就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

8カ月頃の赤ちゃんの冬服の選び方!おすすめ素材とコーディネート

8カ月頃の赤ちゃんの冬服の選び方!おすすめ素材とコーディネート

暖かい春に生まれた赤ちゃんがはじめての冬を迎える頃には、離乳食が進んだり、ズリバイやハイハイで移動したりと、さまざまな成長が見られます。赤ちゃんの服装選びは難しいものですが、8カ月頃の活発な赤ちゃんが活動しやすくなるように、室内や屋外でどのような冬服を着せていけばよいのかについてご紹介します。

赤ちゃんの冬にはどんな服装がよい?

生後8カ月頃のベビー服のサイズの目安とは

赤ちゃんの成長はとても早いもの。かわいらしいデザインに惹かれてついたくさん買ってしまいそうになりますが、すぐにサイズアウトしてしまうため、サイズが適切か、季節に合った素材か、成長に合った形かなどを考慮しながら、少しずつ買い足していく必要があるのです。

生後6カ月〜1歳頃のベビー服のサイズの目安は80とされていますが、一口に80サイズの服といっても、上下がつながったロンパースから上下セパレートの服まで、多種多様に販売されています。

赤ちゃんの成長は個人差が大きいので、「8カ月になったから、このサイズのこの服」と月齢に合わせるのではなく、お子さんの身長や体重、発達の段階を考慮しながら、そのときどきに合ったものを選ぶようにしましょう。

保湿性と伸縮性に優れた素材の肌着を選ぶ

体温調節機能が未熟な赤ちゃんの体温を調節する、汗っかきな赤ちゃんの汗をすばやく吸収して肌を快適な状態に保つなど、デリケートな赤ちゃんの肌を守る上で肌着は欠かせません。

生後8カ月の頃には、短肌着やコンビ肌着からボディ肌着へとシフトしていくママが多いかと思いますが、形だけでなく素材にもこだわって選ぶようにしましょう。

吸湿性や通気性などの機能面において優れている綿100%の肌着は、デリケートな赤ちゃんの肌にぴったりです。同じ綿素材でも生地の織り方によって厚さや編み方に違いがあるので、夏場には通気性抜群のガーゼやメッシュを、冬場には保温性や伸縮性に優れたスムースやフライスを着せるなど、季節に合わせて選ぶとよいですよ。

暖かく使いやすいカバーオールが重宝する

赤ちゃんが着る服はさまざまなタイプのものがありますが、上下がつながっていて足首まで覆うことのできるカバーオールは、ねんねの頃から長く使えるベビー服の定番です。

股の部分にスナップがついているのでおむつ替えがしやすい、上下がつながっているのでお腹がはだけず、お腹が冷えないので冬場に重宝する、なども人気の理由でしょう。寒い季節に着せるのであれば、長袖・長ズボンのもの、キルトなどの暖かい素材のものがおすすめですよ。

ただし、活発な赤ちゃんでハイハイなどでの移動が早く、おとなしく股のスナップボタンを留めさせてくれないとなれば、カバーオールから上下セパレートの服へとシフトする必要があるでしょう。ママのお世話のしやすさも重視して服を選びましょう。

赤ちゃんの冬服を選ぶときのポイント

冬の服装は大人マイナス1枚を目安にしよう

赤ちゃんは体温調節機能が未熟で、周囲の温度の影響を受けやすいもの。自分で「暑い」「寒い」と意思表示することもできませんから、パパやママが赤ちゃんの汗のかき具合や機嫌を見ながら、衣服の枚数や部屋の温度を適宜調整する必要があるのです。

冬場の赤ちゃんの服装は、生後2カ月頃までであれば大人と同じ枚数、体温調節機能が発達しはじめる生後3カ月以降であれば大人より1枚少なめが目安とされています。

大人からすると少し寒そうに見えるかもしれませんが、赤ちゃんの平熱は37℃前後と大人より高めですので、「上下がつながったボディ型肌着1枚+カバーオールまたは上下セパレートの服」を基本として、毎日のコーディネートを考えていくとよいでしょう。

厚着に注意!肌着を重ね着して調節を

寒さの厳しい冬には、「かよわい赤ちゃんが風邪をひいてしまわないだろうか」と心配するあまり、つい厚着をさせてしまいたくなりますよね。

保温性のある服やもこもことした服はたしかに暖かく外出時などには重宝しますが、あまりに分厚い素材の服を着せてしまうと赤ちゃんの動きを妨げてしまったり、授乳後などの体温が上がったときに汗をかいてしまったりするので注意が必要です。

もこもことした厚手の服では体温調節が難しいので、冬の赤ちゃんの服装は薄手のものを重ね着するのがおすすめです。寒そうにしているときには肌着を重ねたり、ベストやカーディガンを着せたりする、背中に汗をかいているようであれば1枚少なくするなど、赤ちゃんの様子を見ながら調節するとよいですよ。

外出用に暖かいアウターを用意しよう

一口に赤ちゃんのアウターといっても季節の変わり目から冬本番用のものまで、さまざまな素材や形のものがあります。お子さんの月齢に適しているか、時期に合ったものかなどを考慮の上、適したものを揃えましょう。

・ベスト
寒くなりはじめる頃にあると便利です。着脱のしやすい前ボタンタイプのものがおすすめですよ。

・ポンチョ
袖のないデザインで、肩から腰までをすっぽり覆うことができます。袖のあるアウターより着脱がしやすく、首がすわった頃から長く着せることのできるアウターです。

・ジャンプスーツ
真冬に長時間外出するときに役立つアウターです。フードや手足に折り返しのカバーが付いているもの、ダウン素材や裏起毛のものなどさまざまです。

赤ちゃんにおすすめな冬のコーディネート

お部屋の中ではなにを着て遊ぶ?

生後8カ月頃の赤ちゃんはハイハイやつたい歩きなどで活発に動きまわるため、あまり厚着をすると汗をかいたり、動きを妨げてしまったりする恐れがあります。

赤ちゃんが過ごす冬場の部屋は、室温20〜23℃、湿度40〜60%程度が理想的だとされています。エアコンなどの暖房器具や加湿器などを使って温湿度を調整し、赤ちゃんが厚着をしなくても快適に過ごせるようにするとよいでしょう。

お部屋で過ごすときの服装は「コンビ肌着、または前開きやかぶりタイプのボディ肌着+カバーオール、または長袖Tシャツやトレーナー+ズボンやスパッツ」が基本です。靴下は滑ったり手足が蒸れてしまったりするので必要ありません。肌寒い日にはベストやカーディガンなどのはおりもので調整しましょう。

お出かけのときは交通手段を基準に考えよう

ねんねの頃のアウターといえばおくるみですが、成長するに従ってさまざまなアウターを着せることになります。交通手段や外出先によってアウターを使い分けるとよいですよ。

まず、短時間の散歩などの抱っこひもメインで移動する場合には、靴下にレッグウォーマー、帽子、ポンチョといった組み合わせがおすすめです。抱っこひもを使うとママの体と密着するので、そこまでの防寒は必要ありません。ポンチョははおらせるだけで脱ぎ着ができるため、屋内と屋外の移動が多くなるときに便利です。

ベビーカーで長時間外出する際には暖かいカバーオールやジャンプスーツがよいでしょう。手足までカバーできるので便利ですが、暖かい室内や乗り物に乗ったときには熱がこもりやすいので脱がせてくださいね。

眠るときは腹巻つきのパジャマなどで暖かく

冬の夜はとても冷えるため、寝ている間に赤ちゃんが風邪をひいてしまわないか心配になりますよね。

「赤ちゃんが寒い思いをしないように」とつい厚着をさせたり、布団の枚数を増やしたりしたくなるのが親心ですが、あまりに温めてしまうと汗をかいたり布団を蹴ったりしてしまい、かえって風邪をひいてしまう恐れがあります。冬場の睡眠時は必要以上に温めないよう注意しましょう。

寝るときの赤ちゃんの服装は「肌着1〜2枚+長袖パジャマ」が理想的です。寝汗を吸収してくれる肌着に、保温性のあるパジャマを合わせるとよいでしょう。寝冷えが心配であれば腹巻つきのパジャマを着せたり、スリーパーやレッグウォーマーを活用したりするなど、暖かくなるよう工夫しましょう。

まとめ

赤ちゃんの服選びは楽しいものですが、季節や月齢、過ごす環境に合わせて適切なコーディネートをすることは意外と難しいものですよね。肌着や服、アウターそれぞれにおいて、生後8カ月頃の赤ちゃんが身につけるものは素材や形が多種多様に販売されており、それも悩みの元となってしまうことでしょう。

今回ご紹介した室内・外出時のそれぞれにおける適切な衣類、枚数のポイントを参考にしていただき、赤ちゃんがはじめての冬を快適に過ごせるようにサポートしてみてくださいね。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • teniteoFC
  • 2040pj