就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

乳児との冬の過ごし方。冬ならではの悩みや疑問を解決して乗り切ろう

乳児との冬の過ごし方。冬ならではの悩みや疑問を解決して乗り切ろう

冬場は、大人でも寒さで風邪をひきやすい時期ですよね。赤ちゃんが風邪をひかないように、どんな服を着せたらよいのか、お部屋の温度は何度ぐらいがよいのかなど、分からないことが多いですよね。今回は冬場のお部屋の中の服装や、外出どきの服装などを分かりやすくご紹介します。

乳児が冬の室内で過ごすときのポイント  

室内の適温と適した湿度とは?

赤ちゃんが冬場に室内で過ごすとき、ママは赤ちゃんに風邪をひかせないように、室内を暖房器具などで温かくしますよね。冬場の室内の温度は20~23℃位、湿度は40~60%が快適な室内環境といわれています。

赤ちゃんは大人と比べて体温が少し高いので、室内の温度を高くしすぎてしまうと、熱くて寝苦しくなり、過ごしにくいのでご機嫌が悪くなることもあります。室内に温度計と湿度計を置いて、こまめにチェックすると分かりやすいですね。

冬場は空気が乾燥するので、湿度も低いことが多いです。加湿器を置くのもよいですが赤ちゃんが触ると危ないので、置く場所に困るママもいますよね。そんなときは、洗濯物を部屋干しにして加湿器代わりにすると便利ですよ。

どのように暖房を使う?夜中も使う?    

赤ちゃんがいる家庭では、暖房の使いかたにも注意が必要です。最近の家庭では、床暖房が付いている家も多いですよね。 床暖房は大人だと足元が温まるのでよいですが、赤ちゃんは寝ていることも多いので、長時間寝かせていると低温やけどしてしまう可能性があります。ホットカーペットも同じなので、布団などをしかずに寝かせたり、長時間同じ場所で遊ばせたりしないようにしましょう。

夜中の暖房ですが、朝まで切らずに過ごしてしまうと、温度が上がりすぎたり室内の乾燥の原因になったりします。赤ちゃんの寝かしつけの時間までに寝室をしっかり温めておいて、寝た後は2、3時間後にエアコンが切れるように、タイマーを設定しておくか、パパやママが消してから眠るようにするとよいですよ。

冬でも脱水症や熱中症に注意しよう

脱水症や熱中症と聞くと、夏場に発生するイメージが強いですよね。しかし、冬場でも家の中で脱水症や熱中症になる赤ちゃんは多いのです。

赤ちゃんはまだ体が未発達なので、急に体温が上がることもあります。また、新陳代謝も活発なので汗もかきやすく、室内の温度が高いと「汗で服が濡れていた」ということもよくあります。ですから、こまめに水分補給をしないと脱水症になってしまいます。

熱中症は、高温多湿の環境で発症することが多いです。冬によく発症する場所は、実はお風呂の中なのです。冷え切ってしまった体をお風呂に入れることで急激に温まるので、血流に急な変化が起きてしまうことがあります。寒いからといって長風呂してしまうと脱水にもなってしまうので、注意が必要です。



子育てママ必見!育児相談もできる「ベビータッチ&ママストレッチ」

PR

子育て中のママは、独身時代や出産前とは生活が激変しますよね。社会とのつながりが減り、子育ての悩みを一人で抱え込んでいる人も多いのではないでしょうか?そんな時に悩みを聞いてもらえたり、リフレッシュできる場があるとうれしいですよね。今回は「保険LICO(ライコ)」が定期的に開催している「ベビータッチ&ママストレッチ」セミナーをご紹介します。

乳児の冬服は何をどのように選ぶ?

冬の部屋着の選び方と組み合わせ   

寒い冬場は、お部屋の中で赤ちゃんにどんな服を着せればよいのか悩むママは多いですよね。赤ちゃんは新陳代謝が活発なので、服を何枚も重ね着させるのはあまりおすすめできません。

お部屋の中では基本的に、短肌着+長肌着+カバーオールやツーウェイオールを着せてあげましょう。冬場はフリース素材のカバーオールなども売られているので、重ね着しなくても暖かい服装ができますよね。とくに寒い日は、ベストを着せたり、腹巻きでお腹周りを温めたり、ゆるめのレッグウォーマーで足元を冷やさないようにしたりして、寒さ対策するのもおすすめですよ。

ハイハイをしだすと行動範囲が広がり、赤ちゃんの運動量も増えますよね。暑そうにしていたら、肌着を長肌着1枚に減らしても大丈夫です。

乳児の外出着の選び方   

冬場の外出は、赤ちゃんの服装選びが難しいですよね。外出するときはカバーオールなどの上にアウターを着せてあげましょう。ねんねの時期はおくるみでも大丈夫ですよ。また、足元や頭が冷えると風邪をひきやすいので、靴下をはかせて、ニット帽やネックウォーマーで寒さ対策をしましょう。

外が寒いからといって、服の着せすぎは要注意です。お買い物などで室内に入ると暖房がきいているので、暑くて赤ちゃんが辛くなってしまいます。寒い日でもアウターの下は、部屋着の服装で大丈夫ですよ。

外出着は、保温性の高い服選びがおすすめです。たとえば、体にピッタリの服よりも、少しゆるめの服を着ると空気の層が自然とできて、保温性が高まり暖かく感じますよ。




こまめに汗や体温を確認しよう

夏に比べると、冬は汗をあまりかいていないように感じますよね。しかし、実際は冬でも同じように汗をかいているのです。冬は空気が乾燥していて汗の乾きが早いため、あまり汗をかいていないように感じます。

赤ちゃんは成長するにつれて汗腺も発達するので、体は小さくても大人と同じ数の汗腺があります。ですから小さい体で大人と同じ位の汗をかいていることになります。冬場は厚着になることが多いので、汗をかいたり熱がこもったりしやすい状況です。

汗で濡れた服をそのままにしておくと、体が冷えて風邪をひいてしまう原因にもなります。こまめに赤ちゃんの汗や体温を、確認しましょう。汗で肌着が湿っていたら、すぐに着替えさせるとよいですよ。


就寝時の服装や布団の調節の仕方   

冬の夜の布団のかけ方

寒い冬は、かけ布団も厚めの重たい布団にしがちですよね。しかし、まだ小さい赤ちゃんは自分で布団をはがすことができません。布団が重たいと、息苦しくなってしまったり熱がこもってしまったりすることがあります。

冬場は、タオルケットや綿毛布などを何枚か重ねるようにして温度を調節しましょう。電気毛布は、布団の中の温度が上がりすぎてしまうことがあります。赤ちゃんを寝かせるときには、消しておいたほうがよいですよ。

掛布団は、赤ちゃんが自由に手を動かせるように、胸のあたりにかけてあげるとよいでしょう。寒いからといって口元の辺りまで掛布団をかけてしまうと、窒息の危険性も高まります。夜中の授乳のときなどに、こまめに布団をかけ直してあげるとよいですね。


26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2019
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC