就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

30代主婦の一日は忙しい?専業主婦と兼業主婦の一日の違い

30代主婦の一日は忙しい?専業主婦と兼業主婦の一日の違い

30代のママの中には、毎日やらなくてはならないことが多すぎて一日があっという間に過ぎてしまうという人も多いのではないでしょうか?周りのママたちは家事や育児をどのようにこなしているのかも気になりますよね。そこで、専業主婦と兼業主婦の一日の過ごし方についてまとめてみました。

30代専業主婦は一日中家族に振り回される

専業主婦に多い一日のタイムスケジュール

ここでは一例として、幼稚園児の子どもを持つ30代の専業主婦ママの一日を見てみましょう。朝の始まりは、5時半~6時です。自分の身支度や朝食を済ませ、パパを起こします。パパが朝食をとっている間にお弁当の準備をしてしまいます。

7時半ごろパパを送り出したら、今度は子どもを起こして朝食。8時半に幼稚園へ子どもを送り出したら、ここからママは家事をこなしていきます。掃除に洗濯、買い物などを済ませていくうちに、昼食の時間です。

子どもが帰ってくるまでは自由時間ですが、子どもが帰ると遊んだり夕食作りに追われたりします。子どもたちと夕食を済ませたら、お風呂に入れ寝かしつけます。パパの帰宅時間にもよりますが、後片づけやお風呂、自由時間を経て就寝です。

子どもの起床から登園するまで毎朝ドタバタ

専業主婦でもやはり朝は一番忙しく、子どもの起床から登園するまでは毎日ドタバタで、必死になってこなしているママも多いようです。それは、子どもがすんなり起きてくれない、着替えを嫌がる、朝食をいつまでも食べている、登園を渋るといった、ママの手を焼かせる要素がたくさん起こりがちな時間だからではないでしょうか?

さらに、未就園児の弟や妹がいる場合には、そちらも目が離せないうえ、うまくいかない日は子どもたちが一斉に泣き出すなんてこともありますよね。

家庭によってパパの起床時間や出勤時間には多少のばらつきがありますが、こうしたバタバタする朝の時間に、子どものお世話を少しでもパパが手伝ってくれると助かると思うママも多いでしょう。

一息つくのは家族が出勤登園してから

未就園児がいない家庭では、子どもとパパを送り出した後が一日の中で一番好きな時間だというママも多いのではないでしょうか?もちろん、家事を済ませなければなりませんが、自分のペースを乱されることなく物事を進められるのは嬉しいですよね。

家事を済ませたら、子どもが帰ってくるまではママのフリータイムとなります。趣味や習い事、友人とのランチなどで充実したお昼を過ごすママもいるようです。

未就園児もいる家庭では、上の子が幼稚園に行っている間に公園などで思いっきり遊ばせて、よく食べよく昼寝をするように考えていきます。未就園児がいると、ママはあまり自分の時間を持つことはできませんが、子どもとの時間を大切にできる一日を過ごせるでしょう。

30代の兼業主婦の一日は早朝から始まる

働く兼業主婦の一日のタイムスケジュール

兼業主婦のママは仕事をしながら家事や育児をどのようにこなしているのか気になりますよね。ここでは、30代の働くママのタイムスケジュールを見ていきましょう。

起床は比較的早く5~6時という人が多いようです。家族が起きるまでに朝食やお弁当の用意をします。パパや子どもが起床したら、みんなで朝食を取り、身支度をして8時には保育園に送らなくてはなりません。この後ママは出勤し、17時まで勤務します。

退社後は子どもを迎えに行き、17時半ごろに帰宅できる日が多いでしょう。夕食の準備や洗濯物をたたみ、夕食、お風呂を済ませます。保育園の準備をしたら、20~21時には子どもを寝かしつけたいところですね。パパの帰宅時間にもよりますが、夜は少しだけ自由時間ができるでしょう。

働くママは朝活をして時間を有効活用

働くママの中には、もっと早い時間に起床し、家族が起きるまでの間に洗濯や夕食の下ごしらえなどを済ませてしまうという人もいるようです。これらを朝のうちにやっておくと、帰宅後は乾いた洗濯物をたたむだけでよいですし、夕食も焼くだけ煮るだけで完成するので、時間の有効活用にもなります。

また、帰宅後に色々なことをやろうとしても、仕事で体が疲れて結局できなかったということも防げるでしょう。このように朝活をすることで、働くママがバタバタしがちな退社後の時間を、少し穏やかに過ごすことができますね。

そして、帰宅後には子どもとの時間を作ることもできます。限られた時間ですが、お風呂や寝かしつけの際のスキンシップは、ママにとっても子どもにとっても幸せですね。

溜まった家事は休日に片づける

平日は少しでも子どもとの時間を作るために、家事は最低限に留めておくという人が多いのではないでしょうか?夫婦で分担して家事を行っている家庭もあるようですが、平日に溜まった家事は休日にまとめて片づければ、定期的に家の中はリセットされますし、家族との時間も大切にできますね。

具体的には、休日に1週間分の食材をまとめ買いして、下ごしらえまで済ませて保存するというママが多いようです。毎日やらなければならない料理も、平日は仕上げだけやるようにしておけば時間短縮になりますね。ほかにも、掃除は休日に隅々までやるという声もありました。

このように兼業主婦のママは、平日と休日の過ごし方にメリハリをつけることが、仕事と家庭を両立させるポイントのようです。

専業主婦と兼業主婦どっちの一日が忙しい?

専業主婦の家事の仕事に終わりはない

専業主婦は時間に余裕があるというイメージから完璧を求められがちですが、どれだけやっても報酬や成果が上がるわけではありません。そのうえ、仕事量に明確な決まりがなく、365日毎日続くというところにも大変さがあるのではないでしょうか?

さらに、働いていないという負い目から家事に手を抜けなくなり、真面目な人ほど完璧を求めてしまいがちです。手を抜いたり誰かに頼ったりすることができないと、心が休まる暇もなくなってしまうでしょう。

また、未就園児のいる家庭では、家事と同時に24時間体制の育児も行わなければなりません。家族のために時間を使い、子どもの成長をいつも見守ることができるのは専業主婦のメリットですが、兼業主婦とは違う大変さがあることも知っておきたいですね。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC