就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

家族を守るために防災グッズの準備を!備蓄品はおしゃれに収納しよう

家族を守るために防災グッズの準備を!備蓄品はおしゃれに収納しよう

いつ起こるかわからない災害から家族を守るため、日頃からしっかりと防災グッズを準備しておきたいものです。この記事では、備えておきたい基本の防災グッズとともに、子どもたちに必要なアイテムもご紹介します。防災グッズの購入&収納方法まで一緒にチェックして、「万が一」に備えましょう。

家に備えておきたい防災グッズのリスト

緊急時に持ち出せるように準備しておくもの

災害発生時、まずは「逃げる」ことを前提に、最低限持ち出したい「緊急時用グッズ」をまとめておきましょう。準備するものは、「懐中電灯、手袋、折り畳み式スリッパ、ホイッスル、救急セット」などです。

夜間に被災した場合、停電になるとあたりは真っ暗です。周囲の安全確認に懐中電灯は欠かせません。いざというときのため、懐中電灯自体の電池が切れていないか定期的にチェックしておきましょう。

地震などで床に物が散乱した際、手袋やスリッパがあれば避難時の怪我を防ぐことができます。ホイッスルは、万が一自宅に閉じ込められた場合に、救助を求めるために使います。

日頃から「コンタクトやメガネ、常用薬」を使用している人は、これらの予備も準備しておくと安心です。

非常用持ち出し袋に入れておくもの

地域の避難所へ向かうことになったら、先ほど紹介した「緊急時用グッズ」とは別に、家族全員の安全を確保しつつ避難するために「非常用持ち出し袋」が必要です。両手の空くリュックなどに入れて準備しておきましょう。

もっとも必要なものが「水や非常食」です。「身分証明書、緊急連絡先」は緊急時の身元確認に役立ちます。「小銭などの現金」もあると心強いです。

情報収集に役立つ「ハザードマップ、地図、携帯ラジオ」と、あわせて「モバイルバッテリー、充電器、電池」も用意します。「ヘルメット、雨具、手袋、マスク、ヘッドライト、レジ袋」などもあれば役立つ場面があるでしょう。

「下着などの着替え」やママの備えとして「生理用品」もあると安心です。

大規模災害のために備蓄しておくもの

災害の規模が大きくなるほど、救援物資など公的な支援がはじまるまで時間がかかることが予想されます。これは、災害直後には人命救助が優先されるためです。

そこで、自分たちの食料は自分たちで備蓄しておくことが大切です。備蓄する量の一般的な目安は、「家族の人数分×3日分」とされています。

飲料水の量は1人当たり、1日3Lが目安。3日間で9Lが必要なので、4人家族なら36Lの用意が必要となります。食料についても同様に、1人分が1日3食、3日間で9食分を必要とするため、4人家族なら36食分を備蓄しましょう。

日頃から食材や加工品を少し多めに買っておき、食べたら食べた分だけ買い足す、という方法なら、常に一定量の備蓄を無理せず確保できますよ。

赤ちゃんや子どもに必要な防災グッズとは?

赤ちゃんや子どもに必要な防災グッズリスト

赤ちゃんや子どもの安全を守るために、先ほど紹介した一般的な防災グッズにプラスしておきたいアイテムは次のとおりです。

「おむつ、おしりふき、ウェットティッシュ、ミルク、離乳食、着替え、タオル、ガーゼ、歯ブラシ、母子手帳、抱っこひも」です。

なお、周囲の状況をある程度理解できる年齢の子どもは、災害時に大人以上に不安を覚えるということがあります。子どもの不安な気持ちを紛らわすことができるよう、「絵本やお絵かき帳、音の出ないおもちゃ」などもあるとよいですね。

また、トイレが必要となりますが、環境が変わると我慢しがちになり体調を崩す原因となります。そのため「携帯式トイレ」を用意しておくと、いざというときにも安心です。

使い慣れたものを用意しよう

災害時は非日常の体験です。いつもと環境が大きく変わる中、少しでも落ち着いて生活ができるように、防災グッズとして用意するものは、子どもが使い慣れたものを用意しましょう。

たとえば、非常食として用意する家庭も多いであろう乾パンなど、日頃食べ慣れていない食料は子どもが食べないという心配があります。そのため、レトルトや日持ちするお菓子で子どもが好きなものを用意しましょう。

タオルなどの生活用品も、子どものお気に入りのキャラクターものだと喜んで使うでしょう。非日常の中にも、いつも使っているものや見慣れているものがあるだけで、子どもの不安を和らげ笑顔にしてくれます。子どもの笑顔によって、ママやパパも元気になれるはずです。

家具の転倒防止やガラスの飛散対策もしよう

万が一の災害時に被害を最小限に抑えるためには、家具の転倒防止やガラスの飛散対策をしておくことが肝心です。

大きな家具や家電、照明器具などは地震が発生した際に倒れてきたり落下してきたりする危険性があります。家具などはL字金具やポール式・ベルト式器具などでしっかり留めておきましょう。食器棚などの扉もフックで留めるようすると、食器類の落下を防ぐことができます。

また、地震の揺れが大きい場合には窓ガラスが割れて飛び散る可能性があります。そのため、地震発生時には一時的に窓の少ない部屋に避難できるとよいですが、そうした部屋がない場合には、あらかじめガラスの飛散を防ぐ強化フィルムを貼っておくことも一つの方法です。

防災グッズの中身はどこで購入できるの?

揃えたいものがすぐに買えるホームセンター

「防災グッズ」は災害への備えではありますが、基本的には日常で使用しているものがほとんどです。そのため、日頃から買い物で利用しているホームセンターで、ひととおりのものは揃えられますよ。

特に大型店であればあるほど品揃えが豊富なので、生活用品や救急用品、雨具や防寒着など取り扱っている商品が幅広いです。また、ヘルメットや防災ずきんなど、日常生活ではあまり使用しないアイテムを販売している店も多いです。

店舗によっては防災コーナーを設けているところもあるので、なにから揃えたらよいのか迷ったときはまずホームセンターへ行ってみてください。売り場の係員の方に相談しながら買い揃えていくと、必要なものが効率よく揃えられるでしょう。

安く揃えたいときに便利な100円ショップ

防災グッズを、一からすべて買い揃えようと思うとなかなか費用がかかってしまいます。災害時に家族の安心・安全を守るためとはいえ、「できれば手ごろな価格で揃えたい」と考えるママも多いでしょう。

そこで、便利なのが100円ショップです。防災コーナーを設けている100円ショップもあり、災害時の必須アイテムともいえる携帯ラジオや懐中電灯などはもちろん、ろうそくやライター、ウェットティッシュ、飲用水タンクなどといったものまで揃えられますよ。

「100円商品では品質が不安」という場合には、消耗品は100円ショップで買い揃えて、そのほかのものはホームセンターなどの専門店で購入するという使い分けがおすすめです。

忙しいときはネットサイトで購入も

防災グッズを買い揃えるには、費用だけでなく時間もかかります。家事、育児、仕事と忙しいママやパパにとって、防災グッズを時間をかけて吟味して買い揃える、というのは負担が大きいのも現実です。

そんなときは、ネットサイトを利用しましょう。ネットサイトでも膨大な数の商品の中から、必要なものを探しださねばなりませんが、あらかじめセットにされた防災グッズがあったり、購入者のレビューを見たりできるので、効率よく買い揃えることができます。

実店舗で購入するよりも安く手に入れることができる場合もあります。

また、重い荷物やかさばる荷物は持ち帰るだけでも大変ですが、ネットで購入すれば自宅まで配送してもらうことができるので便利ですね。

防災グッズはどこに収納しておくの?

家族がわかりやすく取り出しやすい所が基本

せっかく防災グッズを用意していても、クローゼットの奥にしまいこんでしまったら、いざというときにすぐに持ち出すことができませんよね。

ましてや、そのしまってある場所をママしか知らなければ、ママの不在時に災害が起こってもだれも防災グッズを取り出せないという状態に陥ります。これでは、せっかくの防災グッズを活用することができません。

そこで、災害時にスムーズに防災グッズを持ち出して避難するためにも、防災グッズの収納場所は、「家族のみんながわかりやすくて取り出しやすい所」を基本としましょう。

なお、災害はいつ起こるかわかりません。夜間の災害に備えて、防災グッズは寝室か玄関に置いておくことがベストです。

備蓄の水や食料は普段から使う場所に保管

災害に備えて備蓄しておきたい水や食料の目安量は先ほどご紹介したとおりですが、これを一つの場所にまとめて保管するとなると収納場所の確保が大変です。

そこで、あえて普段から使う場所に分散させて保管するという方法があります。

たとえば日常的に食べる食料と一緒に備蓄品もパントリーに収納して、期限が古いものから食べていくのです。食べた分を買い足せば、常に賞味期限の更新ができて、いざというときに賞味期限切れ…ということを防げます。

また、玄関や廊下の収納、クローゼットなどに分けて置いたり、1階と2階に分けて置いたりするのもおすすめです。こうしてリスクを分散させることで、災害時にどこの場所にいても水や食料を確保できます。

家の外に収納する方法も

自宅に物置があればそこに防災グッズを収納するのもよいですね。 万が一、建物が倒壊しても物置なら家の中より防災グッズが取り出しやすいでしょう。

このように、防災グッズを家の外に収納するという方法も有効です。

同様に、車の中に置いておくのも一つの手段です。 最低限、生活に必要な水や食べ物、防寒具などを保管しておけば、一時的に車内を避難所として過ごすことができます。

また、勤務先で災害にあう可能性もあります。そのため、職場のロッカーや机の中に備蓄品を置いておけると安心ですね。

家の外に備蓄品を収納するという方法なら、リスク分散ができます。ただし、存在を忘れがちなので、定期的に保管場所の様子をチェックすることが大切です。

防災グッズをおしゃれに収納するには?

収納スペースを確保して普段は見せない

部屋のインテリアをおしゃれでスッキリとした状態に保つには、日常生活の中では防災グッズが見えないようにするのがコツです。

とはいえ、家族分の防災アイテムや備蓄食料をまとめると、ある程度の広さの収納スペースを確保する必要があります。ただし、前述のとおり、クローゼットの奥などにしまいこんでしまうと、必要になったときにすぐに取り出せません。

そこで、廊下の納戸や玄関のベンチ兼収納、階段下の収納など、毎日使うわけではないけれど、いざというときアクセスしやすい所に、防災グッズの収納スペースを確保しましょう。

家の中の避難経路の途中で取り出しやすい場所に収納しておけば、慌てて避難するときでも忘れず持ち出すことができます。

防災グッズを入れるケースを工夫する

防災グッズを収納するのに適したスペースをうまく確保できないという場合には、防災グッズを入れるケース自体を工夫してみましょう。見た目がおしゃれなケースなら、しまいこむ必要がなく持ち出しやすいというメリットがあります。

おすすめは、オシャレなスーツケースに防災グッズを収納することです。ビンテージのような見た目のものなら、雰囲気のあるインテリアづくりに最適ですし、スーツケースなので避難時にはそのまま持ち出せます。

また、木目調やデニム地など凝ったデザインのボックスに、防災グッズがセットになっている「緊急時にすぐ持ち出せること」がコンセプトの「bibo(ビーボ)」という商品もあります。リビングに設置しても部屋の雰囲気を邪魔しません。

インテリアとしても使える防災グッズを置く

防災グッズを、インテリアの一部として日常から使用してしまうという方法もあります。

見た目はおしゃれなスツールの「REANGLE (リアングル))スツールバッグ」は、緊急時には防災バッグに変身する優れものです。普段は玄関スツールとして置いておけば、避難の際にスムーズに持ち出せます。

スタイリッシュな見た目の「エマージェンシーボトル」には、懐中電灯やアルミブランケットなどの防災グッズが入っています。コンパクトで置き場所に困らないので、勤務先に非常用として置くのもおすすめです。

「THE SECOND AID(ザ セカンド エイド)」は、災害時に役立つアイテムと食料品が入っているものの、高いデザイン性でインテリアになじみます。

まとめ

もしものときに備えて、まずは逃げるための「緊急時用グッズ」と避難生活に必要な「非常用持ち出し袋」を用意しておきましょう。防災グッズの購入は目的に合わせて、ホームセンターや100円ショップ、ネットサイトを使い分けると便利です。

避難生活をすることになったら、大人はともかく、小さな子どもに我慢をさせるのは難しい場面もあります。そのため、不自由な環境を子どもと無事に乗り切るために、「子ども中心」の防災対策を心がけたいですね。

家族を守るため、今一度、家の中を見直してみましょう。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • teniteoFC
  • 2040pj