就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんは秋も日焼け止めが必要?注意点やおすすめの商品をご紹介

赤ちゃんは秋も日焼け止めが必要?注意点やおすすめの商品をご紹介

赤ちゃんの夏の紫外線対策を万全に行っていたママも、秋になると少し油断しがちになっていませんか?実は、秋の紫外線量も夏に負けず劣らず多く降り注いでいます。今回は、秋にも気を抜けない紫外線対策に役立つ、日焼け止めの選び方や塗り方、おすすめの日焼け止めをご紹介していきますね。

秋も紫外線はきつい!しっかり対策をしよう

紫外線は秋も降り注いでいる

日差しが強く照りつけていた夏が過ぎ、秋になると風が涼しくなり気温も下がってきます。また、気候の変わりやすい秋は、太陽が雲に隠れてしまっているような日も増えるため紫外線のことを忘れがちです。

ですが、実際には、初秋の時期の紫外線量は初夏とそれほど変わりませんし、雨やくもりでも紫外線は降り注いでいます。10月になっても、1年のうちでもっとも紫外線量が多い「7月の午前中」と同じだけの紫外線が降り注いでいるというデータもあります。

秋になったからといってまったく油断できないということなのです。真夏に比べると冬に向けて少しずつ紫外線量は減ってはいきますが、秋もまだまだ予想以上に紫外線は降り注いでいるので注意しましょう。

太陽の位置が低くなり、横からも日差しが

太陽の位置が高くなる真夏には、日差しも真上から照り付けるため帽子による紫外線対策はとても有効です。ベビーカーの日よけも真上からの日差しを遮るので、役立ちます。

しかし、秋になると太陽の位置が低くなってきます。すると、日差しが真上からではなく横から照り付けるようになってくるのです。そのため、額や両頬にも紫外線が広く当たるようになります。

こうなると帽子だけでは紫外線を防ぎきれずに顔全体に紫外線を浴びることとなります。

だからこそ、日焼け止めでの紫外線対策がとても重要になるわけですね。肌に直接塗って紫外線を防ぐので、日差しの角度に関係なく紫外線対策ができます。持ち運びにも便利な商品も多いので、秋のお出かけには忘れず持ち歩きたいですね。

日焼けはお肌が乾燥する原因にも

日焼けによって肌が紫外線を浴びることで肌細胞が傷つきます。すると、肌のバリア機能がダメージを受け、水分を保つ機能が低下し、肌が乾燥してしまうのです。

皮膚のデリケートな赤ちゃんにとって、少しの刺激でも肌にダメージを与えてしまうことがあります。特に、日焼けをしてしまうことは赤ちゃんの肌には大きなダメージとなるのです。

もともと、湿度の下がる秋は乾燥しやすい季節ですが、そこへ紫外線によるダメージで肌がさらに乾燥状態になります。特に、赤ちゃんは肌の水分を保つ機能が未熟なので、そのダメージは大きいといえるでしょう。

秋から冬にかけてさらに空気は乾燥しやすくなるので、秋の日焼けには注意したいものです。

秋に日焼け止めを塗るときの注意点

数値が低めで肌に優しい日焼け止めを選ぼう

先ほど、秋の紫外線対策に日焼け止めが有効であると述べましたが、赤ちゃんの日焼け止めを選ぶときにはちょっとしたポイントがあります。

SPFやPAといった紫外線防止効果は数値が高いほど、効果がありそうに思えますが、その分お肌にも負担になります。肌がデリケートな赤ちゃんには、できるだけ数値が低いものを選んであげましょう。

また、汗や水に強いタイプの日焼け止めは落とす際にクレンジングが必要な場合があります。これも、肌には負担ですので、お湯で落とせるタイプのものを選びましょう。

なお、日焼け止めの使用は生後3カ月くらいから、20分以上外出するときに使ってください。生後3カ月未満の子にはなるべく使用を避けたほうがよいでしょう。

乾燥対策にもなる保湿成分入りを選ぼう

日焼け止めには保湿成分が配合されているものもあります。こうしたものを選んであげると、お肌の乾燥対策にも役立つのでおすすめです。

無着色、無香料、防腐剤フリー、無鉱物油、アルコールフリーなど、赤ちゃんや敏感肌の方でも使えるような、無添加処方の低刺激性タイプだとさらに安心です。

日焼け止めの多くには、石油系合成界面活性剤、香料、着色料、エタノールなどが含まれていますが、できればこれらの成分が入っていないもの、含まれていても配合量が少ないものを選びたいですね。

赤ちゃんに使えるということは、もちろんママも使えるということなので、親子で一緒に使うこともできます。日焼け止めを共有できれば、お出かけの荷物もコンパクトになりますよ。

秋でもこまめに日焼け止めを塗り直そう

日焼け止めは一度塗っておけば完璧!というものではありません。どんなに高い効果のある日焼け止めを塗っていても、汗をかいたり、洋服で擦れたりするとその効果は半減してしまいます。

そこで、2~3時間ごとに、こまめに日焼け止めを塗り直すことが重要になります。ポイントは、紫外線量がピークになる時間の前に塗り直しておくことです。

紫外線量の多い時間帯は、一般的に11~15時とされています。お出かけをするときの天候にもよりますが、この時間は特に日焼け止め対策を意識したいですね。

なお、日焼け止めを塗るときは、肌に均一にのびるよう、ムラなく塗ることが大切です。帰宅後はお風呂で念入りに洗い流すようにしましょう。

秋にぴったりな赤ちゃんの日焼け止め

スキンケア成分配合!UVライトベール

家族みんなで使うことができると人気なのが、ナチュラルサイエンスの「UVライトベール」です。SPF23・PA++なので、ちょっとしたお出かけのときの紫外線対策にぴったりですよ。

乳液タイプなので、しっとりみずみずしい使い心地です。刺激になりやすいといわれる紫外線吸収剤をマイクロカプセルに入れることによって、肌への負担を軽減しています。

紫外線による酸化のダメージをケアするエーデルワイスエキスと、カサつく肌の保水機能をサポートするアミノ酸といった、スキンケア成分も配合。

ベビー用の低刺激洗浄料でもきれいに洗い流せるので、肌への負担も心配ありませんね。お出かけ前に家族でたっぷりお得に使えるポンプタイプもあります。

100%天然由来!アロベビーUVクリーム

100%天然由来原料を使用したお肌に優しい日焼け止めといえば、アロベビーの「UVクリーム」です。合成された紫外線吸収剤は使用していませんし、無添加・無着色なので毎日のスキンケアに安心して使うことができます。

うるおいをキープする力のあるセラミドを補い、肌バリア機能の回復を促してくれるオリーブ葉エキスが配合されています。キイチゴエキスやカニナバラ果実エキスなど肌ダメージをケアする成分もたっぷり配合されていますよ。

ラベンダー&ローズから抽出された、ほのかに香る天然オーガニックオイルで使うたびにリラックス効果も期待できます。敏感肌向けのオーガニック化粧下地としても使えるので、デリケートな肌に悩むママにもうれしいですね。

医師監修!レイセラ ミルキーベビーUV

レイセラの「ミルキーベビーUV」は、小児科医のもとで生後6カ月~6歳児を対象としたモニターテストによって誕生した製品です。

紫外線吸収剤、着色料、香料、鉱物油、パラベン、アルコールは使われていません。赤ちゃんのお肌の安全にとことんこだわって作られた日焼け止めといえますね。ぬるま湯でサッと落とすことができるので、デリケートな肌にも負担をかけません。

コムギ胚芽エキスやグルコシルセラミド、トレハロースといったうるおい成分を配合し、みずみずしい塗り心地です。のびがよく白浮きしないので使いやすい、というのも多くのママから支持されるポイントですね。

紫外線カット効果は日常のおでかけにぴったりなSPF25・PA++です。

まとめ

秋の紫外線量は夏と変わらないくらいに降り注ぐ時期もあるので、涼しくなったからといって油断は禁物ですね。特に赤ちゃんは大人よりも肌がデリケートなので、しっかりとケアしてあげましょう。

日焼け止めには敏感なお肌にも使えるような、肌に優しい成分にこだわったものもたくさんあります。赤ちゃん用の日焼け止めを選ぶときは、配合されている成分にも注目したいですね。

また、日焼け止めはこまめに塗り直してあげることもお忘れなく。秋も赤ちゃんのお肌を紫外線から守ってあげましょう。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018