就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

8カ月頃の赤ちゃんの冬服の選び方!おすすめ素材とコーディネート

8カ月頃の赤ちゃんの冬服の選び方!おすすめ素材とコーディネート

お出かけのときは交通手段を基準に考えよう

ねんねの頃のアウターといえばおくるみですが、成長するに従ってさまざまなアウターを着せることになります。交通手段や外出先によってアウターを使い分けるとよいですよ。

まず、短時間の散歩などの抱っこひもメインで移動する場合には、靴下にレッグウォーマー、帽子、ポンチョといった組み合わせがおすすめです。抱っこひもを使うとママの体と密着するので、そこまでの防寒は必要ありません。ポンチョははおらせるだけで脱ぎ着ができるため、屋内と屋外の移動が多くなるときに便利です。

ベビーカーで長時間外出する際には暖かいカバーオールやジャンプスーツがよいでしょう。手足までカバーできるので便利ですが、暖かい室内や乗り物に乗ったときには熱がこもりやすいので脱がせてくださいね。

眠るときは腹巻つきのパジャマなどで暖かく

冬の夜はとても冷えるため、寝ている間に赤ちゃんが風邪をひいてしまわないか心配になりますよね。

「赤ちゃんが寒い思いをしないように」とつい厚着をさせたり、布団の枚数を増やしたりしたくなるのが親心ですが、あまりに温めてしまうと汗をかいたり布団を蹴ったりしてしまい、かえって風邪をひいてしまう恐れがあります。冬場の睡眠時は必要以上に温めないよう注意しましょう。

寝るときの赤ちゃんの服装は「肌着1〜2枚+長袖パジャマ」が理想的です。寝汗を吸収してくれる肌着に、保温性のあるパジャマを合わせるとよいでしょう。寝冷えが心配であれば腹巻つきのパジャマを着せたり、スリーパーやレッグウォーマーを活用したりするなど、暖かくなるよう工夫しましょう。

まとめ

赤ちゃんの服選びは楽しいものですが、季節や月齢、過ごす環境に合わせて適切なコーディネートをすることは意外と難しいものですよね。肌着や服、アウターそれぞれにおいて、生後8カ月頃の赤ちゃんが身につけるものは素材や形が多種多様に販売されており、それも悩みの元となってしまうことでしょう。

今回ご紹介した室内・外出時のそれぞれにおける適切な衣類、枚数のポイントを参考にしていただき、赤ちゃんがはじめての冬を快適に過ごせるようにサポートしてみてくださいね。
26 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事



  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND