就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

妊婦さんが入園式で履ける靴は?マナーとおしゃれを意識した選び方

妊婦さんが入園式で履ける靴は?マナーとおしゃれを意識した選び方

妊娠中のママの中には、上の子どもの入園を控えている方もいますよね。入園式は、フォーマルの場になりますので、マナーに合った服装や靴選びが必要です。そこで今回は、妊娠中のママの体に無理がなく、フォーマルの場にふさわしい靴のマナーや、おしゃれを意識した靴の選び方のポイントなどもご紹介していきます。

妊婦さんは入園式用に靴を新調しておこう

むくみで靴のサイズが合わなくなることも

妊娠前に比べて、普段履いていた靴がきついと感じる妊婦さんはたくさんいます。お腹が大きくなるにつれ、どうしても妊婦さんはむくみやすくなるため、自然に靴のサイズが合わなくなってしまうでしょう。

妊婦さんでも足のむくみ方には個人差がありますし、妊娠初期と中期、後期によってもむくみ方は違います。しかし、細身に作られていることが多いフォーマル用の靴が履けなくなる妊婦さんは多いそうです。

入園式当日に靴がきつくて履けないということがないように、事前にいつもより少し余裕がある靴を新調するとよいでしょう。靴を買いに行くときは、午前中と午後でもサイズが変わることがあります。できれば、夕方に買いに行くようにしましょう。

ヒールの高い靴は身体への影響が心配だから

フォーマル用の靴は、普段履くものよりも高いヒールの靴を用意しているママも多いですよね。なかには、ハイヒールの靴を用意しているママがいるかもしれません。

妊娠中のママの場合、ヒールの高い靴はバランスがと取りにくく、とくにお腹が出てくる妊娠中期以降の場合には、転倒のリスクが高まるので控えるようにしましょう。ヒールの高い靴を履くと、足のむくみが助長されてしまうこともありますよ。

高いヒールの靴を一日履いていると、足がむくみ、だるくなることもあります。ただでさえ、妊婦さんは骨盤が前傾しやすく、腰に大きな負担が掛かってしまいます。

突然走り出すなど、子どものとっさの行動に対応することを考えても、ヒールの高い靴は控えましょう。

妊娠中は足に掛かる負担が大きい

妊娠中のママは、普段よりも体重が増えていきます。骨盤が閉まり正しい位置にある場合は、腰が体重を支えてくれます。しかし、妊娠が進むと骨盤が緩み、腰で体重を支えきれなくなっていきます。結果として、足に負担が掛かるようになっていきます。

むくみなどで老廃物の排出が滞ることも、足の負担を大きくする原因となります。妊娠中は、ただ立っているだけでも足のだるさを感じますよね。フォーマル用の靴は、どうしても機能よりもデザイン重視で選ぶことも多く、足に負担が掛かりやすいことも多いそうです。

妊娠中ということを考慮して、少しでもママの足に負担が掛かりにくいフォーマル用の靴を新調しましょう。店頭で試着をして、履き心地を試してみるとよいですよ。
38 件

関連記事

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版