就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

1歳児の爪の切り方はみんなはどうしてる?スムーズに爪を切る方法

1歳児の爪の切り方はみんなはどうしてる?スムーズに爪を切る方法

なかなかじっとしてくれない1歳児。そんな子どもの小さな爪をママが切るのも一苦労ですよね。でも切らないと引っ掻いてしまうし、お友達と遊んでいる時に相手を傷つけてしまうかもしれません。そこで今回は、どうしたら1歳児の子どもの爪が切りやすいのか、また爪にまつわるトラブルについてお話しします。

爪を切るときのコツとポイントを知ろう!

爪を切るときのポイント

爪を切るタイミングは、爪の白い部分が指からはみ出して長くなった時です。個人差はあるものの、平均的に子どもは大人に比べ、爪が伸びるのが早いので、3~4日に一度はチェックし、伸びていたらこまめに切るようにしましょう。

一度にぱちんと切るのではなく、爪切りの角度をこまめに変えながら切ると、失敗や事故の心配が少なくて済みます。

ママ友の話では、子どもの正面に座って切るよりも、自分の膝に座らせて、自分自身の爪を切る時と同じように切るとスムーズに切りやすいとのことです。

爪を切っている時に子どもが突然指を動かすと事故につながりますので、爪切りを持っていない方の手でしっかりと指を支え持つことが大切です。

1歳児の爪に適した道具

それまでは赤ちゃん向けの先が丸くなったハサミタイプの爪切りを使っていたママも多いと思います。しかし1歳あたりからは子どもの爪も大人のそれと同じように厚みを増し、逆に大きい部分はハサミでは切りにくくなってしまうので、テコ型がお勧めです。

爪の端はハサミで丸く整えるなど、爪の部分によってテコ型とハサミ型で使い分けるのも良いと思います。テコ型を選ぶ際は、大人用のサイズではなく、子ども用の小型サイズを選ぶようにしましょう。

子どもが動いてどうしても切るのが難しい場合は、爪やすりタイプを使ってみるのも良いでしょう。爪やすりタイプなら、切った後の爪が尖って引っ掻く心配もゼロですし、切っている時に子どもが突然動いても肌を切ってしまう心配がありません。

1歳児の爪の状態と手入れ方法

どんなに気を付けて定期的に爪切りをしていても、子どもの爪が割れたり欠けたりすることがあります。栄養が足りていないから?と心配してしまうママもいますが、子どもの爪は大人のものより柔らかく割れやすいものです。

デリケートな子どもの爪のためにも、手を洗う時のハンドソープは洗浄作用の強い刺激のあるものは避け、潤い成分の入っているものを選ぶようにしましょう。乾燥すると爪はさらに割れやすくなりますので、手と一緒に保湿クリームをつけるのも良いと思います。

爪を切るときは、着替えの際爪が洋服等に引っかかって痛めるのを防ぐために、角はできるだけ丸く切ることが大切です。爪は真ん中から切ると、割れやすくなるので、切るときは端の方から切るようにしましょう。

爪切りを嫌がるときはどうすればいい?

寝ているときにさっと切る

子どもが起きている時は、どうしても動いてしまってなかなか切れないですよね。周りのママ友に聞くと、子どもが寝ている間にささっと爪を切ってしまうそうです。

しっかり寝入ったのを確認してから切るのがコツとのこと。眠りが浅いと、はずみで起きてしまったり、手が突然動き出すと危険です。

夜の就寝時だけでなく、ベビーカーや車での外出時に寝てしまった際も爪切りのチャンスです。バッグに子ども用爪切りを常備しておくのも一案です。

寝ている時なら、起きている時には切りにくい足の爪もしっかりと注意しながら切ることができると思います。

電気をつけると起きてしまうので、懐中電灯や小さなライトを持ち込んで爪を照らして切るのがお勧めです。

何かに集中しているときに切る

子どもが何かに神経を集中させている時に切ってしまうのもひとつの案です。例えばテレビを観ている時に切ってしまうなど、子どもが手から注意をそらしている間がチャンスです。

爪切りの時だけ、お気に入りの番組を観せるようにするなど工夫すれば、子どもはそのテレビ番組観たさに大人しく爪を切らせてくれるようになるかもしれません。

パパに協力してもらって、目の前で絵本を読んでもらったり、おもちゃで気を引いてもらっている間に切るのも良いですよ。

無理やり押さえつけると爪切り自体を嫌がってしまうので、子どもが嫌がったらやめるようにしましょう。爪切りは怖いものと思わせてしまっては、さらに切るのが難しくなってしまいます。

まとめてではなく1本ずつ切る

最初から手足の爪すべてを一度に切ろうとすると、タイミングもなかなか難しいかもしれません。例えば気になったときに一本だけ切ってしまうなど、こまめに切るのも良いと思います。

そうすれば、ちょっとした瞬間に手短に切るだけなので、ママのストレスも減りますよ。この場合、爪切りはママが常に素早くアクセスしやすい位置、かつ子どもの手の届かないところに置いておくのもコツです。

日中の外出時に寝てしまった場合、爪切りのチャンスだと思っても、子どもを起こさずに靴下や靴を履いている足の爪を切るのは難しいと思います。そんな時は手の爪だけにし、足の爪は夜眠った後に、こっそり懐中電灯で照らしながら切るという風に分けてしまうのも一案です。

爪のトラブル、こんなときどう切る?

深爪になってしまったら

じっとしていない子どもの爪を切っていると、ママがどんなに注意しても切りすぎて深爪になってしまうことがあると思います。一瞬冷汗が出てしまうと思いますが、焦らず、1mmだけ残して切ります。

深爪した部分からバイ菌が入るといけないので、流水で洗い流しましょう。1歳児は指を口に入れてしまいがちなので、誤飲を防ぐために絆創膏は貼らない方が良いと思います。

特に問題がなければ、子どもの体は新陳代謝が活発なので、すぐに伸びてきますが、万が一数日しても子どもが痛がったら、バイ菌が入った可能性もありますので、医者に連れて行きましょう。

お風呂上がりの爪が柔らかくなっている時に切ると、切っている感触がわかりにくく深爪しがちなので気を付けましょう。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2019
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC