就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

抱っこはいつまで?そのメリットと離乳食時や抱っこ紐をやめる目安

抱っこはいつまで?そのメリットと離乳食時や抱っこ紐をやめる目安

子育てをしていると「これはいつまでならしてもいいのだろう?」「ほかの子より遅いかしら」と気になることがいっぱいありますね。「抱っこ」もその中の一つで「いつまでも抱っこするのは甘えさせ過ぎかしら」と心配しているママもいるでしょう。ここでは、抱っこのメリットや、やめる目安などを考えてみます。

子どもの抱っこはいつまでするべき?

子どもが望まなくなるまで抱っこをしよう

「抱っこして」と子どもにいわれて抱っこするものの、どんどん重くなる我が子を抱えながら、いつまで抱っこしなくてはいけないのだろうと不安になることもありますね。でもこの「抱っこ」の言葉には、ママが思っている以上に、子どもの大切な思いが詰まっています。

抱っこは、子どもの大事な表現方法だといえます。親と子どもの愛情確認です。子どもにとって親は一番頼れる相手で、その人に愛されたい、守って欲しいという気持ちが、抱っこという行動になるようです。

子どもによって成長の早さは違います。早くに抱っこから卒業する子もいれば、そうでない子もいます。抱っこという愛情確認方法をまだ必要としているうちは、ママは子どもの「抱っこして」の言葉を受け入れてあげるのがよいでしょう。

小学校までは抱っこをしてあげよう

そうはいわれても、いつまでも抱っこしていると、赤ちゃんみたいでよくないと思うママもいるでしょう。それなら小学校まで抱っこしてあげるのはどうでしょうか。

自分中心だった幼少期から変わって、学校に通い出すようになると、周囲のことを気にしたり、勉強や友達のことなど、周りと自分を比べるようにもなってきます。そうすると悩みも生まれてくるものです。

こうした子ども社会に慣れて、自分でうまく感情のコントロールができるようになるまでは、抱っこという形で子どもを包み込んで安心させてあげるのは、よいことではないでしょうか。そのうち、子どもは自然と親から離れていきます。学校にいる時間が増え、親以外に安心できる相手を見つけたりして、自然と抱っこは必要なくなるでしょう。

3歳までは抱っこを否定しないようにしよう

抱っこがより重要だといえる時期は、3歳までではないでしょうか。言葉でうまく気持ちをいいあらわすことができませんし、言葉より行動で気持ちを表現する時期です。

ですので3歳までは、子どもが「抱っこして欲しい」といったなら、否定しないで、抱っこしてあげるのがよいでしょう。子どもは「抱っこ」の言葉に、ほかの言葉で表せないいろんな感情を込めています。抱っこしてもらって気持ちが満たされたとき、とても幸せを感じるのです。

3歳までは特に、わがままをいったり、暴れたり、本当にママが苦労する時期です。そんなとき、抱っこで愛情確認をすることで、いろんな問題が解決することもあるでしょう。ママは疲れていても、抱っこを受け入れることでこの時期を乗り切りましょう!

子どもを抱っこするメリットは?

抱っこで子どもの心が満たされ自立が早い

甘やかしているようにみえる抱っこですが、それとは逆に、抱っこすることで子どもの自立が早くなるともいわれています。抱っこしてもらうことで、子どもは「受け入れてもらえる」という自信を持ち、自分から行動するようになるのです。

公園で遊ぶにも「嫌われるのではないか」と思うと、怖くて仲間にはいれませんよね。自分で歯を磨くにしても「まだ1人でできないでしょ」といわれると消極的になるでしょう。でも愛情を感じて自信をつけている子は、新しい世界や物事に積極的になれるのです。

まずは一番身近な親から認めて貰って、子どもは外の世界に出る勇気をもらいます。認めて貰えないと、守って欲しくて、なかなかママから離れられないのです。

抱っこで脳が発達し心と体の成長によい

赤ちゃんは五感で刺激を受けながら成長していきます。ママに抱っこされたとき、赤ちゃんはママの肌の暖かみや柔らかさを感じています。それはとても安心できる、優しい感触なのです。

まだ何も話せない小さな赤ちゃんですが、ママに抱っこされたときの感情は、脳に伝わり成長に影響します。繰り返しママの温かみを感じることで、人へ優しい気持ちを起こさせる神経回路もできあがり、人に優しく、スキンシップのできる大人に成長していくといわれています。

人とのふれあいを快く感じるか感じないかも、赤ちゃんのころや、幼少期に経験した親からの温かみが影響しているともいわれています。記憶として残っていなくても、脳の奥に残りつづけるのですね。

抱っこで得られる安心感は心の栄養

「抱き癖がついてしまう」といわれた時代もあり、抱っこを早く卒業させようとしたママもいました。でも今は、急いで卒業させる必要はないといわれています。抱っこで得られる安心感は、子どもの心を豊かに成長させてくれるとわかったからです。

親子のコミュニケーションとしても抱っこはとても大切です。大きくなって抱き上げることができなくなっても、膝の上に乗せてあげたり、ギュッと抱きしめてあげることで、子どもは親の愛情を感じることができます。

人は、肌に触れられることで、ほかでは感じることのできない安心感を得ます。頭をなでてもらうと嬉しくなったり、手をつないでもらうと心強くなったりしますよね。抱っこにかぎらず、スキンシップは子どもの心を豊かに成長させてくれるのです。

離乳食時の抱っこと抱っこ紐はいつまで?

7カ月頃から離乳食は座って食べさせよう

5カ月を過ぎ、赤ちゃんの首が座ったころに、離乳食を始める子が多いですね。最初は自分で座ることができず、ママが抱きかかえて、少しずつ食べさせてあげます。7カ月頃になると、からだもだいぶ成長して、自分で座って離乳食を食べられるようになってきます。このとき子どもによっては、ママに抱っこしてもらわなくては泣いたり、離乳食を食べてくれなくなったりします。

食べてくれない理由の一つとして考えられるのが、まだ自分で安定して座っていられないということがあります。クッションを腰回りに詰めてあげて、少しもたれかかることもできるようにしてあげれば、安定しますね。足がブラブラ動くのが嫌な子には、足を置くステップのあるイスに座らせてみましょう。

抱っこ紐のやめどきの年齢は2歳まで

お出かけに便利な抱っこ紐ですが「抱っこ紐は赤ちゃんを抱っこするもの」というイメージが強いのもあり、1歳半から2歳で使わなくなるママが多いようです。

赤ちゃんにとっては、ママにだっこされて安心ですし、楽ちんですし、抱っこ紐を好きな子もいます。いつまでも抱っこ紐でお出かけしたいという子どももいるでしょう。でも、おしゃぶりなどと同じく、いつかは卒業しなくてはいけないものですよね。

子どもによって差はありますが、抱っこ紐は2歳くらいまででいいでしょう。たくさん歩くお出かけならバギーを使えばいいですし、子どもが自分で歩くことを基本にしたお出かけに移行していく時期です。疲れたらバギーに乗せてあげる、歩きたいときは歩かせるようにしましょう。

抱っこ紐は13キロ過ぎたらやめよう

抱っこ紐を卒業する理由に、ママの体力の限界もあります。2歳くらいになると子どもはかなり重くなっています。お出かけ中にずっと抱っこし続けるのは、とてもきついですね。13キロを超えたら、ママの体のためにも、抱っこ紐をやめるようにしましょう。

抱っこ紐の説明書には、48カ月まで使えると書かれているものもありますが、実際、4歳まで抱っこされてお出かけしている子はいませんよね。もう自分で十分歩けますし、パパでさえ、重くてずっと抱っこし続けることはできません。

抱っこ紐を使って抱っこしなくても、ときどき抱きかかえてあげたり、肩車してあげたり、手を引いてあげたりするだけで、子どもにとってよい気分転換になります。頑張って歩き出してくれるでしょう!

まとめ

子どもはママに何かを伝えたくて抱っこをせがみます。助けてほしかったり、逆に、とても嬉しいときにもママのところに来て、ギュッとしがみついたりしますよね。子どもからの「抱っこ」は、いつも何か意味があるのです。

抱っこやスキンシップは、親子の大事な愛情表現の一つです。子どものころから親の愛を感じている子は、きっと、成長して思春期を迎え、親子の関係がより複雑になってきても、うまく乗り切ることができるのではないでしょうか。抱っこでいっぱい愛を伝えてあげたいですね!

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • 月あかりの映画祭2018