就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

冬生まれの赤ちゃんへの出産祝いはどうする?選び方や人気の贈り物

冬生まれの赤ちゃんへの出産祝いはどうする?選び方や人気の贈り物

冬に出産を終えたママと赤ちゃんは、寒さが厳しくなる中で新しい生活が始まります。冬生まれの赤ちゃんとママをお祝いするためには、どんなプレゼントが喜ばれるのでしょうか?今回は実用的で使ってもらえる、また寒い冬を楽しく乗り越えてもらえるおすすめの出産祝いをご紹介します。

冬生まれの赤ちゃんへの出産祝いを選ぶコツ

ベビー服は「成長してから使えるもの」を

出産祝いで人気の定番の贈り物、ベビー服。贈るなら新生児用ではなく、半年くらい先のサイズを選ぶのがおすすめです。新生児の時期は短いですし、産着は出産前に用意しているママが多いようです。

生後半年頃の赤ちゃんのサイズの目安は、60~70cmです。赤ちゃんによってはもう少し大きめでもよいかもしれません。

冬に生まれて半年後となると、季節は夏ですね。汗をかく季節に着替えがたくさん欲しいTシャツや、クーラーの部屋で羽織るカーディガンなどが喜ばれますよ。

お肌がデリケートな赤ちゃんは、服の刺激でかぶれてしまうこともあります。素材にもこだわりましょう。綿100%や、オーガニックコットンが使用されているベビー服は人気ですよ。

冬は外に出ない場合があるため防寒具以外で

実際にお祝いをもらったママたちに聞くと、季節やタイミングが限定された出産祝いはあまり人気がありません。例えば「防寒具」。贈る方は冬生まれの赤ちゃんのお祝いにピッタリと考えがちですが、もらう方にとっては使うタイミングが難しい、困ってしまうプレゼントのようです。

産後間もない頃はママも赤ちゃんもおうちで体をいたわるとき。防寒具を使用する機会が少ないのです。

では、翌年を見越して大きめの防寒具を…とも考えられますが、赤ちゃんは成長に個人差があります。贈った防寒具が1年後にぴったりならよいですが、サイズが合わずに結局着られないと残念なことに。

防寒具はプレゼント候補から外しておくほうが無難なようです。

お家でショッピング!カタログギフトもアリ

個性的な趣味をしていたり、素材に強いこだわりを持つママには、なにをあげたら喜んでもらえるのか悩んでしまいます。そんなときにおすすしたい便利な贈り物が「カタログギフト」です。

カタログギフトであれば赤ちゃんのための品物だけでなく、出産を頑張ったママに使ってもらえる品物も選んでもらえます。気に入ったアイテムであれば、きっと長く大切に使ってもらえますね。

またギフト券ならお店で品物を手に取って選んでもうことができますが、料金があからさまになるというデメリットも。産後すぐのママと赤ちゃんの体力では、外出はしばらくお預けになることも考えられますので、その点からも、家で楽しく選んでもらえるカタログギフトはおすすめです。

冬生まれの赤ちゃんに人気のプレゼントは?

冬の寒い日でもお家で遊べる「玩具」

しばらくは家の中で過ごすことが多い、生まれて間もない赤ちゃん。ましてや冬生まれであれば、寒さが和らぐまで不要な外出は避けて過ごしますね。家で過ごすことが多い赤ちゃんには、おうちで遊べる玩具をプレゼントしてはどうでしょうか。

赤ちゃんがおもちゃで1人遊びができるようになるのは生後2カ月ごろからです。赤ちゃんが興味を持って1人遊びをしてくれる玩具をプレゼントすれば、ママも手が離れる時間がもてて、喜ばれますね。

おすすめなのが、音が鳴るおもちゃ。赤ちゃんが自分で触れたり投げたり握ったりしたとき、鈴の音や「カシャカシャ」という音がすると、とても興味をひかれるようです。パパやママと一緒に遊ぶ道具としても、使ってもらえますね。

寝冷え対策に使える「スリーパー」

赤ちゃんは汗かきです。大人が睡眠にちょうどよい室温だと思っても、暑がって布団をけ飛ばすこともしばしば。ただでさえママは赤ちゃんの夜泣きなどで睡眠不足気味なのに、赤ちゃんがお布団を蹴ってしまっては安心して眠ることもできません。

そんなときに活躍するのがスリーパーです。スリーパーはパジャマの上から着用する、いわゆる「着る布団」。これなら赤ちゃんがどんなに暴れても、ママもパパも安心です。

スリーパーにはいろいろなタイプがあります。おすすめは、スナップで股下を止められるタイプ。小さいときには足元をカバーオールのように覆うことができ、大きくなるとベストのように着用できます。長い間使ってもらえたら嬉しいですね。

お昼寝やお出かけに便利な「ブランケット」

ブランケットも冬生まれの赤ちゃんの出産祝いに人気です。毛布よりも小さなブランケットは、様々なシーンで活用することができます。

寒い日、赤ちゃんが昼寝をするときに大きな布団や毛布は大げさだなと感じたら、ブランケットの出番です。さっとかけてあげると気持ちよく眠ることができます。

外出できるようになった赤ちゃんを車やベビーカーに乗せたときにも、手軽な防寒具代わりにブランケットは利用できます。薄手のブランケットならママのバッグに入れてもかさばらないので便利です。

便利なブランケットですが、使っていると赤ちゃんの汗やよだれ、また外出時にも汚れがつきやすいです。清潔に安心して使用できるよう、丸洗いできる素材を選びましょう。

育児でお疲れのママやパパへ贈るプレゼント

寒い夜中のミルクや授乳に「着る毛布」

出産を終えた、頑張ったママへ贈り物をするなら、育児を楽にする季節のアイテムがおすすめです。例えば寒い冬の夜に大活躍する「着る毛布」はいかがですか?

着る毛布は、夜の授乳に大活躍です。生まれたての赤ちゃんはまだ昼と夜の区別があいまいで、夜の授乳は必須です。でも冬の寒い夜の授乳は、やっぱりつらい。そこで、温かい着る毛布の登場です。

授乳のための着る毛布は、かぶるタイプではなく、体の前で開閉できるタイプが便利です。赤ちゃんごと毛布にくるまって授乳できるように、少し大きめを選びましょう。

赤ちゃんのデリケートな肌に合わせて、柔らかくて肌触りのよい毛布がおすすめ。気持ちよく授乳してもらえるとうれしいですね。

パパママの湯冷め対策に「バスローブ」

赤ちゃんがママやパパと一緒にお風呂に入れるようになったころ、あると便利なのが「バスローブ」です。日本ではルームウエアのイメージも強いですが、お風呂上がりに大活躍のアイテムなのです。

赤ちゃんとのお風呂あがり、ママやパパは自分の着替えそっちのけで赤ちゃんのケアをします。そのため赤ちゃんに服を着せる間、裸だったりタオル1枚巻いただけだったりと、下手をすると風邪をひいてしまいます。

でもバスローブなら、お風呂上がりの濡れた体にさっと羽織るだけでOK。いわば着ることができるバスタオルなのです。

バスローブをさっと着て赤ちゃんのケアをし、そのあとでゆっくりとパジャマに着替えます。快適なお風呂上がりのプレゼントになりますね。

かわいくて着心地のよい「ルームウェア」

出産後のママと赤ちゃんは、しばらくおうち中心の日々が続きます。また赤ちゃんが小さいうちは昼夜の区別がないため、ママも赤ちゃんも不規則な生活になりがちですね。

おうちでの不規則な生活が続くと、ママも身なりを気にする余裕がなくなってしまうことも。1日中パジャマだったり、動きやすい服を適当に選んだりしてしまいがちです。

そんなお疲れ気味のママに、リラックスできるかわいいルームウエアをプレゼントしてはいかがでしょう?元気な色や癒される色のルームウエアで、ママに気分を上げてもらいましょう。

動きやすいルームウエアなら赤ちゃんのお世話もしやすくなります。伸びたり縮んだりする素材が多いので、だっこや授乳もきっと楽になりますね。

まとめ

冬に生まれた赤ちゃんへの贈り物は、おうちで暖かく快適に過ごせるためのアイテムが喜ばれるようです。また衣類なら半年先の、夏物を用意してあげるとサイズに余裕があってよいです。

産後は体力がなくて、始まったばかりの育児で疲れてしまうママがたくさんいます。でも心を込めたプレゼントを受け取れば気持ちが前向きになり、赤ちゃんとの生活のはげみになるのではないでしょうか。

たくさんの候補からプレゼントを選ぶのも大変ですが、ママが楽しく育児をする姿を想像して、おめでとうの気持ちをこめて選んでくださいね。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • teniteoFC
  • 2040pj