就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

喪中の意味やその期間とは?喪中の過ごし方やマナーを知ろう

喪中の意味やその期間とは?喪中の過ごし方やマナーを知ろう

「喪中」という言葉はよく耳にしますが、それがどういう意味かと問われるとはっきり説明できる人は多くないかもしれません。しかし、自分の身内に限らず友人や知人が喪中になることもありますね。そこで、不幸ごとにより喪中になったときの自分や友人たちに対する対処法などを見てみましょう。

「喪中」の意味やその期間を知っておこう

故人を追悼する古くからの慣習

喪中とは「喪に服す」ことで近親者が亡くなったことを悼み、喪服を着て身を慎んで過ごす期間です。この期間はお祝いや慶びごとを避け、派手な行いをしないようにします。

多くの人が喪中は仏教由来と勘違いしていますが、実は日本土着の信仰、神道からきているのです。神道では、死を「穢れ」と捉え、忌明け五十日祭までは神社への参拝を禁じています。初詣やお宮参り、七五三なども控えることになるでしょう。

一方、仏教では死を穢れとは捉えず、仏になったと考えます。そのため、お寺への参拝は問題がありません。

それではなぜ多くの人が喪中を一般的と考えるようになったかというと、奈良時代の養老律令や江戸時代の服忌令、明治時代の皇室服喪令などに記載されたからでしょう。

喪に服する範囲や期間の目安とは

身内が亡くなったため喪に服し喪中とするのは、一般的に二親等までとなっています。パパやママを0(ゼロ)親等と考えると、一親等は両親、子ども、二親等が祖父母、孫、兄弟姉妹です。ただし、三親等以上であっても特別な繋がりがある場合は喪に服すこともあるでしょう。

明治時代に出された太政官布告では、喪中や忌中の日数が故人との関係性ごとに細かく決められていました。しかし、夫や夫の父母、祖父母などが亡くなったときは服喪期間が長いのに、妻側の親族の場合には服喪期間がないなど男尊女卑色が強かったため、昭和22年に廃止されました。その後の喪中は、一年間が一般的です。

また、会社ごとに忌引き休暇があります。これも血縁の深さや親等数により定められていますよ。

忌中と喪中の違いについて

忌中と喪中は似ていますが、意味は少し違います。一番違うのは、対象の期間でしょう。忌中は仏教での四十九日法要、神道では五十日祭までとなります。一方、喪中はどちらも一年です。キリスト教にはどちらの概念もありませんが、プロテスタントは召天記念日、カトリックには追悼ミサがあります。

忌中も喪中も慶事を控えることに変わりはありませんが、四十九日法要や五十日祭を終えることで忌明けとなります。仏教では四十九日目には故人の最終審判が下され仏となって極楽浄土へ、神道では五十日祭後に家族の守護神となるそうです。

忌中までは慶事を控えることに加え、神社への参拝ができなかったり、外部に穢れを触れさせないように家にこもったりなど喪中に比べて厳しいものとなっていますよ。

喪中に控えたほうがよいこと

お正月のお祝いや結婚式の主催は控える

「今年は喪中だから新年の祝いはできない」と考えるかもしれませんね。しかし、すべてではなく慎んだほうがよいものと、そうでないものとがありますよ。

慎んだほうがよいものは、正月用の飾りやおせち料理などをいただくことです。もしおせち料理がないと困る家庭は、祝いの意味がある料理や重箱は控えて通常料理として食べるとよいようですよ。また、お年玉はお小遣いとして無地の袋で渡します。初詣は忌中を過ぎてから行うほうがよいでしょう。

結婚式は基本的に行いませんが、特に忌中は最も避けたほうがよい時期です。ただし、忌明けにする、忌明けに入籍のみして喪明けに式を挙げる、中止できない時期なのでやむを得ず行うなど対応は様々です。ただ、これらには親族の了承が必要でしょう。

結婚式に招待されたときは先方に相談する

喪中の結婚式は招待する側、招待される側どちらであっても基本は参列しないものです。しかし、親族なら事情をある程度説明しやすいですが、相手方との関係によっては欠席することで後々の関係に影響が出ることもあり悩んでしまうかもしれませんね。

招待状は、喪中であることを知らずに送られてくるでしょう。そのため、相手方に事情を説明し、相談をすることが大切です。なぜなら、喪中の参列を嫌がる人もいますし、断りづらいからと参列した後に知られ関係が悪くなることも考えられるからです。

中には、気にしないから是非参加してほしいと考える方もいますが、悲しみが深くお祝いの気持ちになれないときは正直に話し欠席したい旨、申し出てみましょう。

お宮参りなどでの神社への参拝は臨機応変に

喪中や忌中にお宮参りや七五三、安産祈願の予定と重なってしまうと、悩むのではないでしょうか。もし、忌中と重なってしまうと神社への参拝はできません。しかし、忌明け後の喪中なら参拝することは大丈夫です。

お宮参りや安産の祈願は、忌明けまで待つほうがよいでしょう。七五三の場合は、もし満年齢にずらすことができるなら、翌年に行うことを検討してはいかがでしょうか。

忌中に関わらずどうしてもお参りをしなければならない特別な事情のある場合は、神社に相談すると神社の外でお祓いをしてもらえることもあります。これをすることにより、忌中であっても神社へ入ることを許されるのです。また、期間を逃したくないときは神社にこだわらず、お寺へ参拝する方法もありますよ。

喪中はがきを出す時期や書き方について

11月から12月初旬までに届くよう準備

身内が亡くなると、年内に喪中はがきを出すことになりますね。喪中はがきの対象となる範囲は、二親等内が一般的といわれています。

配偶者、両親と義両親、祖父母と義祖父母、子どもと子どもの配偶者、孫と孫の配偶者、兄弟姉妹と義兄弟姉妹です。ただし、家庭によっては二親等以内でも非同居のため喪中はがきを出さない、三親等以上でも親しかったので喪に服すなど考え方は様々でしょう。

喪中はがきは、相手が年賀状を書き始めるまでに届くのが基本です。そのため、11~12月初旬までに届くように準備を終え、投函しましょう。

ここで迷うのが、葬儀に参列してくださった方へも送るのかということです。マナーとしては参列の有無に関わらず送ることになっていますよ。
42 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事