就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

冬休みの幼児向け英語ならウインタースクール!その魅力と選び方

冬休みの幼児向け英語ならウインタースクール!その魅力と選び方

「ウインタースクールってなにをするところなの?」というパパやママは多いかもしれません。冬休みを利用して英語を学ぶというのは知っていても、どんなことをするのかわからないので参加させるのも不安ですよね。そんなパパやママのために冬休みの幼児向けウインタースクールの内容とその魅力や選び方について紹介します。

幼児のウインタースクールってどんなもの?

冬休み限定で英語が習える幼稚園

共働き家庭にとって、幼稚園の長期休みは悩みの種ですね。仕事は簡単には休めませんし、まだ小さい幼児を一人で留守番させておくわけにもいきません。実家にそう長いこと預けておくこともできませんよね。

そんなときに助かるのが、ウインタースクールです。その名のとおり、冬休み限定で開催されるスクールで、幼児の日中の面倒も見てくれます。ほかにも、夏休みにはサマースクール、春休みにはスプリングスクールなどを開催している幼稚園もあるようです。

ただ預かるだけでなく、いろいろな体験学習をさせてくれるのが特徴です。最近では、英語のプリスクールを開設するところが増えてきています。小学校で英語教育が始まることもあって、早めに英語を体験させておきたいという要望も多いのですね。

ウインタースクール利用には申し込みが必要になります。早めにいくつか希望するウインタースクールの募集要項を集めておくとよいですよ。人気のスクールはすぐにいっぱいになってしまうので、申し込みが始まったらすぐに手続きできるようにしておきましょう。

内容は英語での遊びからお勉強までいろいろ

ウインタースクールでどんなことをするのかというと、英語での遊びからお勉強までいろいろなパターンがあります。幼児と相談しながらその子に合った内容のスクールを選びましょう。

英語の遊びとしては、スノーマンやキャラクターのクラフトやクリスマスのケーキを作ったり、クリスマスのダンスや歌やプレゼント交換を楽しんだり、お話を読んだりします。季節はちょうどクリスマスなので本場の楽しみ方ができますよ。サンタクロースがやってくるスクールもあります。

遊んでばかりかというとそうでもなく、英語で会話をします。ネイティブの外国人教師が遊びながら英語に親しませてくれます。楽しいことは苦にならないので、幼児も英語にすぐ慣れてしまうようですよ。

お勉強としては、英語圏の子どもたちと一緒に過ごし、日常生活レベルの英語に親しむというところもあります。ネイティブの先生とコミュニケーションをとったり、自分の気持ちを英語で伝えたりするなど、すべて英語で生活します。

園によっては、アルファベットの書き取りや、身近な英単語の発音練習をしたりするところもありますよ。

幼児のウインタースクールの魅力とは?

短期集中で効果的な英語レッスン

幼児のウインタースクールは短期です。「長期の方が効果的なのでは?」と思いがちですが、短期だからよいところもたくさんありますよ。

まず、短いから心理的に通いやすいということがあります。もし辛かったとしても、すぐに終わるから気が楽です。「ちょっとだけ行ってみようか?」「これが終わったら楽しいお正月だね」と前向きになれるような声かけができます。

また、短いからこそ充実するということもあります。様々な英語レッスンが短期間に組み込まれますので、一日分の内容がより精選され濃密になり、その結果、子どもたちは、ほかのことに気をとられることなく、英語レッスンだけに集中できるようになります。まさに、短期集中だからこそできることなのかもしれません。

「英語で生活すること」を体験できる

ウインタースクールで英語漬けになると「英語で生活すること」が普通になります。すべてが英語なのだから否応なくそうなります。

こういう体験は留学でもしないとできません。それを身近な場所で集中的にできるのですから、これは貴重な体験です。英語でうまく気持ちを伝えることができたり、英語で話している相手の気持ちが理解できたりすると、それだけでも嬉しくなりますよね。

こういう特別な体験をしてきた幼児は、自分に自信を持つようになります。英会話をしながら小さな成功体験が毎日積み重なっていくので、大きな自信につながっていくのです。

幼児の適応能力はすごいものです。幼い時期から、英語で生活する体験をさせておくメリットは、数限りなくありますね。

冬休み中も規則正しい生活ができる

ウインタースクールは、午前の部、午後の部に分かれていたり、終日のコースもあります。朝は9時頃に始まり、午後の部の終了がだいたい17時頃です。小学生のコースでは、20時近くまで行われることもありますよ。

冬休みは、どうしてもだらだら過ごしてしまいますよね。テレビの特番が続くので、テレビを見ている時間が長くなったり、夜遅くまで起きていたりしてしまいます。

その点、ウインタースクールへ行くとなると、毎日の生活にリズムができてきます。朝の部だったら、9時前にはスクールに着いておかないといけないので、朝ゆっくり寝ていることができません。

そうなると、夜早く寝る必要があり、自然と、平日と同じ「早寝早起き」の規則正しい生活を送ることになります。

冬休みの幼児ウインタースクールの選び方

初めてなら英語の初心者OKの園を選ぼう

毎年参加している幼児が多いウインタースクールは、高いレベルの内容になっているかもしれません。初めてウインタースクールに参加するときには、活動内容が分かりやすい、初心者OKの園を選んであげましょう。

募集要項をよく読んでおくと、初心者にもできる内容なのかどうか、ある程度分かります。「〇〇体験」や「体験型レッスン」などの記述があれば、初心者でも楽しめる内容の可能性があります。「初心者歓迎」などの記述があれば、さらに心強いですね。

よく分からなければ、申し込む前に、しっかりと主催者に質問しましょう。「スクールに行ってはみたけど、よく分からない上に楽しくなかった」という英語体験にならにようにしたいものですね。

「もっとやりたい!」を引き出せれば成功

英語三昧の日々を過ごしたからといって、すぐに英語がペラペラとしゃべれるようになるわけではありません。ウインタースクールは、たくさんの人と触れ合うためのコミュニケーションツールの一つとして英語を使っているのだということを知っておきましょう。

ウインタースクールの英語は、たくさんの体験を通じて、好奇心や学びの意欲を育てるための道具の一つに過ぎないのです。いつもと違うコミュニケーションの方法をとることで、五感が研ぎ澄まされ、たくさんの刺激を受けます。これらの刺激が、幼児の視野をさらに広げてくれるのです。

ですから、幼児から「楽しかった」「もっとやりたい」「また来年も行きたい」という言葉を引き出せたら、それだけで大成功なのです。

人気の園はすぐ定員!早めに申し込みを

ウインタースクールは、スクールによって初心者OK、経験者オンリー、楽しさ優先、座学が中心と、その特色は様々です。我が子にピッタリのウインタースクールが見つかるまでは、いろいろ悩むかもしれません。

人気のあるウインタースクールは、先生がよかったり、内容が充実していたりするので、ママや幼児を引きつける魅力でいっぱいです。そのため、毎年たくさんの人が集まるのでしょう。

そのような人気のウインタースクールは、すぐに定員でいっぱいになってしまいます。申込みするのをうっかり忘れてしまうと、気がついたときには、もう受けつけが終了していることも珍しくはありません。気に入ったウインタースクールが見つかったら、早めに申し込みをしましょう。

まとめ

幼児のウインタースクールについてまとめてきました。ウインタースクールといっても内容は様々ですので、我が子に会ったスクールを見つけて楽しい英語活動をさせてあげたいものですね。

ウインタースクールに行くメリットはたくさんあります。英語に親しむことで外国語に対するハードルが低くなるだけでなく、いろいろな人とコミュニケーションをとることでたくさんの刺激をもらうこともできます。

ウインタースクールの英語活動で「楽しかった」「また行きたい」と幼児がいってくれるような、充実した時間が過ごせるとよいですね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018