就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

年子の名前はどうする?後悔しない、素敵な名前のつけ方!

年子の名前はどうする?後悔しない、素敵な名前のつけ方!

子どもに一生ついてまわる名づけは何人目であっても、悩みますよね。親の名前の一字をつけたり、兄弟姉妹で関連づけたりと色々と考えるもの。同じ兄弟でも、年齢の近い年子の場合はどうでしょうか?なにか特別なこだわりをもって名前をつけることはあるのでしょうか?ここでは素敵な名前のつけ方のヒントをご紹介します。

年子の名前、関連させる?させない?

名前を関連させる派のママの声

「家族としてのつながりを、子ども同士でも強く感じてほしい」というのが兄弟姉妹の名前を関連させたいと思う派のママの意見です。代々決まった字をつけるという家系もありますよね。これも一族の絆を意識しての名づけでしょう。

名前を関連させる派のもう一つの声としては「公平でありたい」というのもあります。これはどういうことでしょうか。

兄弟姉妹というのは、成長の過程でライバル意識がお互いに芽生えることがあります。年子で年齢が近ければなおさらです。

容姿や能力など、比較の対象はどこにでも転がっているもの。自分たちの名前があまりにかけ離れたものであった場合、両親からもらった大事な名前さえも比べ合う対象となってしまうのでは、少し悲しいですよね。

名前を関連させない派のママの声

年子は多くの場合が1学年差、もしくは2学年差となり、生活範囲が重なりがちです。つまり共通の知人が多くいる可能性が高いということ。

そうなるとあまりにも名前が似ていると混同されてしまうので、あえて関連づけることなく名前を考えた、というママもいます。ママやパパ自身が兄弟・姉妹と似た名前で、よく間違えられて困ったという経験がある人は特にその傾向が強いようです。

特に年子の場合は、ある年齢を過ぎると背格好もそれほど差なく成長していくので、友人・知人だけでなく親戚にまで間違われやすいということもあるようです。

また関連づけることで頭がいっぱいになりすぎて、本来の目的である「子どもに最良の名前を選ぶ」ということから離れていく自分に気づき、やめたママもいます。

名前のつけ方で迷ったとき

名前は関連させたほうがよいのか、まったく別の名前がよいのか。親としては迷いますよね。

親の感覚としては兄弟姉妹、しかも年子であればほぼ同時期に育てていくため、ついつい二人を一つのまとまりとしてとらえがちです。そのため名前もなんとなくお揃いがよいような気になるもの。

しかし子ども側からみると、兄弟姉妹、両親とともにいる時間は長い人生のほんの一時期に過ぎません。いずれ独り立ちをして、自分のコミュニティを築いて自分の人生を歩んでいくものです。

子どもには子どもの人生があり、名前にはその人生を応援する力がある。兄弟姉妹で関連していても、いなくても、親の願いがつまった名前こそが最良の名前なんですね。

内祝いをする時に知っておきたい、おすすめギフトブック「Haresaki」

PR

出産のお祝いに対して「内祝い」をする時、何を贈ればいいのか悩みますよね。準備しようにも、出産後は赤ちゃん中心の生活で、買いに行くことも時間的・体力的に大変です。今回は「内祝い」のマナーから、自宅で購入できるお祝い返しギフト専用サイト、出産内祝いだけでなくお歳暮や入学祝いにも人気の最新カタログ情報をお伝えします。

関連する名前をつけるにはどうすればいい?

年子兄弟、関連する名前をつけるコツ

まず男の子の年子兄弟で関連させる名づけのコツをみていきましょう。年子の場合は二人が同時に産まれる双子と違い時間差があるため、基本的には兄の名前にどう無理なく関連づけるかということになります。

・漢字を共有する
政宏(まさひろ)政伸(まさのぶ)のように始めの一字を合わせるパターンと、弘樹(ひろき)祐樹(ゆうき)のように止め字を合わせる2パターンがよくみられます。

・イメージを共有する
航成(こうせい)海斗(かいと)のように「海」という共通のイメージをもたせることもできます。

・文字数を揃える
啓(けい)伸(しん)のように一文字、もしくは倫太郎(りんたろう)正志郎(せいしろう)のような三文字に揃えるのも統一感がでますね。

年子姉妹、関連する名前をつけるコツ

年子姉妹の場合も、姉の名前ありきで考えるのは変わりません。基本的には男の子の名前と同じですが、やはり女の子らしい華やかさも意識したいところです。

・漢字を共有する
優菜(ゆな)優香(ゆうか)といった一字目、または香奈(かな)怜奈(れいな)のように止め字を合わせるパターンのほかに、咲和(さわ)和奏(わかな)のように漢字しりとりスタイルも、止め字が限定される男の子の名前よりは考えやすいでしょう。

・イメージを共有する
琴音(ことね)響子(きょうこ)などは「音楽」を共通イメージにしています。並べてみると華やかさが増しますね。

・文字数を揃える
愛(あい)円(まどか)といった一文字、または満里奈(まりな)紗耶香(さやか)といった三文字が定番です。

性別の違う年子の場合の名前つけ

性別が違う場合は難度が上がります。これは男の子と女の子では使われる漢字が必ずしも同じではないので、共有が難しいケースがでてくるからです。

最近では男の子でも「遥」「陽」など優しいイメージの漢字もみられますが、やはり「勇」「剛」などは女の子の名前としては不似合いともいえます。逆もしかりで「希」「真」などは男の子の名前で違和感がなくとも、さすがに「姫」「花」は共有しづらいですよね。

すると残るのが「イメージを共有する」か「文字数を揃える」になるかと思います。あとは漢字にこだわらず、音を揃えるやり方は性別が違っても名前が考えやすいでしょう。

始めの音を揃えて晃(あきら)と杏奈(あんな)、最後の音を揃えて達樹(たつき)と沙希(さき)といったパターンです。

自分に合った素敵な名前を考えよう!

素敵な名前をつけるコツ

大切なわが子の名づけ。まずどのような手順で決めていくとよいのか確認してみましょう。

・候補を挙げる
まずは思いつくままに挙げていきます。響きが好き。字面が好き。理由はなんでもよく、漢字でも音だけでもよいので、とにかく量を出していきます。このとき大切なのはパパとママ、別々にリストをつくること。お互いの好みを客観視することで、第三者的な視点をたもてます。

・候補をしぼる
お互いのリストをみて「これは嫌」という名前を消していきます。親戚の子どもと同じ、昔の恋人と同じ、などこれも理由はなんでもよいのです。

・最終候補を選ぶ
産まれるころまでには5こ程度までにしぼれているのが理想的です。そのなかから顔をみて、決めてあげられるとよいですね。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事