就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

幼児期に遊具で遊ぼう!子どもへの効果や親子で楽しむ遊び方

幼児期に遊具で遊ぼう!子どもへの効果や親子で楽しむ遊び方

子どもが大好きな公園。とくに遊具のある公園では大はしゃぎですよね。遊具での遊びには、楽しいだけでなく子どもの発達を助けてくれる効果があるのです。ここではそんな遊具の効果や遊ぶときの注意点、大型遊具で思いっきり遊べる東京のおすすめの公園を紹介します。

遊具で遊ぶと子どもにどんな効果がある?

運動神経につながる基本動作を経験できる

子どもの運動神経を育むには、さまざまな動作を経験することが大切だといわれていますよね。公園の遊具は、運動神経につながる基本動作の宝庫です。

たとえば、ジャングルジム。登る、降りる、くぐる、またぐ、ぶらさがるなどいろいろな動きが必要となり、物と身体の距離感を把握する力、腕力や握力、手足の使い方などが鍛えられていきます。

また、ブランコは、バランス感覚を鍛えるのにぴったり。自分で漕ぐようになると、身体の重心をコントロールしてスピードを調節することで、全身の筋肉の使い方を身につけられるのだそうです。

すべり台も効果抜群。ハシゴを登る動作や、すべりおりるときの姿勢やスピードで、全身の筋肉やバランス感覚が鍛えられるのだそうですよ。

自分で考え、行動する力が身につく

公園では、危険がない限りは子どもの自由に遊ばせてみましょう。大人にはなんてことのない遊具でも、子どもにはわくわくがいっぱい。

何から遊ぼうか?全部の遊具を制覇する?お気に入りの遊具でじっくり遊ぶ?目新しい遊具にチャレンジしてみる?子どもは、遊ぶ段取りなどいろいろなことを考えながら遊具に向かうはずです。自分で考え、やりたいと思ったことを実行する。この経験を通し、子どもは積極性を身につけていくのだそうです。

また、遊具で遊んでいるなかで、スピードが出すぎたり、思ったより高い場所に登ってしまったり、子どもなりにヒヤリとする経験をすることもあると思います。こういった経験を重ねることで、危険を回避する能力を磨いていくのだそうですよ。

コミュニケーション能力が育つ

公園の遊具で遊ぶようになると、お友達との関わりが出てきますよね。子どもにとって、コミュニケーションやマナーを学んでいく格好の場です。

ブランコやすべり台では、ゆずりあいや順番待ちが発生することもしばしば。一列に並んで順番がくるのを待つとか、待っている子がいたら交代するといったルールやマナーを、遊びをとおして身につけていけるようパパやママが導いてあげましょう。

さまざまな年齢の子が集まる遊具では、周りへの思いやりの心を育てるチャンスでもあります。年下の子には優しく接する、自分より小さな子がいるときはぶつかったりしないよう気をつけて遊ぶなど、周囲に気を配りながら遊ぶことを伝えていくようにしましょうね。

親子で知ろう!遊具で遊ぶときの注意

子どもの年齢にあった遊具で遊ばせよう

すべりおりたり、ふわっと浮き上がったり、ぶら下がったり、普段の生活ではなかなかやらない体験ができることの多い遊具。スピード感や浮遊感など、子どもにとってわくわくがいっぱいですよね。こういったわくわくする体験はとても大切で、年齢に合った体験を積み重ねることで、脳が刺激され、賢くなっていくのだそうです。

遊具には、対象年齢が存在します。公園にある遊具に貼られた、対象年齢が記載されたシールに気づく方も多いのではないでしょうか。

対象年齢は、安全面から設定されているものではありますが、発達に応じた遊びができるように、との役割もあるそうです。年齢に応じた運動能力や判断能力をめいっぱい使って遊べるよう設計されているのだそうですよ。

子どもの服装や老朽化した遊具に注意しよう

楽しい遊具ですが、一方で思わぬ事故が起こることもあります。気をつけるべきことを知り、事故を未然に防ぐようにしましょう。

まず気をつけるべきなのは、遊ぶときの服装です。
・フードのついた服
・紐やリボンのついた服
・だぼっとした服
・マフラーや水筒、ポシェット、リュックなどの小物類
・手袋やサンダルなど、すべりやすい・脱げやすいもの
遊具に引っかかりやすいものを身につけて遊ぶのは避けましょう。

老朽化した遊具にも気をつけましょう。
・木が腐ったり割れたりしている
・ねじがゆるんでいる
・ロープが切れそうになっている
・塗装がはげて鋭利な部分がある
こういった遊具では遊ばないようにしましょう。公園の管理者に連絡するといいですね。

子どもの自由な遊具遊びを見守ろう

公園の遊具には、決まった遊び方というものがありません。子どもの自由な発想で遊ぶのを見守りましょう。

安全に遊べるよう見守るのは当然のことですが、あまりにも行動を制限しすぎるのは考えもの。というのは、子どもは遊びの中のちょっとした危険から、身を守る方法や判断能力を身に着つけていくためです。明らかに危ない場合には静止しなければなりませんが、少しおおらかな気持ちで見守っていきたいものですね。

ただ、なかには子ども自身では避けづらい危険もあります。中学生くらいの体格の違う子どもがダイナミックに遊んでいる場合など、周りへの注意が散漫になっている場合があります。そういった場合はその遊具を避けるなど、パパやママが気をつけてあげてくださいね。

大型遊具があるおすすめの東京の公園は?

大型アスレチックがある平和の森公園

東京周辺には遊具の充実した公園がたくさんありますよね。おすすめの公園を3カ所ご紹介しましょう。

まず一つ目は、大田区にある「平和の森公園」。京急の平和島駅から徒歩10分ほどの距離にあります。この公園の目玉は、フィールドアスレチック。小学生以上、大人までを対象とした有料のアスレチックコースです。

「幼児は遊べないの?」との心配はご無用。幼児向けには、無料の幼児用アスレチック場が別に用意されています。おまけみたいなものなんでしょ、と侮ってはいけません。木や縄で作られた本格的な、幼児にはチャレンジしがいのあるアスレチックです。

アスレチックで遊んだあとは、隣接する「大森ふるさとの浜辺公園」の広い芝生や砂浜で遊ぶのもおすすめですよ。

巨大トランポリンがある昭和記念公園

二つ目は、立川市にある「国営昭和記念公園」。180ヘクタール(ディズニーランド3.5個分)もの広さを誇る、かなり広大な公園です。

子ども向けの遊び場「こどもの森」の中もいくつものもゾーンに分かれ、大型遊具や巨大なハンモック、長いローラーすべり台、探検できる広場などが目白押し。なかでも巨大トランポリン「雲の海」は子どもたちに大人気です。

ふわふわドームとも呼ばれる巨大トランポリンは、体格の違う子がいると危険を感じる場合もあるのですが、この公園は、年齢ごとにゾーンが分かれているので、小さな子どもでも安心して遊べますよ。

公園内は広く、入口から遊具広場までかなり距離があるため、パークトレインを利用してもいいですね。

スリル満点な滑り台!殿入中央公園

三つ目は、八王子市にある「殿入中央公園」。JRおよび京王線の高尾駅からバスで行ける、緑いっぱいの公園です。

この公園の目玉は、多摩地区最大級というローラースライダー。無料で貸し出されている専用のマットを敷いてすべります。

おしりが痛くならないので何回でも滑りたくなりますね。山の木々の間をすり抜けるように伸びている全長105mのローラースライダーは、スリル満点で子どもたちに大人気です。

そのほか、大きな木のような形のネットの遊具や、ロープの吊り橋など、スリルを味わいながら遊べる遊具がそろっています。さまざまな年齢を対象にした遊具が複数設置されているので、小さい子どもから大きい子どもまで思いっきり遊べますよ。

まとめ

遊具の効果や遊ぶときの注意点、大型遊具の充実した東京の公園を紹介してきましたがいかがでしたか。幼児期の遊具での遊びには、楽しいだけでなく、子どもの成長の手助けにもなる効果があるとは驚きですよね。

遊具の充実した公園は、子どもだけでなくパパやママもなんだかわくわくしてしまいますよね。ここに紹介した以外にも、魅力的な公園はあちらこちらにたくさんあります。遊具をつかって体を思いっきり動かして思いっきり遊びましょう。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • 【名古屋】月あかりの映画祭2018
  • 【宮城】月あかりの映画祭2018