就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

女性が働きやすい職場環境とは?ママに優しい会社を見つけよう

女性が働きやすい職場環境とは?ママに優しい会社を見つけよう

子どもが幼稚園に入園するタイミングで社会復帰を考えるママが多いようです。ただ、まだまだ育児に手がかかる時期でもあり、やはり仕事との両立が難しいと諦めてしまうママもいるかもしれません。そんなママに、女性が働きやすい職場環境と、ママが働きやすい仕事の見つけ方をご紹介します。

ママが重視する職場環境のポイント

子どもの病気のときにお休みが取りやすい

ママになって「これまでと違う」と大きく感じるのが、自分の都合だけではなく子どもの都合でママのスケジュールを変えなくてはいけないことではないでしょうか。仕事もその例外ではなく、子どもの体調不良で会社を休まなければいけないことはママに大きな葛藤を生みます。

ママのせいではないのに、職場から「また子どもの病気?」と冷たい目で見られることは悔しくて悲しいですね。あるアンケート調査では12歳以下の子どもを持つワーキングママの45.6%が「急な欠勤が評価に影響しない」ことを働きやすい職場環境の条件としています。

急な欠勤にも柔軟な対応ができるようにチーム体制をとっている職場など、子育てママに優しい職場であることが仕事を選ぶポイントになりますね。

通勤時間は短めが理想!自宅の近所で働ける

幼稚園や保育園に子どもを送迎するママは、自宅と職場、そして幼稚園や保育園との距離感も働きやすさの大きなポイントになります。幼稚園や保育園も自宅や職場から近い所を選ぶ傾向にあるので、この三つの場所をコンパクトにまとめて行き来しやすい方が便利なことはよく分かります。

働くママの理想的な通勤時間は30分以下という意見もあるように、自宅から近い方が安心して働けるようです。幼稚園や保育園がその付近にあれば、急な呼び出しにも対応できてなお安心、便利ですね。

通勤時間はママがひとりになれる貴重な時間と捉えることもできますが、日々のこととなると勤務以外の時間はなるべく少ない方が効率的ともいえます。自宅の近所で条件のよい仕事をみつけられるかがカギになりそうです。

子どもが小さいときの時短勤務制度あり

働くママが増え、会社でもママが働きやすいような制度が求められています。国の制度だけでなく、会社独自の就業規則が整っている場合もあるので、会社ごとに働きやすさが変わってくることも大いにあります。

たとえば「育児介護休業法」では3歳未満の子どもを持つ労働者の短時間勤務が認められていますが、会社によってはそれが小学校4年生になるまで取得可能になるなど、ママに嬉しい方向にグレードアップされていることがあります。ただ、どれだけママに優しい制度が整っていても、実際に浸透していて使いやすくなければ意味がありません。

入社前にはよく分からないかもしれませんが、先輩の話を聞く機会などがあればそれとなく制度利用のしやすさを聞いてみるとよいかもしれませんね。

ママに人気の育児と両立しやすい仕事

今までの経験が生かせる一般事務

どんな業種であっても欠かせない「事務職」は、特別なスキルを必要としない場合も多く、未経験はもちろん、経験者であればなおのこと挑戦しやすい仕事ではないでしょうか。事務といってもその仕事は幅広く、電話対応、パソコンの入力作業、備品の調達など様々なことが含まれます。

企業の事務であっても、フルタイムではなくパートタイムで募集をかけていることがあり、家事や子育ての合間に働くことも可能です。数人で同じ業務をしているチーム体制であれば、急な休みでも比較的迷惑をかけにくいのもママに嬉しいですね。

たくさんの職種で必要な事務だからこそ、会社ごとに役立つスキルも変わります。英会話や簿記資格など、これまでの経験が役立つ事務を探してみましょう。

15時までの勤務もOK!コンビニスタッフ

今や目にしない地域はないほど浸透しているコンビニが、ママの活躍の場として新たに注目されています。コンビニでは、ママの経験やコミュニケーション能力をスタッフに欠かせない能力として高く評価してくれているようです。

それでも子育てがネックになりコンビニでバイトをすることをためらってしまうママのために、コンビニ各社では店舗併設の保育園を設けたり、週に1~2回4時間程度の勤務時間で働きやすくしたりする取り組みが始まっています。これならば幼稚園のお迎えまでに仕事を終えることも可能ですね。

ただ、フランチャイズの店舗が多いコンビニでは、同じチェーンでも店舗ごとに採用条件が異なる場合がありますので注意しましょう。

子どもに働く姿を見せられる在宅ワーク

仕事をしたいと思っていても、なかなか条件に合う仕事がみつからない、子育てとの時間の割り振りがうまくいかないと感じることもあるはずです。そこで、自宅でできる在宅ワークが新しい働き方としてママに人気です。

在宅ワークといっても様々ですが、クラウドソーシングで仕事を請け負い報酬を得るのが一般的です。内容はWEBデザインやライティング、イラスト、アンケート回答などがあります。

最初のうちは仕事の取り方や進め方で戸惑うこともあるかもしれませんが、慣れてくれば子どもに働く姿を見せられるやりがいのある仕事になります。ただし時給で働くのと違い、成果報酬がほとんどなので、家計を助ける、支えられるようになるには効率よく働く必要があります。

子育てママ大歓迎!ママ専用求人サイト3選

全国版の老舗サイト「しゅふJOBパート」

普通の求人サイトでも様々な条件で絞り込んで仕事を探すことができますが、主婦にターゲットを絞った「しゅふJOBパート」なら最初からママ向けの好条件求人が集められているので、より簡単に条件に合った仕事を探すことができます。

中には「子どもの用事でお休み調整可」や「扶養枠調整歓迎」などの条件を加えて検索することもでき、子育て真っただ中のママには嬉しいですね。しゅふJOBパートの求人には様々なジャンルの仕事があるので、希望の仕事が決まっていなくても眺めているだけでワクワクします。

条件がよくなればなるほど就職までたどり着くのは難しくなりますが、気長に仕事を探したいというママにはピッタリのサイトではないでしょうか。
26 件

関連記事

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知版