就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

海外と繋がるベビーシッター利用術!日本と海外で賢く利用する方法

海外と繋がるベビーシッター利用術!日本と海外で賢く利用する方法

海外の映画やドラマを観るとベビーシッターに子どもを預けているシーンも多いですよね。日本にもベビーシッター会社はたくさんあるものの、海外ほど一般的ではないのが実情です。そこで日本と海外のベビーシッター事情や海外に行ったとき、上手にベビーシッターを利用する方法などについてお話しします。

日本と海外のベビーシッター事情

海外でベビーシッターが普及している理由

海外ではなぜベビーシッターが普及しているのか気になりますよね。たとえばアメリカの州によっては法律で13歳以下の子どもを1人にしてはいけないと決められており、守らなかった保護者は罰則の対象となります。

ママがスーパーに買い出しに行く場合などのちょっとした外出にも、ベビーシッターの存在は欠かせません。さらにアメリカには公立の保育園がなく、私立の保育園に預けることも多いのですが、フルタイムで入園させると費用が高すぎるので、お手頃価格で済む高校生のベビーシッターなどと合わせて利用することもあります。

ヨーロッパには公立保育園がありますが、夫婦共働きの家庭が多く、子どものお迎えからママが帰宅するまでの時間をベビーシッターにお願いしているケースもあります。

日本と海外とで料金が違う理由

日本と海外のベビーシッター料金を比べると、「日本の方がなんだか高い」と思われるママも多いと思います。確かに料金を比べてみると、日本のベビーシッター料金の方が高く設定されています。

海外ではベビーシッターは高校生や大学生のアルバイトの一つとして大人気で、特に保育士などの資格を持たない普通の学生がするために料金は良心的です。しかし日本ではママがベビーシッターを利用する場合、保育士などの資格を持ち身分のしっかりしたベビーシッターを好むため、ベビーシッター会社を通して派遣してもらうことがほとんどです。

ベビーシッター会社に登録しているシッターはスペシャリストとして仕事をしているので、報酬もそれ相応の金額になってしまうのです。

海外と比べて日本の方が質が高い!

すでにお話ししたように、海外に多い学生のシッターはお手頃価格ではありますが、あくまでも学生なので、育児経験もなく子どもの扱い方に慣れていないと感じることもあるかもしれません。

ママやパパが留守の間、きちんと子どもの世話をしてくれているのか、不安になってしまうこともあるでしょう。シッターの資格や経験が保証されていないのも気になるかもしれません。

しかし日本のベビーシッター会社を通して派遣されたシッターは本職として仕事をしているので、まず会社がきちんと人選をし、身分確認をしているので安心です。

さらに保育士の資格があったり、育児の経験があったりなどするので、安心して子どもを任せることができます。日本のシッターの方が質が高いといえますよ。

日本、海外どちらでも上手に利用する方法

海外旅行中に子どもを預けて大人時間!

海外旅行に行くと、オプションによっては子どもの年齢制限があり、参加できず諦めなければならないケースもあります。もしくは、たまには海外の旅行先で夫婦で優雅なディナーを楽しみたい、ということもあると思います。

そんなとき、現地でベビーシッターを利用してみてもよいですね。ツアーで旅行する場合、最初からベビーシッターの手配をお願いできることがあるので、申込時に旅行会社に聞いてみましょう。現地で急に必要になった場合は、ホテルのコンシェルジュに相談してみてもよいでしょう。

もしくはホテル内でベビーシッターサービスを行っている場合もあるのでチェックしてみてくださいね。せっかくの海外旅行、ママとパパが大人時間を楽しむことも大切ですよ。

一石二鳥のバイリンガルベビーシッター

海外旅行先でベビーシッターを雇う場合、ベビーシッターにあれこれ説明したいのに言葉が通じないとママやパパも不安になってしまいますよね。その場合、バイリンガルベビーシッターを手配してもらうようにお願いしましょう。

英語圏なら英語が通じるので安心ですが、そうではない国の場合、現地語と英語もしくは日本語が話せるシッターを指定するようにしたいですね。たとえママとパパの片言な英語でも、預ける前に特に注意してほしいことなど伝えられれば十分です。

日本でベビーシッターを雇う場合も、シッターがバイリンガルであれば子どもが外国語と触れ合う機会を持てるのが魅力的です。英語もしくはほかの言語で接してもらい、トラブル時は日本語で対応してもらえると安心ですね。

依頼する前にチェックしておきたいこと

ベビーシッターに預ける前に、チェックしておきたいことをリストアップするので参考にしてみてくださいね。

・ベビーシッターの身分証(できれば写真つきが安心)
・保育を行う場所(自宅か自宅以外の場所か)
・万が一トラブルがあった場合、保険に入っているかどうか
・子どもが熱を出したりケガをしたりした場合、どこの病院に連れて行くのかなど、緊急の場合の連絡先も忘れずに。

半日や1日など、長時間子どもを預ける場合、途中何度かベビーシッターに連絡して子どもの様子を聞くように心がけましょう。写真も送ってもらえると安心です。預ける前にベビーシッター本人としっかりと話し合い、ママとパパが安心して子どもを預けられる環境を整えるようにしたいですね。

海外在住者のベビーシッター利用方法

海外でベビーシッターを探す方法

海外に長期滞在する場合、どのように現地でベビーシッターを探したらよいのか調べているママもいるかもしれません。国にもよりますが、多くの場合インターネットで探すことが多いようです。

アメリカなら「Care.com」という個人のベビーシッターとのマッチングサイトが有名です。ベビーシッターの登録者数も多く、住んでいる地域で検索し、登録している人のプロフィールを見ることができます。

気に入った人がいれば、メッセージを送ってみましょう。ただし、登録者のプロフィールを見たり、メッセージを送る場合には課金されるので注意してくださいね。料金は月額料金で払うシステムになっています。

フランスなどヨーロッパでも同じように登録制のベビーシッターサイトが多くあります。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

ピックアップ記事

関連記事