就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

専業主婦になってから不安を感じる。不安の内容と解消のコツを知ろう

専業主婦になってから不安を感じる。不安の内容と解消のコツを知ろう

妊娠や出産を理由に、専業主婦になるママも多いですよね。しかし、いざ専業主婦になったのに「落ち込むことが多くて毎日楽しくない」「思っていたのと違う」など、不安を感じていませんか?ここでは、仕事を辞めたことでどうして不安を感じるのかや、充実した毎日を過ごすコツなどをご紹介します。

専業主婦のママの心が不安定になる理由

自分の力でお金を稼げないから

専業主婦をしていると周りから「時間やお金に余裕があっていいね」と思われることがありますよね。しかし、専業主婦をしていても「毎日同じことの繰り返しで全然楽しくない」「自由がない」など、不安を感じているママはたくさんいます。

ママが働いていないと、パパだけの収入で生活する必要がありますよね。パパだけの収入でやりくりできるのはありがたいことですが「パパがいないと自分は生活できない」「自分で自由に使えるお金がない」と、経済的に自立ができていないことに落ち込むママは多いようです。

自分で働いたお金なら友だちと遊びに行ったり、服を買ったりと気にせずに使えますが、パパの働いたお金の場合は使うことに後ろめたさを感じるのでしょう。

家事や育児に手が抜けないから

専業主婦は家事や育児をすることが仕事のようなものなので「今日は疲れたから外食しよう」「掃除は明日でもいいか」など、働いているママに比べて手抜きをするのが難しいと感じているママは多いのではないでしょうか。

日中家にいるため疲れていても仕事を理由に家事をサボれないですし、一時保育などの利用も「仕事をしていないのに預かってもらうなんて」と罪悪感から周りに頼れない方もいます。また、パパも「家にいるんだから家事と育児くらいできるよね」とママにすべてを任せてしまいがちです。

共働きのときは「お互い働いているから」と協力し合っていたのに、仕事を辞めた途端にパパが非協力になることもあるので話し合いが必要でしょう。

社会から取り残されたように感じるから

一日のほとんどの時間を家で過ごしていると「毎日同じことの繰り返しで私は何をしているんだろう」とネガティブになってしまうことがありませんか?また、働くママや独身の友だちなどの話を聞いていると「みんなキラキラしていていいな」「私だけ住む世界が違う」など、社会から取り残されたように感じているママもたくさんいますよね。

専業主婦をしていて子どもがまだ小さいと、一日のほとんどの時間を子どもと一緒に過ごしています。スーパーや公園など、行くところも限られていて毎日同じようなリズムで生活しているので、幸せな毎日のはずなのに刺激がないと感じてしまうのでしょう。

疲れやストレスが溜まると心も不安定になりやすいので、たまにはママもひとりの時間を楽しむことが大切ですよ。

「働こう」と思っても不安がいっぱい

ブランクがあっても社会復帰ができるか

「家計を少しでも支えるために働きたい」「働いて経済的に自立したい」など、専業主婦のママの中にも社会復帰をしたいと望んでいる方がいるでしょう。しかし、いざ働きたいと思っても「資格がない私を雇ってくれるところはあるのかな」「もう何年も働いていないけれど大丈夫かな」と不安を抱くママは多いようです。

働いていない期間が長いほど、社会復帰をするのに勇気がいりますよね。また資格がないと、どのような仕事が自分に向いているのか分からず、働きたい職場を見つけるのに時間がかかる方もいます。

働き始めても周りに迷惑をかけないか、仕事をちゃんとこなせるのかなど、専業主婦歴が長いほど、様々なことが不安になってしまうのでしょう。

条件に合った就職先が見つかるか

小さな子どもがいると「午前中しか働けない」「土・日、祝日は休みたい」「子どもが体調不良のときや保育園の行事のときは休まなければならない」など、子ども中心に仕事をこなしていく必要がありますよね。

しかし、職場によっては急な休みが取れないところや勤務時間が長いなど、色々な条件つきで募集をしているところも多いため、条件に合った就職先を見つけるのは難しいと感じる方も多いでしょう。パパや両親、友だちなど、周りに育児を手伝ってくれる方が多いと頼れますが「私が見るしかない」という方は、子どもを優先に働ける職場を見つけるしかありません。

「働きたい」という意思は強くても、子どものことを考えると社会復帰を諦めてしまう方もいるようです。

仕事と家事や育児が両立できるか

家事と育児をこなすだけでも大変ですが、働き始めると仕事もこなさなくてはならないため、仕事と家事、育児の両立が本当にできるのかどうか不安に思うママはたくさんいるでしょう。働き始めると今までのように時間に余裕がなくなるので、家にいるときはバタバタと溜まった家事や育児をこなしていく必要がありますよね。

また、今までずっと一緒にいたママが急に働き始めたことで、子どもの心が不安定になる可能性もあります。ママと離れる寂しさから家にいるときはママにべったりくっついたり、わがままを言ったりするかもしれません。

すべてをママひとりでこなすのは負担が大きいので、働き始めるときはパパと協力体制を整えておくことが大切ですよ。

専業主婦のままでも不安にならないために

家事や育児を給料換算してみる

仕事をしていると休日や休憩時間があり、働いた分だけお金がもらえますよね。専業主婦は1年中休みがほとんどなく、自分の時間を削って家族のために家事や育児をこなしています。

かなり大変な専業主婦ですが、家庭の中での仕事なのでもちろんお金はもらえません。「私って誰の役にも立っていないかも」「社会に取り残されてるな」と落ち込みぎみのママは、家事や育児を給料に換算して自信をつけてみませんか?

専業主婦は上記のように休日や休憩時間もほとんどないに等しいため、たとえば、1日12時間労働×時給1,000円で計算すると、1カ月(30日)360,000円の給料がもらえることになります。給料に換算することで「私ってすごい働いているじゃん」と自信につなげられますよね。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2019
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC