就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

新生児がいるときの来客はどうする?疲れないためのコツや注意点

新生児がいるときの来客はどうする?疲れないためのコツや注意点

赤ちゃんが生まれるとたくさんの人からお祝いをしてもらえることでしょう。なかには直接、会ってお祝いをしたいといってくださる方もいるかもしれません。ありがたいことですが、産後まもないママや赤ちゃんは疲れやすく、困る場合もあるでしょう。そのようなときの対応の仕方や注意点をご紹介しますね。

新生児と来客を会わせるのはいつから?

ママと赤ちゃんの体調を考えて決める

赤ちゃんが誕生してから約3週間は産褥期といって、ママは出産による疲れがでやすいので、体力の回復のためにゆっくり休みたい時期です。出産時の出血にくわえて、赤ちゃんにあたえる母乳は血液が原料なので、貧血に悩むママも多くいます。

生まれたばかりの赤ちゃんは、3~4時間ごとの授乳やおむつ替えなどのお世話があります。生活リズムも不規則なので、ママはまとまった睡眠がとりにくく寝不足になることもあるでしょう。

また、赤ちゃんによっては、まわりの雰囲気に敏感で泣きやまなかったり、場合によっては入院中に黄疸や発熱などで適切な処置を受けたりすることもあります。

来客の際には、ママと赤ちゃんの体調が安定していることが大切ですね。

入院中の面会は3日目以降にしてもらう

ママの知人や友人のなかには、入院中の面会を希望することがあるかもしれません。ありがたいことですが、産後の回復はママによってそれぞれ差があります。

帝王切開だと傷が痛んで動けなかったり、自然分娩でもトラブルが起こったりするケースもあります。せっかく来てもらったのに、ママの体調が悪くて面会できなかったというようなことがあっては残念ですよね。

また、入院中は沐浴指導や調乳指導など、退院後の生活にむけてのケアでママは忙しい時間もあります。もし、入院中の面会を希望する方がいれば、産後の体力や気持ちが落ち着いてくる入院3日目以降でお願いしてみてはいかがでしょうか。

面会の際は事前に連絡をしてもらうようにしましょう。

アポなしの訪問はしっかりとお断り!

もし、事前に連絡もなく訪問されると驚いてしまいますよね。産後はママも慣れない育児や睡眠不足などで疲れていますし、休みたいときもあるでしょう。

知っている人だと、断ることに気が引けると思うかもしれませんが、ママと赤ちゃんのことを優先してお断りしてもよいですよ。今後もお付き合いしていくことを考えると「赤ちゃんが眠ったところなので」など波風が立たないように断りましょう。

また、訪問のタイミングで、赤ちゃんのお世話で取り込み中だった、大切な電話をしていた、お風呂に入っていたなど、手が離せない状況だった場合もお断りする理由になりますね。そのようなときは次回から、事前に連絡をしてもらえるように相手に伝えるとよいですよ。

子育てママ必見!育児相談もできる「ベビータッチ&ママストレッチ」

PR

子育て中のママは、独身時代や出産前とは生活が激変しますよね。社会とのつながりが減り、子育ての悩みを一人で抱え込んでいる人も多いのではないでしょうか?そんな時に悩みを聞いてもらえたり、リフレッシュできる場があるとうれしいですよね。今回は「保険LICO(ライコ)」が定期的に開催している「ベビータッチ&ママストレッチ」セミナーをご紹介します。

新生児に来客疲れをさせないようにしよう

訪問は短時間にしてもらう

赤ちゃんによって差はありますが、生後3カ月未満はまだ体力がないので、自然に寝たり起きたりを繰り返します。しかし、興奮したり疲れたりすると睡眠の周期が乱れてしまい、自然に寝付けなくなってしまいます。

疲れたり興奮したりする原因はさまざま考えられますが、日中の過ごし方も影響があるようです。例えば、知人や友人がお祝いをするために訪問してくれた場合など、赤ちゃんは知らない人を観察したり遊んだりして興奮して眠れなくなるようです。

そうなると、赤ちゃんの睡眠が乱れて寝かしつけが困難になり、赤ちゃんのお世話をするママの負担になってしまいますね。赤ちゃんやママの影響も考えて、できるだけ訪問は短時間にしてもらいましょう。

赤ちゃんが睡眠中は静かにする

赤ちゃんにとって睡眠は大切です。寝ることで、赤ちゃんが起きているときに得た情報を脳で整理したり、体力を回復したりします。

生後3カ月頃までの赤ちゃんが起きていることができる時間は、2時間程度といわれています。起きてから2時間がたつ頃にまた赤ちゃんが寝ることを予想して、1日の予定をたてるとよいですよ。

来客がある場合も同様です。赤ちゃんが目覚めて2時間がたつ頃をみて、静かな場所で抱っこをしてゆらゆらしたり、おくるみで包んで安心させてあげるとスムーズに寝ることができるかもしれませんよ。

なかには興奮してなかなか寝付けない赤ちゃんもいるかもしれませんが、睡眠の邪魔にならないように静かにしましょう。

赤ちゃんのお世話優先の来客対応をする

産後すぐであっても、友人や知人がお祝いのためにかけつけてくれることもあるでしょう。でも、まだママの体調が完全に回復していなかったり、赤ちゃんとの生活リズムも整っていなかったりしますよね。

ママは常に赤ちゃんのお世話で忙しいですし、赤ちゃんは初めて会う人に興奮してぐずったりすることもあります。ゆっくりと、お客様の対応をすることは難しいかもしれませんね。

そのようなことを想定して、あらかじめ、お客様用の飲み物やコップ、お茶菓子などをまとめて用意しておくとスムーズですよ。赤ちゃんのお世話をしながらでも、用意したものを出すだけですし、セルフサービスでお願いしてもよいでしょう。

ママと赤ちゃんにとって無理のない対応をしてくださいね。

新生児と来客を会わせるときの注意点

手洗い、消毒をして清潔にしてもらう

お客様が新生児に会うときは、手洗いや消毒をしてもらいましょう。まだ新生児には、大人のようにしっかりとした免疫はありませんし、清潔な状態で会ってもらいたいですね。

子育ての経験がある方や、赤ちゃんが身近にいたことがあるお客様は、懐かしくなって、赤ちゃんに触れたいという方もいるかもしれません。初めに手を清潔にしてもらっていると、ママも神経質にならずにすみますよね。

また、いきなり触れたり、抱っこしたりすると、赤ちゃんはびっくりして泣いてしまうことも考えられます。生まれたばかりの赤ちゃんは、繊細でやわらかく、傷つきやすいので、優しく赤ちゃんに触れてあげてほしいということを伝えておくとよいでしょう。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事