就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

男の子育児は楽しいことがいっぱい!異性子育てのコツをおさえよう

男の子育児は楽しいことがいっぱい!異性子育てのコツをおさえよう

男の子の育児に戸惑うといったことはありませんか。女の子の場合は、ママの幼少の頃の記憶からある程度理解できます。しかし、異性である男の子の行動にはなかなか理解できないものもあるのではないでしょうか。ここでは男の子の育児のコツをご提案いたします。楽しいことがいっぱいありますよ。

男子育児は「びっくり」「楽しい」の連続!

幼児期のママ大好きが女の子以上にすごい

男の子の幼児期はとにかくママが大好きでママにべったりです。幼稚園や保育園ではママと離れるのが嫌で泣く子もたくさんいます。

女の子は幼児期に入るとママの真似などをしながら大人びてきますが、そこまでママにべったりというわけではありません。

男の子は幼少期にはママにべったりですが、大人になると離れていきます。女の子は幼少期はあっさりしていますが、大人になっても気にかけてくれます。子どもの性格にもよるので一概にはいえませんが、性別によってこのような傾向があります。

男の子が「ママ大好きだよ」といってくれることもよくある話なので、嬉しいですね。またママが一番なので、兄弟などほかの人と仲よくしているとやきもちをやくところも可愛いですよ。

興味のなかった電車や車が好きになる

男の子はいつの間にか電車や車を好きになっています。散歩で見ているところも車やバス、電車であったり乗り物に関係した信号や踏切であったりします。また、救急車やパトカー、ショベルカーなどを見ることができるととても喜びますよ。

駅の近くに住む先輩ママによると、散歩は子どもの希望で駅に行き、電車をずっと見続けるのが日課だそうです。

男の子は家でも電車や車のおもちゃでずっと遊び、本やDVDも加わってとても詳しくなります。細かなところまで観察し、大人も知らないようなことを次々に吸収していきます。このように、熱中すると「ずっと」が止まらないようですね。

おかげでママも詳しくなってきます。今まで興味がなかった世界に入ることができるので、勉強になりますよ。

単純で素直で癒される

男の子は単純です。虫を捕まえるのに夢中で走り回ったり泥んこになって遊んだり、高いところに平気で登ったり毎日が冒険であることを楽しみます。そんな様子を見て、ママは危なくないか心配したり、いうことを聞かないとイライラしたりするかもしれません。

しかし、男の子は興味があるものにはまっしぐらに行動してしまう傾向があります。そういうものだと受け止めて、よほどではない限りは見守りましょう。

また男の子は褒められることが好きで、褒めると素直に喜ぶので見ていて可愛いらしく癒されます。嫌味がなく裏もないので、ママは男の子の育児において反応が楽しく感じるでしょう。

機嫌を悪くしても怒りを引きずらず、すぐに機嫌を直したりするところも男の子のよいところでしょう。

男の子育児をもっと楽しむためのコツ

いつかは離れるから今は甘えさせよう

幼児期の男の子はとにかく甘えん坊です。あまりの甘え具合にママもイライラしてしまうかもしれません。

しかし、男の子が甘えてくれるのは小学6年生の思春期前ごろまでです。思春期の反抗期に入ると急にママから離れていってしまいます。今まで「ママ、ママ」といってくれたのが、嘘のように寂しく感じるかもしれません。

寂しいですがそれも成長の証です。そう思うと、大変な子育てもあっという間ですね。今はしっかりと甘えさせましょう。幼い頃にママに甘えを受け入れてもらえることで、心身ともに満たされ自立していきます。

スキンシップをじゅうぶん取ることで、心が強くなり自然とママから離れていくようになります。将来きっと優しく頼もしい男性になりますよ。

男子は繊細!怒るときはプライドを考慮して

「男の子は強く育てなきゃ」と力が入ったり、何度いっても聞かない態度についついガミガミ怒ってしまうママは多いです。でも、子どものためによかれと思ってしていることでも、逆効果になる場合があるので注意しましょう。

男の子は体はたくましくても心が繊細なので、ガミガミいわれたりプライドを傷つけられると自尊心がうまく育ちません。自尊心がないと、いざというときに頑張れない子になってしまいます。くれぐれも「男の子なんだからしっかりしなさい」というようなことはいわないほうがよいでしょう。

ママは男の子の予測のつかない行動にイライラすることが多いようです。自尊心を育てるためにも、「信頼しているよ」という気持ちを子どもに伝えて注意ができるとよいですね。

男の子の成長はゆっくりだと理解する

一般的に幼児期の男の子は口下手で甘えん坊で、女の子は口達者でしっかり者が多い傾向があります。これは脳の発達の早さが影響しているといわれています。

女の子は言語をつかさどる左脳や脳梁の発達が早いので、口達者で物事を同時に処理することに優れているのだそうです。男の子は一つのことに集中することは得意ですが、ママが大好きな甘えん坊で、女の子より病気に弱く風邪なども引きやすいです。

男の子は小学生になっても言葉がうまく使えていないこともありますが心配いりません。男の子の成長はゆっくりなので、女の子と比べても仕方のないことです。また、ゆっくりの成長もいつまでも幼い子のようで可愛いものです。少しずつ成長していく過程をママは楽しんでくださいね。

男の子ならではの子育ての悩みあるある

元気過ぎてママの体力が持たない

男の子の子育ては体力勝負だというのをよく聞きますが、実際はどうなのでしょうか。

実際に元気かどうかはその子の性格や体質にもよるので、女の子であっても男の子であっても元気でやんちゃな子もいればおとなしい子もいます。

しかし上記でも述べたとおり、男の子と異性であるママには行動が理解できず、予測ができないので疲れるのだそうです。

また、女の子はおままごとや人形遊びなどが多いのに対して、男の子は屋内や屋外に関係なく走り回ったり体を使ったりする遊びが多いので、ついていくのに一苦労といったこともあるのでしょう。

できればパパのお休みの日は遊び相手をしてもらいましょう。男の子の遊び相手はパパにぴったりの役目です。パパの頼もしさが発揮できますよ。

こだわりが強くて大変

男の子は一つのことに集中する特性があるので、こだわりも強いです。細かな部分までよく観察しているのでお気に入りのものに対する情熱や情報量には感心してしまいます。

しかし、大変なのはそれでないとだめだということです。例えばおもちゃの場合、欲しいものとよく似た代用品では納得してくれません。いつまでも欲しいといい続けます。

大人から見れば、大して変わらないしほとんど同じものだと思うものでも、男の子にとっては「ここの部分が違う」「こうじゃなきゃだめなの」と強いこだわりがあるようです。

こだわりが強いのはよいことでもあります。とことん好きなものを追求する精神は、将来きっと役立つので大切にしてあげたいですね。ママはできる範囲で受け止めてあげてくださいね。

男の子の行動が理解できない

一度いったらすぐ行動できる女の子に対し、何度いってもまったく動かないのが男の子の現状です。聞こえているのかいないのか、たいていのママはイライラすることが多いです。

いつもマイペースで落ち着きがないのが男の子の行動ですが、ママが理解できないのも無理はありません。これは男の子の攻撃性のある本能的な脳の構造が関与しているとされています。

また男の子は興味のあるもの以外にはなかなか行動を起こさないところもあるので、ママが怒るときも多いでしょう。着替えや片付け、お手伝いなども自分からしようとはしないので、見かねたママが口出ししてしまうということになりがちです。

男の子の行動の許容範囲を広く持つことが、のびのびと育てるコツかもしれませんね。

まとめ

幼児期の男の子はママが大好きで成長もゆっくりです。ぜひこの可愛い時期を楽しんでください。思春期に入ると離れていってしまうのは寂しいですが、それも成長したということです。

離れたときに自分で問題を解決していけるような心の強い男の子でいてほしいですよね。そのためにもあまり男の子に過干渉にならず、広い心で見守ることも大切です。

男の子の育児が大変なときはパパを頼りましょう。ママは肩の力を抜いて育児を楽しめるとよいですね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018