就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんとベビーカーで夏の外出。暑さ対策グッズや注意点を紹介

赤ちゃんとベビーカーで夏の外出。暑さ対策グッズや注意点を紹介

暑い季節、赤ちゃんとベビーカーで外出するときに、暑さ対策をしていますか?暑くて赤ちゃんが不機嫌になる可能性もありますし、暑すぎると危険です。暑い日でも、赤ちゃんが少しでも快適にお出かけできるような情報をご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

夏のベビーカーは灼熱。赤ちゃんを守って!

ベビーカーの暑さは灼熱地獄並み

暑い日のお出かけは、実際の気温よりも、ベビーカーの中の赤ちゃんはもっと暑いと思った方がいいでしょう。

暑い日のアスファルトはとても熱くなります。気温が約30℃のとき、アスファルトの表面は約50℃にもなってしまいます。地面に近ければ近いほど、体感温度が高くなるということになりますね。

気温が34.9℃の日に、ある調査が行われました。地面の温度は57℃。ベビーカーに乗った子どもの頭周辺は50℃もあったそうです。日陰では地面の温度が38℃になり、ベビーカーでの位置は36℃だったそうです。日陰がある場合は、そちらを歩いた方が少し涼しく感じられそうですね。

暑い日は大人も暑くて大変ですが、子どもはもっと暑く感じているということを覚えておくといいですね。

熱中症のサインを見逃さないで

熱中症のサインはどのようなものでしょうか?一つ目に、顔が赤くて熱い。二つ目に元気がない、機嫌が悪い。三つ目に、いつもよりミルクやお茶など水分をとりたがる。これらが熱中症の初期症状で見られるものです。

このような症状があったら、日陰やクーラーのきいた部屋に移動し、服を脱がせて、体を冷やします。落ち着いたら水分を飲ませます。このときに、塩分の補給もできた方がいいので、イオン飲料があるといいでしょう。

暑い日の子どもは、顔が赤くて、よくお茶を飲みたがりますよね。今日はちょっと違うかも…と判断できるように、普段から子どもの様子を観察しておくといいですね。そして、水分補給をこまめにして、熱中症を予防しましょう。

抱っこ紐で移動するのとどっちが涼しい?

ベビーカーと抱っこ紐は、出かける目的や移動手段によって、使い分けると思います。どちらも便利ですよね。暑い日に使用するにあたってのメリットを考えてみましょう。

抱っこ紐のメリットは、日傘がさせること。日陰の方が涼しいので、いいですよね。次に、エレベーターを探して遠回りする必要がないと助かりますよね。また、子どもの様子をこまめに確認できるところもいいポイントではないでしょうか。

ベビーカーのメリットは、荷物がたくさん運べること。暑い中たくさん荷物を持って移動するのは大変ですよね。次に、ママの負担が少ないことです。0歳の赤ちゃんでも8㎏、9㎏と大きくなると、ずっと抱っこは大変ですよね。

目的や状況に合わせて、選ぶといいのではないでしょうか。

ベビーカーの熱中症対策アイテム10選

ベビーカーを冷やしてくれるアイテム

ベビーカーを冷やしてくれるアイテムを5つご紹介します。

ケルガー ベビーカー扇風機

ファンの部分に色が付いている扇風機。クリップで挟むだけで設置できます。子どもの指がファンに触れられないように目が細かいカバーが付いているので安心ですよ。

KEL-GAR ケルガー ベビーカー扇風機 ピンホイール・ファン

3,240
KEL-GAR ケルガー ベビーカー扇風機 ピンホイール・ファン 12784が加湿・季節用品ストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

日本育児 ディオノ ストローラーファン

クリップで簡単に設置できる扇風機。カバーやクリップの色にバリエーションがあり、3色から選べます。こちらも目の細かいカバーが付いています。

日本育児 おでかけ扇風機 ストローラーファン ホワイト

1,980
日本育児 おでかけ扇風機 ストローラーファン ホワイト 幅13×奥行き12×高さ30cm 5184136001 12ヶ月以降対象 お出かけに便利なポータブル扇風機!がベビー&マタニティストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

アレックス・サンガ ベビーカー ひえぽかサポートクッション

ベビーカーやチャイルドシートに付ける保冷シート。頭と背中の部分にあるポケットに、保冷剤を入れて使います。

Amazon.co.jp: アレックス・サンガ ベビーカー ひえぽかサポートクッション

2,180
Amazon.co.jp: アレックス・サンガ ベビーカー ひえぽかサポートクッション

クール・ミー ベビーカー用ひんやりシート

空気の流れをよくする加工がしてあるので、汗や湿気を逃してくれます。保冷剤を使わないタイプなので、冷えすぎを防ぐことができます。

Cool Mee クール・ミー ベビーカー用さらさらシート Baby Blue ブルー | ベビーカーシート・クッション

3,996
Cool Mee クール・ミー ベビーカー用さらさらシート Baby Blue ブルーがベビーカーシート・クッションストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

丹平製薬 カンガルーの保冷・保温やわらかシート

特殊ジェルが入っているので、夏は冷凍庫に入れて冷やして、冬は電子レンジで温めて使うことができます。

丹平製薬 カンガルーの保冷・保温やわらかシート 抱っこひも用 マリンカラー (首が座る生後2~3ヶ月頃から対象)

1,396
丹平製薬 カンガルーの保冷・保温やわらかシート 抱っこひも用 マリンカラー (首が座る生後2~3ヶ月頃から対象)が抱っこひもカバー・ケープストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

赤ちゃんを守ってくれるアイテム

紫外線や暑さから赤ちゃんを守ってくれるアイテムをご紹介します。

Manito(マニト) サンシェード

ベビーカーにもチャイルドシートにも設置できる日よけです。クリップで簡単に設置できます。

ジッパー1つでサンシェード⇔虫よけカバーの変身が一瞬に!マニト 2WAY ベビーカー日よけ+虫よけネット マジックシェード (ビスケット/ブラック) | 日よけ・虫よけカバー

2,592
ジッパー1つでサンシェード⇔虫よけカバーの変身が一瞬に!マニト 2WAY ベビーカー日よけ+虫よけネット マジックシェード (ビスケット/ブラック)が日よけ・虫よけカバーストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

ティーレックス UV・日よけ ベビーカー用カバー

角度が変えられるので、様々な角度から差し込む日差しに対応できます。紫外線を97%カットします。

ティーレックス UV・日よけ ベビーカー用カバー 華やかプリント柄 レイフリー フェスタ 紫外線97% カット/ブルースター

2,163
ティーレックス UV・日よけ ベビーカー用カバー 華やかプリント柄 レイフリー フェスタ 紫外線97% カット/ブルースターがベビー&マタニティストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

ドラコ UV アイスブランケット

冷感素材の生地なので、ひんやりして、熱をこもらせないブランケット。紫外線を90%以上カットします。お昼寝や抱っこ紐にも使えるので嬉しいですよね。

【楽天市場】UV アイス ブランケット クール素材の夏用ブランケット

3,942
紫外線の多い日もこれ一枚で安心/抱っこ紐にも装着できます メール便(日本郵便)なら送料350円!(1点まで)ギフト包装&代引の場合、宅配便600円になります。UV アイス ブランケット クール素材の夏用ブランケット ベビーカーやチャイルドシートの紫外線対策や日よけに最適 冷感 ケープとしても DORACO FIRST ドラコファースト ベビー ブランド 日本製 出産祝い ギフトに 人気

日本エイテックス ユグノー シャダンフットカバー

紫外線を遮断し、体感温度を下げるフットカバー。足を包みこむような形なので赤ちゃんが足をバタバタさせても大丈夫です。また、靴を履いたままでも使えるように、内側は撥水素材になっています。

日本エイテックス UVカバー ユグノー シャダンフットカバー

2,338
日本エイテックス UVカバー ユグノー シャダンフットカバー ライトブルー 01-098がベビー&マタニティストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

ファムベリー ベビーカー 照り返し防止シート

地面からの照り返しを和らげることで、体感温度を下げられます。マジックテープで簡単に設置できます。

Amazon | 夏の暑さ防止に!! ベビーカー照り返し防止シート 【日本製】  (レッド) | ベビーカーシート・クッション | ベビー&マタニティ 通販

1,007
夏の暑さ防止に!! ベビーカー照り返し防止シート 【日本製】  (レッド)がベビーカーシート・クッションストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

ベビーカーで外出する際の注意ポイント

炎天下は避けて、日陰を移動する

暑さ対策をしていても、日陰がある場合はなるべく日陰を移動した方がいいでしょう。炎天下と日陰では、地面の温度が20℃も違います。ベビーカーに乗っている赤ちゃんは、大人よりも地面の温度に影響を受けることを忘れないようにしましょう。

時間帯によっては、いつも通る道ではない道が日陰の場合もあります。目的地までに何とおりか行き方がある場合は、いつ、どこが日陰か普段から見ておくといいかもしれませんね。日陰があっても、極端に歩道が狭く、交通量が多いなど、危険なところには行かないように注意した方がいいですね。

また、日陰がない場合は、シェードをして日陰を作ったり、UVカットのブランケットをかけたりと、対策が必要ですね。

お出かけする時間に気をつける

1日の中で、一番日差しが強い時間帯は10時から14時といわれています。また、紫外線量が多く、1日の紫外線の50%がこの時間帯に降り注いでいるそうです。もし、時間をずらせる用事の場合は、朝に移動することをオススメします。

一番日差しの強い時間帯を避けた15時や16時であっても、お昼の強い日差しを浴びた地面や建物は熱を持っているので、朝より暑く感じます。例えば、加熱する前のフライパンと加熱した後のフライパンがあります。近くに手をかざしたときに熱く感じるのは後者ではないでしょうか。熱を持っているものがあると、周りも暑くなりますよね。

早い時間に移動しておいて、クーラーのきいた建物の中で時間の調整をしてみるのはいかがでしょうか?

こまめに赤ちゃんの様子を見る

赤ちゃんは体温調節がまだ上手にできません。暑さ対策をしていても、こまめに様子を見ましょう。

大量に汗をかいていないか、ぐったりしていないか、強い日差しが直接あたっていないか、機嫌はいいか、など確認します。

そしてお茶や白湯を飲ませて、水分補給をした方がいいでしょう。暑い日は母乳やミルクだけでは脱水症状になってしまう可能性があります。水分補給は1日に200mlから300mlが目安だといわれています。また、1回に与える量は20mlから30mlといわれているので、1日に10回前後水分補給をすることになりますね。移動中は暑くなると思いますので、様子を見るのとあわせて水分補給もした方がいいのではないでしょうか。

まとめ

暑い日にベビーカーをおして歩いているママは暑いし、体力が奪われて大変ですよね。そのようなときに、ベビーカーに乗っている赤ちゃんが体調を崩したり、不機嫌になってしまったら、もっと大変ですよね。

少しでも赤ちゃんに負担をかけないように、しっかり暑さ対策をしておでかけしたいですね。また、建物に入るとクーラーがきいていて涼しいことが多いので、羽織るものやブランケットなどを用意して、赤ちゃんが冷えすぎない対策もした方がいいかもしれません。

暑い日が続いても、元気に楽しくお出かけができるといいですよね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • 【名古屋】月あかりの映画祭2018
  • 【宮城】月あかりの映画祭2018