就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

海外と繋がるベビーシッター利用術!日本と海外で賢く利用する方法

海外と繋がるベビーシッター利用術!日本と海外で賢く利用する方法

英語や現地語が苦手なら日本人に依頼しよう

「子どもが日本語しかわからないから現地語は不安」「英語が苦手だからできたら日本人のシッターに預けたい」というママやパパには、現地にいる日本人に依頼してみましょう。滞在している地域に日本人がいないか、ネットなどで探してみたいですね。

たとえばフランスでは、首都パリはもちろん、国内の主要都市には必ずといってよいほど日本人留学生が住んでおり、現地在住日本人向けサイトで「ベビーシッターいたします」の個人広告を載せています。相手も日本語でお小遣いを稼ぐことができるのでありがたいですし、ママと子どもにとっても安心です。

このように、現地で日本人がそういった求職広告をだしていないかチェックするようにしましょう。

外国だからこそトラブルを避けよう!

日本人同士なら、なんとなく「この人には任せたくないな、信用できないな」と空気でわかるのですが現地では相手が日本人ではない場合判断に困ってしまうこともあるでしょう。ベビーシッター会社を通じてシッターを派遣してもらう場合も、その会社がどの程度身分確認などしているのかわからないので、できるだけママ自身で身分証明など確認するようにしたいですね。

一番安心なのは、周りのママから口コミで評判のよいシッターを紹介してもらうことです。シッターも紹介であれば身分など安心ですし、どのようにお世話してもらえるのなど、ママ友からあらかじめ情報を得ていると任せやすいことでしょう。

このようにできるだけ信頼できるシッターを見つけることがトラブル回避には必要です。

まとめ

今回は、海外と日本のベビーシッター事情とベビーシッターを上手に利用する方法などについてお話ししましたが、いかがでしたか?ベビーシッターを利用したことがないママの場合、子どもを個人に預けることに不安があるかもしれません。

しかし事前にしっかりとベビーシッターと面接し、必要事項などを確認しておけば大丈夫です。子どもにとっても、ママ以外の人と長時間一緒に過ごすことにより、よい刺激を受けるかもしれません。ママも、たまには育児から解放されてリフレッシュする時間を持つことも必要ですよ。
26 件

関連記事

ライター紹介

teniteo WEB編集部

ピックアップ記事