就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どもの冬のあせもはなぜ起きる?あせもの原因と対処法を紹介

子どもの冬のあせもはなぜ起きる?あせもの原因と対処法を紹介

子どもの体に赤いブツブツが…。冬なのにあせも?「よく汗をかく夏にできるものじゃないの?」「こんなに乾燥していて寒いのにあせもができるの?」と疑問に思うママもいますよね。実は、冬にもあせもができないように注意が必要なのです。冬ならではのあせもの原因と対処法について、ご紹介いたします。

乾燥する冬になぜ?冬のあせもの原因とは

あせもの原因は汗や乾燥による汗腺の詰まり

そもそも、あせもとはなんでしょうか。また、なぜできるのでしょうか。

あせもは、医学的には「汗疹(かんしん)」と呼ばれる湿疹の一種で、皮膚が炎症を起こしている状態を指します。炎症が悪化すると、跡が残ったり、感染症を引き起こしたりすることもあります。

大きな原因は、汗腺のつまり。そして、汗腺のつまりは、汗をかいたまま放っておくことと、乾燥によって引き起こされます。

汗をかいたまま放置すると、汗腺が蓋をされ、汗を正常に排出できなくなります。また、肌が乾燥してバリア機能を失った肌は、肌トラブルを起こしやすい上に汗の排出を滞らせてしまうのです。

汗をよくかく暑い時期にできるというイメージが強いあせもですが、実は冬の乾燥も関係しているのですね。

あせもに要注意!子どもはとても汗っかき

子どもにあせもができやすいのには、主に二つの要因があります。一つは、肌が弱く敏感なこと。もう一つは、汗をかきやすいことです。

大人の1/2ほどしかない子どもの皮膚は薄く、皮膚内に水分を保つ機能が未熟なため、乾燥しやすくなっています。乾燥した肌はバリア機能が弱まっていて、汗や埃などの刺激ですぐ炎症を起こしてしまいます。

また、子どもは新陳代謝が活発で体温があがりやすいため、汗をよくかきます。そして、汗を排出する汗腺の数は、成長とともに増えるわけではなく、産まれたときから大人と同じだけあります。つまり、体が小さい分、密度が濃いので、汗をかくとすぐびっしょりになってしまうのです。

乾燥した状態の肌に汗がつくことで刺激となり、あせもになりやすいのですね。

冬の暖房の効きすぎはあせもの原因になる

冬の寒い日には、暖房が欠かせませんよね。ですが、寒いからといって、つい暖房を効かせすぎてはいないでしょうか。

子どもが快適に過ごせる室温は、冬の場合は20~23℃といわれています。大人にとっては、少し肌寒いと感じるくらいかもしれません。

必要以上に高い温度を設定したり、換気せずに閉め切ったまま過ごしたりすると、冬の寒い日でも室内は夏のように暑い!という状況になります。体温調整が未熟で、体温があがりやすい子どもにとって適した環境とはいえず、気が付くと汗でびっしょりということも少なくありません。

また、ショッピングモールなども暖房がよく効いています。屋内に入る際にさっと脱げる前開きの上着にするなど、服装を工夫するとよいでしょう。

冬のあせもを防ぐ、予防の基本ケア

汗をかいたらすぐ対処!素肌を清潔に保とう

真冬でも寒さを気にせずに、子どもは元気いっぱい動きまわりますよね。気が付いたら汗びっしょり!ということも多いと思います。

あせもの予防には、肌を清潔に保つことが何よりも大切です。子どもの状態をこまめにチェックして、汗をかいているようだったら、拭いたり着替えさせりしてあげましょう。可能な限り、夏場と同様シャワーで流すと、より効果的です。

特に汗をかきやすいのは、首周りや背中、関節の裏など、肌と肌が重なりがちな箇所です。また、蒸れやすいおむつもこまめに取り替えてあげましょう。

汗を拭いたり、シャワーで流したあとは、しっかり保湿することが大切です。保湿剤をしっかり塗ることで、外的刺激や乾燥からお肌を守ることができ、肌トラブルが起きづらくなりますよ。

過度な厚着は避けて!通気性のよい服を

寒そうだからと、過度に厚着させないように注意しましょう。子どもは代謝がよく、ちょっと動くだけで汗をかきます。大人より一枚少ないくらいがちょうどよいですよ。

また、通気性がよく、吸湿性にすぐれた体温調整がしやすい洋服を選びましょう。特に赤ちゃんは、手足や頭から熱を放出して全身の体温を調節するため、足先や頭を覆う靴下や帽子は、よほど寒くなければ必要ないといえます。

素材選びも重要です。一年を通して子ども服に最適なのは、綿素材。綿は肌あたりがよく、通気性に優れている上に適度に吸湿・放湿してくれます。

冬に活躍する裏起毛やニット類は化繊が多く、保温性にはすぐれていますが通気性・吸湿性はよくありません。着せるときは、綿素材の上に重ねるようにしましょう。

室内温度と湿度の調整で汗トラブル予防を!

冬場、快適に過ごせる室温の目安は、20~23℃といわれています。エアコンの温度設定ばかりに頼らず、室温が上がりすぎていないかどうか、温度計もチェックしてくださいね。

大人が寒いと感じていても、代謝がよく体温が上がりやすい子どもにとってはちょうどよい場合もあります。エアコンの設定温度や温度計は目安と考え、子どもの背中やお腹を直接触ったり、顔色や表情を見たりして、暑がっていないかどうかを判断してくださいね。

また、暖房機器、特にエアコンを使用すると、部屋の空気が乾燥します。乾燥した肌には、あせもができやすくなります。

加湿機や洗濯物の部屋干しなどで、部屋の湿度を50~60%に保つようにしましょう。加湿することで、風邪予防にもつながりますよ。

あせもの種類や症状は?対処法を知りたい

あせもの種類は2種類ある。主な症状を紹介

実は、あせもには「水晶様汗疹」と「紅色汗疹」の2種類があります。

「水晶様汗疹」は、1~3mmほどの小さく透明な発疹で痒みはありません。自覚のないまま数日で自然治癒することがほとんどです。

一方、厄介なのは「紅色汗疹」です。赤くなり痒みも強いため、掻きむしって傷になってしまいます。ひどい場合は、傷になった箇所に黄色ブドウ球菌などのウイルスが付着し、じゅくじゅくと化膿した状態を作り、それが別の場所にうつる「とびひ」となってしまいます。とびひになると、ほかの人にもうつる上に非常に治りづらく、長期化する可能性が高いです。

あせもができてしまっても、とびひになることは是が非でも避けたいものです。このため、あせもに気付いたら早めに治す必要があります。

あせもができたときの対処法

子どもの肌はデリケートで、汗っかき。どんなにママが気をつけていても、あせもができてしまうこともあるでしょう。そんなときは、悪化しないうちに対処する必要があります。

前述のとおり、拭いたり、シャワーで流したりして「汗が残らない清潔な状態を保つこと」、そして、しっかり保湿をし、痒みの原因となる「肌が乾燥した状態を防ぐこと」が何より大切です。

また、体温があがることで、痒みは強くなります。室温や洋服で調整したり、お風呂の湯温を低めに設定したりして、体をあたためすぎないようにしましょう。

痒みがひどいときは保冷剤などでやさしく冷やしてあげる、湯船につかるのはやめてシャワー浴のみにするなどの対応をするとよいですよ。

痒みが続くときや悪化の傾向があれば病院へ

自宅でケアをしても長引く場合や症状がひどい場合には、皮膚科や小児科を受診しましょう。特にとびひの場合は、なるべく早い受診が望まれます。

病院では、炎症を抑える効果が高いステロイド軟膏を処方されることが多いようです。ステロイドに抵抗があるママも多いと思いますが、すばやく炎症をおさえることによって、悪化したり長期化したりすることを回避できます。どうしても抵抗がある場合には、医師に相談してみてくださいね。

また、とびひの場合には、細菌を退治する抗生物質もあわせて処方されることが多いようです。ステロイド軟膏も抗生物質も、症状が落ち着いてきたからといって独断で使用を中止したり、量を多め・少なめに調整したりせず、医師の指導どおりに使用しましょう。

まとめ

夏にできるイメージが強いあせもですが、冬の時期も注意が必要です。肌が乾燥して刺激を受けやすくなっているからこそ、油断をしているとあせもができてしまいます。

肌が赤くなって痒がっている様子は、見ているママもつらいですよね。あせもにならないように、日頃からケアしてあげることが大切です。

ポイントは、室温や服装を調整して汗を環境を避けること、なるべく肌を清潔に保つこと、そしてしっかりと保湿すること。ママの手でデリケートなお肌を守ってあげたいですね。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR