就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

おむつ用ゴミ箱の臭いを消したい!臭い消し方法とおむつへのひと工夫

おむつ用ゴミ箱の臭いを消したい!臭い消し方法とおむつへのひと工夫

おむつ用ゴミ箱の設置場所を変えて臭い対策

ウンチを流してすぐに捨てられるトイレ

おむつの処理で特に気になる臭いがウンチをしたときではないでしょうか。ウンチのついたおむつは、おしっこのときのように小さく丸めてそのままゴミ箱に捨てると、蓋つきのゴミ箱でも開けるたびに強い臭いが漂って大変です。

そのため、まずはおむつについたウンチをできるだけトイレに流してから捨てるというママが多いと思います。そこでもし、おむつ用ゴミ箱がリビングや寝室にあると、持って行くまでに臭いを広げることになってしまいますよね。

トイレにおむつ用ゴミ箱があれば、その場ですぐに捨てられるので臭いの拡散を抑えることができます。また、おむつ処理後の手もトイレの手洗いで洗えるので、余分な動きを減らすこともでき便利です。

入浴前のおむつ処理に便利な脱衣所

おむつ用ゴミ箱は使っているうちに少しずつ臭くなっていきますし、蓋を開けるたびに臭いが漏れてしまいますよね。赤ちゃんのおむつ交換をする部屋に置いておくと便利ではありますが、家族がよく過ごす部屋だと常に臭いが気になるというのがデメリットです。

脱衣所の場合は、お風呂に入るときや洗面所で顔を洗うときに行く程度なので、常に臭いが気になるということからは解放されますよね。

また、おむつ交換をした後にすぐ手を洗うことができたり、入浴前に脱いだおむつをすぐに捨てられたりなど何かと便利です。「ここにゴミ箱があったらよいな」と、動線を意識した場所にゴミ箱を設置することが、臭い対策になるだけでなく、ママの手間を省くことにもつながりますね。

家の中に臭いを残さないベランダ

マンションに住んでいる場合は難しいかもしれませんが、戸建てに住んでいてお隣さんとの距離も離れている場合なら、やはりベランダにおむつ用ゴミ箱があると便利です。

基本的には、リビングや寝室など赤ちゃんのおむつ交換をする部屋にもゴミ箱を置いておき、使用済みのおむつが溜まってきたらいったんベランダのゴミ箱に移動させるというようにするとよいでしょう。

おむつは時間が経てば経つほど臭くなるので「朝と夜に1回ずつ」など、こまめにベランダのゴミ箱に移動させておくことで、部屋のゴミ箱の臭いを軽減することができます。

できればベランダに置くおむつ用ゴミ箱は、ゴミの日まで溜められるように大きめサイズのものがおすすめです。

臭い消しのためおむつを捨てる前のひと工夫

新聞紙に包んで捨てる

読み終わった新聞紙で使用済みのおむつを包むと、排せつ物の水分を吸い取って臭いの発生を抑えてくれます。一説には、インクの成分に消臭効果があるともいわれています。

新聞紙に包むのはひと手間ではありますが、これで嫌な臭いが解消できるならば試してみる価値はありそうですね。おむつ交換をするたびに新聞紙が必要になるので、ゴミ箱の近くに用意しておくとよいでしょう。

ただ、かさばるおむつゴミがさらに大きくなってしまうのがデメリット。使用済みおむつから臭いが発生する原因は水分が残っているからなので、一つずつ包む代わりにゴミ箱の底に新聞紙を敷くという手もあります。

新聞紙は溜まったゴミを捨てるたびに交換しましょう。

驚異の防臭袋BOSを使用する

外出先でおむつ交換をした場合、おむつ用のゴミ箱が用意されている場合を除き、自宅に持ち帰るのがマナーです。ですが、ママのかばんの中でおむつの臭いが漏れてしまってはお出かけも台無しですね。

そんなときに、ビニール袋に入れるとおむつの臭いが漏れにくくなります。防臭効果のある袋を使えば、臭いがほとんど気にならなくなりますよ。

外出時だけでなく、家の中でも使えると評判なのがBOSの「おむつが臭わない袋」です。ゴミ袋としてはお高めですが、驚異的な防臭力があるとママたちから支持を集めています。

使用済みのおむつを入れたら、袋の口をくるくるねじって縛るだけでおむつの存在を忘れるほどだという口コミ多数です。

ウンチは流しておむつに重曹を振り掛ける

赤ちゃんがウンチをしたおむつ。そのまま包んで捨ててはいないでしょうか。

臭いのもととなるウンチをそのままの状態で捨ててしまっては、消臭対策もあまり効果は期待できません。おむつのパッケージにも、ウンチはトイレに流してから捨てるように書かれています。

特に離乳食が始まるとウンチの臭いも強くなり、固形になってきますのできちんとトイレに流すようにしましょう。赤ちゃんにも「ウンチはトイレにバイバイだね」と言いながら捨てるとトイトレの第一歩になりますよ。

ウンチを取ったおむつにも臭いがついているので、直接重曹を振りかけておくと完璧です。最後はビニール袋に入れて口を閉じれば、ゴミ箱からの臭いの発生を防止することができます。

まとめ

おむつ用のゴミ箱の嫌な臭いを防止する方法は、赤ちゃんのいる家庭では日々のことなので参考になりますね。対策としては、おむつそのものをなるべく臭わせない状態で捨てることがポイントです。

重曹やクエン酸は家中のお掃除にも使えるため、賢いママの必須アイテムにもなりつつあります。色々な方法を組み合わせると防臭効果もアップしますので、今回紹介した方法一つだけではなく手軽にできる方法をいくつか試してみてくださいね。
36 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知版