就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

デビットカードでスマホ決済するには?ママでもわかる手続きと使い方

デビットカードでスマホ決済するには?ママでもわかる手続きと使い方

最近CMなどでもよく耳にするデビットカードやスマホ決済、使えるお店も増えてきています。聞いたことはあるけれど使い方がわからない、使うことに不安があるというママは多いのではないでしょうか。実際にデビットカードやスマホ決済とは、どういったものなのか、クレジットカードとの違いやおすすめのカードなどご紹介してきます。

主婦でも使えるデビットカードについて

口座のお金を直接使って支払うカード

デビットカードとは「口座のお金を直接使って支払いを行うカード」のことをいいます。基本的には銀行などの金融機関によって発行されます。

カードにお金をチャージして使用するプリペイドカードとは違い、商品代金をデビットカードで支払うと、支払った金額が自動的に預金から引き落とされる仕組みとなっています。預金からの引き落としは「即時」となりますので、商品代金を支払う際に引き落とし口座が残高不足となっていると、商品を購入することができません。

また、クレジットカードと同じブランドがサービスを提供していることから、クレジットカードを使用できるところではデビットカードも使用できるため、国内外問わず使えるところが多いのも特徴です。

クレジットカードと違う点とは

デビットカードとクレジットカードの違いは主に「即時払い」か「後払い」かです。

クレジットカードの仕組みとしては、商品などを購入した際にカードで支払うと、その代金を一旦カード会社が立て替えます。そして一定期間分の支払い代金を翌月、もしくは翌々月にまとめて口座から引き落としとなります。

また、クレジットカードでは分割払いやリボ払いなどを選ぶことができますが、デビットカードは1回払いのみとなっており、キャッシングサービスなどのサービスもついていません。

クレジットカードと違い口座の残高が限度額となるため、使いすぎて支払いが足りなくなってしまったりすることもなく、比較的現金支払いに近い感覚で使用できます。

デビットカードを持つメリットとデメリット

デビットカードを持つメリットは多く、お金を使いすぎることがない、現金を持たなくてよいため安全、ATM手数料を節約できる、海外へ行っても現地通貨に両替する必要がないなどが挙げられます。

また、クレジットカードと違い立て替える(借金をする)必要がないため審査もなく、中学生を除く15歳以上は誰でも持つことができます。現金支払いにはないポイント還元があったり、「ショッピング保険」や「不正利用保障」などの保証が付帯していたりするのも、大きなメリットですね。

デメリットとしては、クレジットカードと比べるとポイント還元率が低い、高速道路などの一部やETCカードとして使用することはできない、分割払いができないなどが挙げられます。

ママでもできるスマホ決済について知ろう

お店でみるスマホ決済は大きく2種類ある

デビットカードを登録すると、預金を電子マネーに変えて決済を行うスマホ決済が可能になります。現在お店でできるスマホ決済の種類には「FeliCa方式」と「QRコード方式」の大きく分けて二つあります。

FeliCa方式とは、「おサイフケータイ」や「Apple Pay」といった、機械にかざすだけで支払いが完了する方法で、現在のスマホ決算の主流となっています。

QRコード方式とは、自分のQRコードを読み込んでもらうことで決算が完了する方法です。おサイフケータイやApple Payは対応しているスマートフォンでないと使用することができませんでしたが、このQRコード方式はアプリをダウンロードすれば、機種を問わずスマホ決済ができます。

電子マネー対応店でないと使えない!

ここで注意が必要なのが「スマホ決算(スマートデビット)は電子マネー対応店でないと使用することができない」ということです。

デビットカードの場合、クレジットカード加盟店であればどこでも支払いをすることが可能でしたが、スマホ決済(スマートデビット)の場合は例えクレジットカード加盟店であっても、電子マネー専用の機械が置いていないと決済することができないのです。

デビットカード決済には対応しているが、スマホ決済には対応していないというお店もまだまだ多くあります。出かける際、行き先がスマホ決済に対応しているかどうかわからない場合は、念のためデビットカードも携帯に忍ばせるなどし、持ち歩くようにするとよいですね。

一部のカードに対応不可な決済アプリもある

スマホユーザーであれば使うことのできるスマホ決済ですが、アプリによっては一部使えないカードもあるようです。

例えば、楽天ペイやd払いではJCBデビットカードと一部のVISAデビットカードは使えず、オリガミペイではJCBデビットカードは使えません。電子マネーのIDは三井住友のSMBCデビットカード以外では使用できません。

また、LINEモバイルではデビットカード自体での支払いができなかったりと、アプリによって対応しているもの、していないものが様々です。

使用しているカードに対応しているアプリはどんなものがあるか、もしくは使いたいアプリが対応しているデビットカードはどれかを事前に調べておくとよいですね。

スマホ決済が可能なデビットカードの紹介

ポイントも貯まる楽天JCBデビットカード

デビットカード一番のおすすめは楽天銀行の「楽天JCBデビットカード」です。なぜかというと楽天JCBカードはなんといってもポイント還元率がよいためです。

前でも少しお伝えしましたが、デビットカードはクレジットカードと違い、基本的にポイント還元率は低いです。ですがこの楽天JCBデビットカードはなんと還元率が1%と、クレジットカード並みなのです。

また、高還元率のカードには年会費が掛かったり、厳しい条件があったりするものも多いですが、こちらのカードは年会は永年無料、さらに発行手数料も無料です。

楽天銀行は、3万円以上の入金は手数料が無料となるため、お買い物前にある程度まとまったお金を入金しておくとさらにお得に使うことができますね。
29 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC