンド型の靴にすることでも、窮屈さを感じず履きやすい靴になりますよ。

足への負担が少ない素材から選ぼう

硬い素材でできている靴は、足がむくみやすい妊婦さんにとっては履いているうちに窮屈になってしまったり、靴擦れなどができてしまう可能性があるので避けるようにします。

むくんできても対応できる伸縮性がある素材の靴を選ぶことで、足の負担はかなり軽減されます。靴底なども硬すぎるものは歩く振動などが伝わりやすいので、ゴムなど軟らかい素材を選ぶようにするとよいですね。実際に一度履いてみて足にフィットするかを確かめてみてください。

インポートブランドの靴は細身に作られていることが多いので、できれば国内メーカーの靴を選ぶとよいですよ。足に負担がかかりにくいことをメインに考えて選ぶようにすれば、履いていても疲れにくくストレスを感じにくくなります。

中敷きでフィット感を高めよう

履きやすさを重視すると、足になじみにくいと感じる靴や、緩すぎる靴になってしまうことがあります。このような場合には、中敷きを変えることで足にフィットする靴に変えることもできます。

普段ヒールがあるタイプの靴を履いていたという方なら、かかとに厚みがあり靴の中でやや傾斜が付けられる中敷きを入れることで、違和感が薄れます。土踏まずがあまりなく、偏平足気味の方なら、土踏まずの部分が盛り上がった中敷きを入れてあげると履き心地がよくなります。

足形を測定して中敷きを作ってくれるお店もあるので、足の形にピッタリとあった中敷きを作って少し大きめの靴を活用することもおすすめです。出産後も中敷きを入れ替えれば使い続けられます。

まとめ

ママが妊娠中でも、入園式というフォーマルなシーンではマナーにあわせた服装、靴を選ぶ必要がありますよね。ただ、高いヒールのものでなくてはということはなく、体に負担がかからないような工夫で乗り切ることがおすすめです。

妊娠中はむくみやすいため、少し大きめの靴を選び、足にフィットするように中敷きを入れて調整をするというのも一つの方法としておすすめです。中敷きを入れることで足に伝わる衝撃を軽減する効果を持つものもあるので、試してみてくださいね。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • teniteoFC
  • 2040pj