就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

寝ぐずりで暴れる赤ちゃんの悩み!泣き叫ぶ理由や上手に対処するコツ

寝ぐずりで暴れる赤ちゃんの悩み!泣き叫ぶ理由や上手に対処するコツ

赤ちゃんが寝ぐずりして暴れたり大泣きしたりする日が続くと、ママは寝不足になり心身ともに疲れてしまいますよね。ときには赤ちゃんのお世話がつらくなることもあります。今回は赤ちゃんの寝ぐずりにママが冷静に対処できるように、よくある寝ぐずりのパターンや寝ぐずりの原因、対処法などをご紹介します。

赤ちゃんが寝ぐずりで暴れて困るママの悩み

寝かしつけの授乳をすると暴れる

いつもご機嫌で手がかからずいつの間にか寝ている赤ちゃんもいます。けれども敏感なタイプなのか、寝かしつけると暴れたり泣いたりしてなかなか寝ない赤ちゃんもいますよね。

それでも授乳すると寝かしつけやすい赤ちゃんは多いです。低月齢では夜間の授乳があるため、月齢が上がっても授乳で寝かしつけを続けている場合もありますよね。

しかし、あるときから授乳しても眠る気配がなくおっぱいを飲みながら暴れる子がいます。ママは寝かしつけに授乳が使えなくなり苦労するかもしれません。

1、2歳でも寝ぐずりが激しいと育て方に問題があるのではと悩むママもいます。けれども寝ぐずりする子としない子の両方を育てたママたちの意見には、生まれつきの性格だというものが多いようです。

抱っこしても泣いて反り返ってしまう

赤ちゃんを抱っこでゆらゆらして寝かしつけることもあります。けれども、抱っこしても反り返って泣き叫び一向に寝ない子もいますよね。

生まれたときから抱っこの寝かしつけで暴れる子もいれば、ある時から急に暴れるようになる子いるといいます。寝ない子のママは寝不足で大変ですよね。

あるママの赤ちゃんはママが抱っこすると泣きながら暴れるのに、パパが抱っこすると寝ついてくれるそうです。パパの抱っこだと眠る子は意外と多いようですよ。

パパの大きな手の抱っこが安心するのではないか、焦らずゆったりとしたパパの気持ちが伝わるのではないかなどいろいろな意見があります。本当の理由はわかりませんが、頼れるものにはどんどん頼った方がよいかもしれませんね。

眠たいのに遊びたがって大暴れ

明らかに眠いはずなのに頑なに遊ぼうと頑張る赤ちゃんもいます。夜は寝るという認識がない赤ちゃんは昼夜関係なく遊んでいたいのかもしれません。

眠いのと遊びたいのが入り交じり、赤ちゃんは自分でも訳が分からなくなって暴れている可能性もあるでしょう。少し言葉が話せる子でも眠いのに「遊ぶ~遊ぶ~」などと言いながら大泣きして暴れることもあります。

ママは日中にたくさん遊びにつき合い疲れるようにしますが、それでも寝ない場合もあります。赤ちゃんは疲れ過ぎると眠れなくなって暴れるケースもあるといいます。

遊ぶ赤ちゃんのそばで寝たふりをするママもいます。8カ月くらいの赤ちゃんはママが寝ているのを理解できることが多く、つまらなくなって寝る場合もあるそうですよ。

赤ちゃんが寝ぐずりで暴れるのはどうして?

眠るのが怖い、または入眠する感覚が苦手

時間の感覚を理解できるのは4歳くらいだといわれます。赤ちゃんは過去、現在、未来が分からないと考えられています。

大人は過去の経験から、夜眠っても明日に起きられると知っているので眠るのに抵抗がありません。しかし赤ちゃんは、意識が無くなると大好きなママがいる世界がなくなると思うのかもしれませんね。明日起きてママと会えることが分からず怖いのです。

最近まで静かで温かなお腹の中にいた赤ちゃんは、光や音にあふれた外の世界にまだ順応していないのかもしれません。慣れない服や寝具の上では居心地が悪くてなかなか寝付けないとも考えられます。

赤ちゃんに気持ちを聞いた訳ではないので本当のところは分かりません。ですが赤ちゃんの立場を思いやる必要があるかもしれませんね。

体力が余っていてまだ遊びたい

離乳食を始める頃になると赤ちゃんは体力がついてきて、今までの活動量では体力を持て余す場合があります。お散歩したり児童館など子どもの遊び場で遊んだりするとよいかもしれませんね。家でもママと一緒に体を使った遊びができます。

たとえば、はいはいで追いかけっこしたりボールを転がしたりして遊べば体を動かせますね。はいはいがまだの時期でも、赤ちゃんをママの膝に乗せてお馬さんや電車ごっこなどをして遊べます。

日中の運動量を増やしても寝つきが悪い子はいます。一つはとても体力がある子です。

もう一つはたくさん遊び過ぎて疲れや興奮が過剰な場合です。赤ちゃんは疲れ過ぎるとストレスホルモンが過剰に分泌されて、寝ぐずりすることがあるといわれます。

寝かしつけの方法が赤ちゃんに合っていない

赤ちゃんの寝かしつけといえば抱っこにおっぱいが定番ですよね。たしかに低月齢のうちはその方法でよく眠る赤ちゃんも多いです。

しかし月齢、年齢とともに赤ちゃんの入眠方法が変わる場合があるようです。ママがそれに気づかず悩むこともあります。

赤ちゃんは違う寝かしつけをしてほしいと泣いたり暴れたりして訴えているのかもしれません。抱っこで何時間も眠らなかった赤ちゃんが、試しに添い寝して背中をポンポンしたらあまり苦労せずに眠れたケースもあるそうですよ。

もしかしたら数カ月後、背中ポンポンでは眠れなくなる可能性もあります。そうしたらまた違う方法を試してみましょう。ママの負担が大きな寝かしつけ方法は避け、楽に続けやすい方法を取り入れた方がよいですよ。

寝ぐずりで暴れるときの上手な対処法三つ

生活リズムを整え、日中の活動量を増やす

生活リズムを整えるのは子どもの成長にも影響するといわれ大切なことです。朝起きて太陽に光を浴びると、それから14~16時間後に眠りを誘うメラトニンというホルモンが分泌されるそうです。

たとえば7時に起きればだいたい21時頃からメラトニンが分泌されます。早寝早起きの生活リズムを整えれば、ホルモンの分泌の面からも眠りやすくなるのです。

たくさん体を動かして心地よい程度に疲れるのも寝つきをよくする秘訣です。疲れ過ぎには注意が必要ですが、昼間はなるべく外や児童館などで体を動かすような遊びを心がけましょう。

日中に太陽の光を浴びるのもメラトニンを分泌させるといわれます。天気のよい日の散歩も赤ちゃんの眠りにとってよい刺激になりますよ。
26 件

関連記事

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事