就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

マタニティ期に元気になれる映画!笑える映画から泣ける映画まで紹介

マタニティ期に元気になれる映画!笑える映画から泣ける映画まで紹介

妊娠中でも映画を観たい!映画館の大スクリーンで観たい!そう思うママは多いですよね。けれども「映画館で映画を観ているときに急に体調が悪くなったらどうしよう」と不安に感じるママもいると思います。今回は妊娠中に映画鑑賞する際の注意ポイントをお伝えするとともに、おすすめのマタニティ映画もご紹介していきます。

マタニティ期に映画を観る際のポイント

映画館で観る際は席の位置と温度調節に注意

妊娠中に映画館で映画を観ることはなんの問題もありません。ママが映画が好きで、映画館の大スクリーンで映画を観たいと思うならば、ぜひ映画館へ出かけましょう。

映画館での座席の位置は通路側、できればトイレが近い場所がよいでしょう。お腹が大きくなる妊娠中は、内臓や膀胱が圧迫されどうしてもトイレが近くなってしまいがち。通路側のトイレに近い座席ならば、頻繁にトイレに立ったとしてもほかのお客さんの迷惑にならずにすみますよ。

また体を冷やさないためにも、カーディガンなどなにかはおれるものを持っていくと便利です。これなら「寒い」と感じたらすぐに対応できますね。最近ではあらかじめひざ掛けを用意してくれる映画館もあるので、上手に利用してくださいね。

混まない時間帯や座席が広めの映画館を選ぶ

妊娠中は初めて行く映画館は避けたほうが無難です。映画館ごとに座席の大きさが違いますし、初めての場所でどこになにがあるか分からず戸惑ってしまい、ママの体や赤ちゃんに負担がかかるかもしれません。一度行ったことのある映画館か行き慣れている映画館に行きましょう。

鑑賞時間帯は混まない時間を選びましょう。たとえば平日(〇〇ディは避けましょう)、レイトショーの一番遅い時間帯などは、比較的人が少ないようです。また、上映が終わりかけの映画も人が少ないのでおすすめです。

映画を観る間はずっと同じ姿勢で座っていなければならないので、体のことを考え広めの座席を選んでください。足をゆっくり伸ばせるカップルペアシートなどを選ぶのも一つの方法ですね。

自宅映画館でゆっくり観るのがおすすめ!

「映画を観ている間に急に具合が悪くなるかもしれないし…やっぱり映画館に行くのは不安」というママは、自宅を映画館にしてしまいましょう。DVDのレンタルや、Huluなどのネット配信を利用すれば映画館にいかずとも自宅で好きな映画が楽しめてしまいます。もちろん、映画だけでなく好きなドラマも観られますね。

自宅での鑑賞ならば、途中でトイレに行きたくなって席を立ったとしても、誰にも迷惑をかけませんし、座ることが辛くなったのならば横になってもOK。ママのペースで自由に映画を観ることができます。

ポップコーンや飲み物を用意し、少し照明を暗くして音量を少し大きめにすれば、まさに映画館さながらの雰囲気を味わえますよ。

笑って元気になるコメディ系マタニティ映画

出産コメディ「恋愛だけじゃダメかしら?」

ダイエット番組に出演中のフィットネスの女王ジュールズ・バクスター(キャメロン・ディアス)は共演者のエヴァン・ウェバー(マシュー・モリソン)の子どもを身ごもってしまう。ときを同じくしてフリーカメラマンのホリー(ジェニファー・ロペス)は卵巣に問題があるため妊娠することができず、養子を迎えようと考えていて…。

キャメロン・ディアスをはじめ豪華なキャスト陣が出演する、2012年に公開されたアメリカのロマンティック・コメディ映画。テーマは恋愛よりも妊娠や出産に比重を置いています。

きっかけはさまざまですが、子どもを持つことになった5組の夫婦の葛藤や不安、苦痛を描いており、これから出産を控えるママが共感しやすい内容になっています。

高校生妊婦の姿を描いた「ジュノ」

16歳のジュノ(エレン・ペイジ)は同級生のポーリー(マイケル・セラ)の子どもを妊娠してしまいます。興味本位でのセックスでの望まない妊娠、迷わず中絶しようとクリニックを訪れたジュノでしたが、そこで中絶反対運動に遭遇します。

運動に参加していた同級生から、「赤ちゃん、もう爪だってはえてるわよ」といわれ、「やっぱり産もう」と決意するジュノ。さっそく親友のリア(オリヴィア・サルビー)と一緒に里親を探し始めますが…。

さまざまな困難にぶつかる主人公と、その周りの家族や友人、里親志願の夫婦の話を描く心温まる作品です。全体的にコミカルな展開ですが、16歳の女子高生が成長してゆく姿に思わず涙することも。鑑賞後は爽やかな気持ちになれますよ。

パパ必見!パパになるまでを描く「9か月」

子どもの精神科医であるサミュエル(ヒュー・グラント)とレベッカ( ジュリアン・ムーア)は順風満帆な恋人生活を送っていました。しかしある日突然、レベッカから妊娠したと告げられ、サミュエルは戸惑ってしまいます。

仕事で「父親はクソだ!」と子どもたちから毎日のように聞かされているサミュエルは、自分の子どもを受け入れる心の準備ができません。けれども、出産の日は着実に近づいてきて…。

主人公であるサミュエルが父親になるまでの不安を描いた、ドタバタなコメディ映画になります。子どもを授かる男女の反応の違いがとてもリアル。特にパパは「そうそう」とうなずく場面も多いのではないでしょうか。ママだけでなく、ぜひパパにも観て欲しいおすすめの作品です。

感動するドキュメンタリー系マタニティ映画

妊娠、出産、育児を描いた「うまれる」

両親の不仲や虐待を受けた経験から親になることを不安に思う夫婦、出産予定日に死産を経験してしまう夫婦、子どもが授からない人生を受け入れた夫婦、完治しない障害(18トリソミー)を持つ子を育てる夫婦…4組の夫婦がおりなすドキュメンタリー映画です。

「子どもが親を選んで産まれてくる」という胎内記憶をモチーフに、妊娠と出産、死産、流産、不妊、障害を通して、「うまれる」ということを描いています。親子やパートナーとの関係、そして生きるとはどういうことであるのかを考えさせられますよ。

映画はDVDのほかに、自主上映会で観ることができます。上映スケジュールはホームページで確認できますので、上映会に参加したい方はチェックしてみてくださいね。

10カ国の出産を追った「プルミエール」

アメリカ、タンザニア、日本、ベトナムなど…年齢も文化も異なる10カ国の女性たちの出産にスポットを当てたドキュメンタリーになります。監督のジル・ド・メストルは、自国フランスで出産を扱ったドキュメンタリーテレビ番組を制作したことから出産に興味を持ち、映画の製作に至ったそうです。

水中出産や自宅出産、さまざまな出産のシーンが神秘的に描かれるほか、ぜひ注目したいのは彼女たちの出産の背景です。マイナス50℃の極寒の中で出産するロシアのエリザベートや、暑い砂漠で出産するトゥアレグ族のマニ。

分娩方法を選べない環境での命がけの出産、そして新たな命の誕生に、感動したり切なくなったり…鑑賞後に誰かと語り合いたくなる、そんな映画です。

出産の理想と現実を描いた「理想の出産」

主人公のバルバラ(ルイーズ・ブルゴワン)はニコラ(ピオ・マルマイ)と恋に落ち、しばらくして彼女は妊娠してしまいます。母親になれると喜ぶ一方で、急な体調の変化や将来への不安に戸惑うバルバラ。それでもなんとか女の子を出産します。しかし、今度は自分の時間も取れないほどの忙しい育児に翻弄され、二コラとも育児の方針で喧嘩をしてしまい夫婦仲は悪化していきますが…。

妊娠、出産は嬉しいけれど、精神的にも体力的にも金銭的にもきついことがありますよね。そんなもやもやした気持ちを代弁してくれているのが、この映画です。

妊娠中や育児で不安を感じているママは、この映画を観ることで「自分1人だけじゃない」と勇気をもらえるかもしれませんよ。

まとめ

今回はマタニティを扱う映画をいくつかご紹介させていただきましたが、気になる映画はありましたか?

作品の中での彼女、彼たちは出産という一大イベントにむけて悩んだり苦しんだり…。まるで「自分たちみたい」と共感するシーンや、「こんなふうに思っていたんだ」と相手の気持ちを考えられるシーンもたくさん入っており、これからの出産にむけてママはもちろん、パパも気持ちを新たにできるかもしれません。

気持ちがモヤモヤしたり、なんとなく不安にかられたりしたときは、映画を観てリフレッシュしてくださいね。

関連記事

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018